お月見どろぼうでーす!十五夜の月見とは?風習は?

秋が近づいてくると、月がきれいに見えるようになります。

日本人は古くから月を見て楽しみ
平安時代の貴族らは月を見ながら宴を開いていたとされています。

中でも、旧暦8月15日の「中秋の名月」の美しさは格別
現在でも多くの方がお月見をします。

ここでは、お月見のお供え物などについてご紹介してから
現在も地域によっては残っている「お月見泥棒」という風習について
実体験を交えながらお伝えします。

Sponsored Links

月見とは?「八月十五夜」と「九月十三夜」は月が特にきれい!

月(主に満月)を眺めて楽しむことを「お月見」と呼び
「観月(かんげつ)」とも称されます。

また、「月見そば」や「月見バーガー」など
卵の黄身を満月にたとえた料理に関しても「月見」という言葉を使います。

中国や日本では、単に月を愛でる風習は古くからあったとされています。

日本では縄文時代ごろからあったとされ
平安時代ごろには貴族などで観月の宴などが催されました

さて、お月見の中でも特に有名なのが旧暦8月15日の「八月十五夜」
旧暦9月13日の「九月十三夜」です。

特に、八月十五夜の月は「中秋の名月(ちゅしゅうのめいげつ)」
と呼ばれています。

なお、中秋の名月は必ずしも「満月」というわけではなく
年によって最大2日の差があります。

ちなみに、今年の八月十五夜は9月8日、九月十三夜は10月6日となります。


otsukimidorobo



十五夜は「芋名月」十三夜は「豆名月」または「栗名月」

続いては、お月見のお供え物についてご紹介していきたいと思います。

まず、八月十五夜(中秋の名月)においては、月が見える場所にススキを飾り
月見団子サトイモ枝豆などを盛り、お神酒を供えるのが一般的です。

この時期に収穫されたばかりのサトイモを備えることから
十五夜の月を特に「芋名月(いもめいげつ)」と呼ぶこともあります。

また、九月十三夜は八月十五夜の月に対して「後(のち)の月」と呼ばれています。

お月見は中国から伝来した風習であるとされていますが
十三夜は日本独自のものであると言われています。

このころは大豆や栗を供えるのが一般的であり
この夜の月を「豆名月」や「栗名月」と称します。

現代においては十五夜の月のみを観賞することが多いですが
以前は十五夜または十三夜のどちらか一方しか見ないことを「片見月」と呼び
縁起が悪いことだとされていました。


otsukimidorobo3



お月見泥棒とはどんな風習?地域は?

それでは最後に、お月見にまつわる風習である
「お月見泥棒」についてご紹介したいと思います。

日本においては戦前から昭和中期にかけ、各家に供えてある月見団子や菓子類を
近所の子供たちが捕って回る
という「お月見泥棒」という風習がありました。

また、現在においても地域によってはこの風習が根強く残っています。

otsukimidorobou

私は愛知県西部で生まれ育ちましたが、地元にもお月見泥棒の風習がありました。

もらえる方法は家によってそれぞれ異なっていて
「ご自由にお持ちください」と張り紙がしてある家や、「お月見泥棒でーす!」
と元気よく挨拶ができた子だけがもらえる家などがありました。

スナック菓子の詰め合わせや缶ジュース、その家のお母さんの手作りのお菓子など
さまざまな食べ物をもらった覚えがあります。

今日では、「和製ハロウィン」といった位置づけがされている感もある
「お月見泥棒」。

このような風習が残っている地域は少ないかもしれませんが
近所の方とコミュニケーションを取れる場として
いつまでも残っていけば良いと思います。

お月見どろぼうの動画です。


スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ