メークインと男爵が有名だけど 新じゃがとジャガイモはどう違う?

どこの家庭でも必ず常備している食材の1つとして
ジャガイモ』が挙げられます。
1600年ごろに日本に伝来して以来、多くの人に愛されてきました。

中でも、ジャガイモを収穫した後に貯蔵しないで出荷した『新じゃが』
特に人気があり、スーパーで新じゃがが並ぶと多くの人が買い求めています。

ここでは、ジャガイモの歴史や新じゃがの特徴
2大品種『男爵』と『メークイン
そしてその特徴を生かした調理法などについてご紹介していきたいと思います。


日本では『男爵』と『メークイン』が有名!ジャガイモの歴史

ジャガイモ(馬鈴薯)は、ナス科ナス属の植物であり
食品として食べるのは『地下茎』という部分です。

加熱調理して食べられるほかに
デンプン原料としても利用されています。

比較的保存がきく食材ですが、
暗くても温度の高いところに保存すると発芽してしまうことがあります。
保管は涼しい場所でするのが望ましいです。

また、ジャガイモの芽などには『ソラニン』といった毒性成分が含まれているため
取り除かずに調理すると中毒の元となります。

ジャガイモの原産は、南米アンデス山脈の高地と言われていて
16世紀にはスペイン人によってヨーロッパにもたらされました。

この運搬中に船内で芽が出たものを食べて中毒になったため
悪魔の植物』と呼ばれました。

日本に入ってきたのは1600年ごろと言われていて
オランダ船によりジャカルタ港より運ばれました。

『ジャガイモ』という名称の由来は諸説あるものの
ジャワの『ジャガトラ(ジャカルタ)』から伝播したことであると言われています。

そして日本では当時
食用ではなく観賞用として栽培されたそうです。

日本では『男爵薯』と『メークイン』の
2大品種が広く栽培されています。

男爵はごつごつしていて皮がむきにくいです。
肉質はデンプンが多くホクホク感があって
煮崩れしやすいという特徴があります。

メークインは扁平でツルッとしているので
ピーラー(皮引き)でむきやすいです。
肉質が緻密で煮崩れしにくいのが特徴です。

ジャガイモの最大の生産地は北海道であり
夏の終わりから秋にかけて収穫されます。
九州地方の長崎では
冬に植え付けて春に出荷します。


スーパーでよく見る『新じゃが』ってどんなもの?

春先になるとスーパーなどで『新じゃが』がお目見えします。
新じゃがの由来には諸説あり、明確な定義がありません。

一般的には、収穫後に貯蔵せずに出荷され
市場に出たものを『新じゃが』と呼んでいます。

主に3~5月に出荷される九州産の『春植え馬鈴薯』や、
7月に出荷される北海道産のものを指すことが多いです。

最近では品種も多様化したことから
この説が通用しない状況となっています。

新じゃがは皮が薄く、早く煮えることが特徴です。
ただし、水分が多いのでやや水っぽいという特徴があります。

この特徴から、ポテトサラダやコロッケよりも
素揚げしたり炒めたりするほうがオススメ
だと言えます。

また、新じゃが特有のみずみずしい風味は皮の周辺に集まっているため
皮ごと食べるのが良いとされています。

よく洗って皮ごと蒸したりオーブンで焼いたりする調理法は
新じゃがの醍醐味であると言えるでしょう。

また煮崩れを起こしにくいことから
煮物にしてもおいしくいただけます。



皮ごと使うのがポイント!新じゃがのレシピ

新じゃがは焼いたり蒸したりして
塩コショウやマヨネーズをつけるだけでも
とても美味しく食べることができます。

ここでは簡単にできる新じゃがのレシピについて
お伝えしたいと思います。



まずは、おかずにも子供のおやつにもなる
新じゃが煮』のご紹介です。
素朴な味で、新じゃがの魅力を目いっぱい堪能できます。

新じゃが煮
potato1
【材料】
・新じゃが(小ぶりなサイズ、皮付き) 30個くらい
・サラダ油 大さじ2
・醤油 大さじ4
・砂糖 大さじ4
・みりん 大さじ4
・水 大さじ4

【作り方】
■(1)新じゃがをよく洗い
  ビニール袋に入れて電子レンジで
  やわらかくなるまで加熱する。

■(2)フライパンに油を入れて皮に少し色がつくまで
  新じゃがを炒りつける。

■(3)調味料を入れて煮絡めて
  少しずらしてフタをする。

■(4)フライパンをゆすりながら煮絡め
  調味料がとろりとしたらできあがり。



次にご紹介するのはワインに合いそうな
アンチョビポテト』。
大人の方に特にオススメです。

アンチョビポテト
potato
【材料】(4人分)
・新じゃが 1袋(約600g)
・にんにく(みじん切り) 2かけ
・アンチョビ(フィレ、みじん切り) 2分の1缶
・オリーブオイル 適宜
・こしょう 適宜

【作り方】
■(1)新じゃがは皮ごとよく洗い、鍋に入れる。
  かぶるくらいの水を加え、沸騰したら約10分間ゆでる。
  竹串がやっと刺さる程度になったらざるに上げ、半分に切る。

■(2)フライパンにオリーブオイル大さじ2分の1を熱し、
  (1)を入れてこんがりと焼き色がつくまで焼き、別皿に取り出す。

■(3)同じフライパンにオリーブオイル大さじ1を加えてにんにくを炒め
  香りが出たらアンチョビを加えて混ぜる。

  (2)をフライパンに戻し入れ、全体をよく絡める。
  こしょう少々を振ったら火を止めてできあがり。

油を多めにすると『揚げ焼き』のような状態になり
新じゃがのカリッとした食感を楽しむことができます。


新じゃがのシーズンになると
スーパーのレシピカードや料理番組などで
多彩なレシピが紹介されます。

皮ごと使って普通のジャガイモとは異なる風味を楽しんでくださいね!



Sponsored Links


スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ