長崎くんちとは?2014の日程と由来

秋の祭りと言って思い浮かぶのが「長崎くんち」です。
国際色にあふれる奉納踊りとそれを際立たせるような
厳かな御神幸
は長崎ならでは。日本三大祭りと称されています。

また、長崎おくんちは博多おくんち、唐津おくんちとともに
日本三大くんちと呼ばれています。

今回は長崎くんちについて由来や日程を調べてみました。

Sponsored Links

長崎くんちとは?その由来と語源

このユニークな名前の祭り、長崎くんちとはどんなものなのでしょうか。
長崎くんちは、長崎県の氏神である「諏訪神社」の秋季大祭のことです。

この祭りの由来は、寛永11年(1634年)、二人の遊女が諏訪神社前で
小舞を奉納したことから始まり
、そののち、長崎の奉行所からの援助と
異国との数少ない窓口であった長崎という土地柄から

奉納踊は非常に異国情緒あふれるものとなり
豪華絢爛な祭礼として広く知られるようになりました。

現在は、国指定重要無形民俗文化財に指定されています。

長崎くんちの踊りを一度みると、そのきらびやかさや
色彩の豊かさに心をぐっとつかまれます!

そしてやはり「異国情緒」あふれるものにふれると「遠い外国への憧憬」を
ふと思い出すことが出来るのですね。

くんちの語源は2説あります。
1つは「宮日」「供日」という字があてられることがある。
2つめは、旧暦の9月9日を重陽の日として祝う中国の風習からというもの。
9日(くにち)をくんちと読み、祭礼日の意味としたとするこちらの説が一般的なようです。


nagasakikunchi



長崎くんち2014の日程

それでは長崎くんちの日程や場所について見ていきましょう。

・開催期間
毎年10月7日、8日、9日です。

・場所(奉納踊をみられる場所)
諏訪神社 八坂神社 長崎市公会堂前広場 お旅所など。
こちらは有料観覧席を設けているところです。





長崎は坂の街、車は極力控えて、路面電車をうまく活用しましょう!
それぞれの踊場は、路面電車の停留所が近くにあります。
長崎くんちHP http://nagasaki-kunchi.com/


長崎くんち、奉納踊はどこでみる?

さて長崎くんちの奉納踊を見るにはどんな場所があるのでしょうか。
大きく2つあります。
有料の本場所、そして無料の庭先まわりです。

【じっくりみるなら有料の本場所】
有料会場は下記の4つです。

○・諏訪神社
 熱烈なファンはこの場所にくるとか。
 4人かけの枡席と当日販売の立ち見席があります。
 踊場正面の長坂は無料観覧席として開放されていますが事前応募が必要です。

 ※平成26年度分長坂整理券の申し込みは、終了致しました。
 参考 諏訪神社 くんち踊馬場さじき運営委員会HP
 http://www.kunchi-sajiki.com/

○・お旅所
 長崎港に面した平地で交通の便がいいです。
 周辺には露店が立ち並び、祭りの雰囲気を味わうには最高の場所。
 諏訪神社から御神輿がお下がりしたのち、鎮座する仮宮があります。

 この動画は、2009.10.9に行われた長崎くんちお旅所の様子です。

 


○・八坂神社
 市民には「ぎおんさん」と呼ばれている場所。
 踊場と観覧席が近いので、迫力を味わいたいならここです。
 八坂神社HP
 http://www1.cncm.ne.jp/~gion-san/kunchi/sajiki.html

○・公会堂前広場(伝統芸能振興会)
 ここは地元の郷土史家による解説もあり、中心商店街も近いので
 とても盛り上がる場所です。また他にはない「砂かぶり席」があります。


観覧券は、見る場所ごとの販売のようです。
お旅所と公会堂前広場の観覧券については下記ホームページからどうぞ。
長崎くんち各踊場観覧券購入ご案内HP http://nagasaki-kunchi.com/kanranken/

【無料の観覧場所】
それでは次に、無料観覧場所について見ていきましょう。
長崎くんち期間中は、それぞれの踊町が民家や官公庁に
「踊りを呈上して福をわける」という「庭先回り」が行われ
それは街を歩いていれば見かけることが出来ます。

◆・観覧席の耳寄り情報!
9月末ごろから、長崎くんち期間中3日間の庭先回りの予定と概略地図がのっている
「庭先まわりマップ(スケジュール)」が配布されます。

長崎駅観光案内所、バスターミナル、長崎くんち案内所(浜市アーケード)
などでもらえるほか、HPにものりますので、ぜひチェックしてみましょう。

◆・おすすめ!長崎くんちの栞
長崎くんちをより知るには、「長崎くんちの栞」が一番です!
歴史や踊りの用語などくわしくのっていますよ。
記念に購入してみましょう!
価格: 300円(税込)販売場所は長崎商工会議所か好文堂書店


スポンサードリンク



こんな記事もあります


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ