養老渓谷ハイキング 紅葉の見頃とライトアップ

千葉県夷隅郡大多喜町から市原市を流れる養老川によって形成された渓谷
養老渓谷

2007年に日本の貴重な自然資源を選定する百選、日本の地質百選に選ばれ
春にはツツジ、フジ、秋には雑木の紅葉がとても美しい渓谷です。

温泉地としても知られる養老渓谷の紅葉について特集します!

Sponsored Links

養老渓谷の紅葉狩りハイキング

運動の秋とも言われるように、涼しく過ごしやすくなってくると
身体を動かしたくなりますよね。

そんな時に最適なのが養老渓谷の紅葉狩りハイキングです!
紅葉の見頃は11月下旬~12月上旬


youroukeikokuhikingmap
クリックで拡大
出典 養老渓谷温泉郷HP
http://www.yorokeikoku.com/hiking.html


少し寒いかな、という時期だからこそ
ハイキングで身体を程よく温めながら紅葉を楽しめるのです。

ちょっと一息、と顔を上げて視界いっぱいに広がる紅葉を見た時の感動は
ただ紅葉を見ているだけでは決して味わうことができない素晴らしいものです。

小湊鉄道月崎、上総大久保、養老渓谷の各駅を起点とした
1~4時間の様々なコースがあり体調やスケジュールと相談して散策できます。

紅葉の中を歩いていると日常のしがらみから解放されて
身も心も癒されていきますね!

養老渓谷のすぐ西側にあり川の中の飛び石伝いに散策できる梅ヶ瀬渓谷
深紅に染まった紅葉が一帯に広がりその美しさから名前がついた筒森もみじ谷
といった紅葉のスポットはオススメです!

養老渓谷 粟又の滝(養老の滝)千代の滝あたりの紅葉の動画です。





養老渓谷 紅葉のライトアップ

紅葉の見頃に合わせ、11月23日~12月8日の期間中には
紅葉のライトアップが行われます。

幻想的に浮かび上がる夜の紅葉の美しさ、その魅力は
実際にその目で見ていただかなければ伝わりません!

100mに渡って滑り台のような緩やかな岩肌を流れ落ちる
幻想的な美しさの粟又の滝

中ほどに景観スポットとして有名な
弘文洞跡がある全長1.2kmの中瀬遊歩道など
で行われており、点灯時間は17:00~21:30となっています。

粟又の滝は、養老の滝とも呼ばれています。

awamatanotaki



ライトアップされた紅葉の美しさは筆舌に尽くしがたい絶景ですね!





関東一遅い紅葉、養老渓谷へのアクセスともみじまつり

養老渓谷もみじまつり11月23日(日)勤労感謝の日に開催されます。

開催場所
「いすみ鉄道上総中野駅前」
「養老渓谷やまびこセンター前」
「旧会所分校」
の3ヵ所となっています。

「いすみ鉄道上総中野駅前」では忠勝鍋による豚汁の販売を
「養老渓谷やまびこセンター前」では餅つきの実演販売と商工会青年部による特設ブースが
「旧会所分校」では地元産のそば粉を使った手打ちそばと焼き芋の販売が行われます。

それぞれの会場では地域の特性を生かした農産物の販売も行われています。
開催時間は10:00~15:00となっています。

駐車場はやまびこセンター前と旧会所分校に無料駐車場があります。

ですがせっかくですから懐かしの車両を現役で運行している
ローカル私鉄のいすみ鉄道または小湊鉄道をご利用してみてください。

養老渓谷の豊かな自然と紅葉を
のどかな車窓より楽しむことができますよ!

アクセス方法
いすみ鉄道または小湊鉄道の終点「上総中野駅」下車すぐ!
また紅葉シーズン中は上総中野駅から粟又の滝まで臨時バスが運行しています!





youroukeikokuaccess
クリックで拡大



養老渓谷温泉

有名な養老渓谷温泉ですがその歴史は浅く
1912年になんと個人宅の敷地から天然ガスが湧き出しました。
そのお宅の方はさぞ驚かれたことでしょう。

そして2年後の1914年には井戸から鉱泉が湧き出しました。
この鉱泉を天然ガスで加熱したのが始まりとされています。

泉質は塩化温泉で源泉温度は19~25℃の冷鉱泉
色は焦げ茶色で、いわゆる黒湯です。

2004年には「新川」の源泉に飲泉許可が下り
千葉県内初の「飲泉」として話題を集めました。

2005年、日帰り施設「ごりやくの湯」がオープン!
手軽な入浴施設として人気を集めています!
ごりやくの湯HP http://www.youroukeikoku.com/spot/goriyaku/


スポンサードリンク



こんな記事もあります


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ