成人式振袖 レンタルと購入どちらがお得?フルセットとは?

未婚の女性の礼装として扱われている「振袖」
地域によって少し異なりますが、多くの女性が成人式で着用しています。

成人式は一生に一度の行事ですから
お気に入りの振袖を着て参加したいものです。

ここでは、成人式の振袖について色々とご紹介していきたいと思います。
購入とレンタルのそれぞれの特徴
振袖のフルセットの具体的な中身についてお伝えします。

Sponsored Links

成人式には振袖を着る女性が多数

「振袖(ふりそで)」とは、身頃(みごろ)と袖の縫い付け部分を少なくすることで
「振り」を作った袖を持つ着物を指します。

現代においては未婚の女性の礼装として扱われ、成人式や結婚式の披露宴で
着用する機会が多い
です。


seijinshikirentarukounyu


さて、成人式とは各自治体が開催する、成人を祝福する行事であり
講演会やパーティーなどが行われます。

また、地元を離れている方も成人式のために帰郷することが多く
「同窓会」的な要素もあります。

一生に一度の行事であることから
特に女性は成人式の服装について悩む方が多いです。

地域によっても異なりますが、振袖を着る方が一般的であり
「購入」か「レンタル」か迷う方も多いです。


2011年1月10日 京都市成人式の動画です。


例年京都市成人式には8000人以上が参加。
式は平安神宮前の みやこめっせで行われ、付近は振袖成人で溢れ花園になる。

百趣味X百旅ブログ版より
http://blogs.yahoo.co.jp/egacite/60649095.html



振袖 購入orレンタルどっちがお得?


それでは、成人式の振袖について迷っている方のために
購入とレンタルのそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

【購入】
メリット
○・着たいときにいつでも着られる。
○・自分にぴったりのサイズを仕立てることが可能。
○・子供や孫に着物を残すことができる。
○・新品の着物を着用できる。

デメリット
□・手入れが大変。
□・一度しか着ないなら割高になる。
□・保管場所に困る。
□・友人の結婚式など、いつも同じ振袖を着ることになる。

【レンタル】
メリット
○・一度しか着ないなら、購入よりも割安になる。
○・アフターケアをする必要がない。
○・何回も着る場合、ほかの柄を選べる。

デメリット
□・以前に誰が着ていたかわからない。
□・平均的な体型でない方は、選択肢が限られる。
□・人気柄や新作は購入と変わらない金額になることがある。

購入とレンタルのそれぞれの特徴をまとめてみましたが
いかがだったでしょうか?

人によってライフスタイルが異なるので、一概に「どちらが得か」
ということは決められません。

一般的には、「3回着るなら購入が得」とされています。
誰かの結婚式で着用したり、妹や親戚が成人式で着たりする場合は
購入を考えてみても良いでしょう。


seijinshikihurisode



振袖フルセットの中身は?レンタル購入係わらず確認!

続いては、振袖の「フルセット」の中身についてご紹介していきます。
着物を着るには洋服と異なり、特有の小物が必要となります。

振袖を選ぶ際はこちらがセットになっているかを確認しておきましょう。

【フルセットの中身】
・きもの
・袋帯
・長襦袢(じゅばん)
・帯〆
・帯揚げ
・重ね衿
・草履
・バッグ
・ショール
・足袋
・和装スリップ
・帯枕
・帯板
・腰紐
・伊達〆
・補正具
・衿芯

hurisodefullset


着物を着る際には、こういったものが必要となります。
購入かレンタルかに係わらず
こういったものがセットされているのか別料金なのかを確認しておきましょう。

さて、成人式の振袖について、「購入とレンタル」
「フルセットの中身」の2点についてお伝えしてきました。

このほかにも、前撮りの有無当日の着付けの有無などを
確認しておくと良いと思います。

お気に入りの振袖を見つけて、一生に一度の成人式を楽しみましょう!





スポンサードリンク



こんな記事もあります


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ