岸和田だんじり祭とは?2014年日程と観覧席

大阪府岸和田市では、古くから「岸和田だんじり祭」が行われています。

この祭では速度の乗った「だんじり」を方向転換させる
「やりまわし」が一番の見所となります。

昭和の終わりごろからは各メディアがこぞって紹介し
岸和田のだんじりは知名度が全国区となりました。

ここでは、今年の岸和田だんじり祭の日程や
迫力を体感できる「有料観覧席」についてご紹介します。

Sponsored Links

岸和田(きしわだ)だんじり祭」とは
大阪府岸和田市において開催される祭で毎年9月に行われます

この祭の歴史は古く1703年に岸和田藩主である岡部長泰(おかべながやす)公が
五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈願して行った稲荷際がルーツだとされています。

さて、「だんじり」とは祭でよく見られる山車(だし)や屋台の一種です。
速度に乗った重さ4トンを超えるだんじりを、走りながら方向転換させる
「やりまわし」が祭の見所
となります。

kishiwadadanjirimatsuri

だんじりが進むコースの曲がり角には、大勢の観客が集まります

だんじりの進むコースの地図を見てください。
(新しい地図ではありませんので、ご注意!)
danjirimapクリックで拡大


もともとは関西の一地方の祭という程度でした。

昭和の終わりごろから多くのメディアが紹介し
一気に知名度が全国的なものになっていきました。


岸和田だんじり祭 2014年日程とアクセス、交通規制

続いては、今年の岸和田だんじり祭の日程などについてご紹介します。

9月と10月に行われますが、メインは9月であり、規模が圧倒的に大きいです。
そのため、ここでは9月のものについてまとめます。

【日程】
2014年9月13日(土)~14日(日)
「試験曳き」※7日(日)と12日(金) 14:00~16:00
「宵宮」9月13日(土)6:00~22:00
「本宮」9月14日(日)9:00~22:00


試験曳きの動画です。岸和田だんじり祭りの勇壮さをご覧ください。



【会場】
大阪府岸和田市
岸和田だんじり祭 HP
http://www.city.kishiwada.osaka.jp/site/danjiri/



【アクセス】
・電車
 休憩できるだんじり会館まで
  南海電車「岸和田駅」より徒歩10分
  南海電車「蛸地蔵駅」より徒歩7分
  岸和田駅は混雑していますので、蛸地蔵駅は穴場です。

 春木地区のだんじり最寄り駅は南海電車「春木駅」です。

・自動車
 府道堺阪南線(旧国道26号線)沿い
 岸和田市営駐車場 TEL 072-431-1010 普通車 2時間まで200円 

交通規制マップです。
danjirikiseiクリックで拡大

だんじり祭の日程やアクセスなどについてご紹介しましたが
初めての方は旅行会社が企画する「ツアー」に申し込むと便利です。

バスや電車、飛行機などの交通手段から選ぶことができ
関東発や東海発、九州発など、日本全国から行くことができます。


岸和田だんじり祭 2014年観覧席

それでは最後に、岸和田だんじり祭をゆったりと観賞したい方に向けて
観覧席」のご案内をさせていただきたいと思います。

チケット代金や支払い方法などについてまとめます。

【販売開始日】
7月10日 10時~

【販売場所】
チケットぴあ、セブンイレブン、サークルKサンクス

【券種・料金】
・東スタンドA
 7日試験曳き、12日試験曳き:各3500円
 13日曳き出し:6500円
 13日午前中、午後1、午後2:各4500円
 14日午後1:4500円
 14日午後2:7000円

・東スタンドB
 7日試験曳き、12日試験曳き:各3000円
 13日曳き出し:6000円
 13日午前中、午後1、午後2:各4000円
 14日午後1:4000円
 14日午後2:7000円

・西スタンド
 7日試験曳き、12日試験曳き:各2000円
 13日曳き出し:5000円
 13日午前中、午後1、午後2:各3000円
 14日午後1:3000円
 14日午後2:6000円

・北スタンドC、D
 13日午前中、午後1、午後2:各2500円
 14日午後1、午後2:各2500円

このほか、10人で1席となる「西スタンド特別観覧席」もあります。

【注意事項】
・座席指定はできません。
・雨天決行となります。
・観覧席は禁煙です。
・曳行、祭礼のキャンセルや変更に対して
 払い戻しは行われません。

【問い合わせ先】
岸和田だんじり祭観光協会(一二三興行有限会社)
072-441-4199
※平日の10時~17時受付

だんじり観覧席詳細
http://www.kishiwadadanjirimatsuri.com/index.html
岸和田だんじり祭をゆっくりと観賞したい方は
ぜひ有料席をゲットしてみてくださいね!




スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ