敬老の日の由来と祝い方 喜ばれるプレゼントは?

国民の祝日の1つである「敬老の日」は以前は9月15日に固定されていました。
しかし、「ハッピーマンデー制度」により9月の第3月曜日になりました。

この制度によって3連休にはなりますが
祝日の趣旨についてはいつまでも忘れずにいたいものです。

ここでは、敬老の日が制定された経緯や
オススメの贈り物についてご紹介
していきたいと思います。

Sponsored Links

現在では9月の第3月曜日が敬老の日になっているがその由来は?

「敬老の日」とは、日本の国民の祝日の1つであり
現在は「ハッピーマンデー制度」によって9月の第3月曜日に定められています。

敬老の日は1947年に兵庫県のある村で提唱された
「としよりの日」が起源であるとされています。

その後、1950年からは兵庫県全体で敬老会が行われるようになり
次第に全国に広がっていきました。

そして、1964年には「老人の日」と改称され、その翌年には
政府への働きかけの甲斐あって、国民の祝日「敬老の日」が制定されました。

敬老の日の趣旨は
「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し長寿を祝う」
ということです。

2002年までは毎年9月15日でしたが
祝日法改正(ハッピーマンデー制度)により、9月の第3月曜日となりました。

このため、年によっては秋分の日と含めて「シルバーウィーク」という
大型連休が発生するようになりました。

しかし、それぞれ意味を持つ祝日が、単に「連休の一部」
と扱われることに関して否定的な意見があることも事実です。


敬老の日の祝い方や行事とは?

続いては、敬老の日に関する行事などについて
まとめていきたいと思います。

敬老の日には、行政機関や民間団体が主催となって、高齢者のための
催しを開いたり、老人ホームなどを慰問する行事が行われたりします


この動画のように出演者も練習を重ね
出し物に工夫を凝らした会を催しています。
平成22年敬老会出し物「シャンシャン傘踊り(きよしのソーラン節)」


西之表市川迎部落「敬老会」にて
青壮年による四羽の白鳥




また、家庭では本人の好物を並べた祝い膳を囲んで会食したり
本人の健康状態に合わせて旅行や温泉に行ったりして祝うことが多いようです。

また、家族からのプレゼントが高齢者に渡されることもあります。
敬老の日はまだ歴史が浅いため、特別なしきたりは無いと言えます。

また、最近は「年寄り扱い」を嫌がる方も多いため
プレゼントなども若々しいものを選ぶと良いでしょう。


敬老の日の喜ばれるプレゼント おすすめは?

それでは最後に、敬老の日の贈り物について
オススメのものをご紹介していきたいと思います。

【男女共通】
・孫からの手紙や絵
 孫が小さい場合は、高価な品物よりも
 心を込めた手紙や絵などが喜ばれます。


keirounohimessage



・一緒に外食・旅行
 「物より思い出」という方が多いようで
 一緒にすごす時間が何よりもうれしいという方が多いです。

【男性】
・お酒
 ビールや日本酒、ワインなど、本人が好きなものを贈りましょう。
 最近では、似顔絵や名前をラベルにプリントできるサービスがあり
 オリジナルのものを贈るのも良いでしょう。


keirounohigift


・家電、健康器具
 体重計や電気シェーバーなど、毎日使う実用的な品もオススメです。

【女性】
・花
 定番ではありますが、やはり贈られるとうれしいようです。
 若々しいイメージの花や、本人の好きな花を選ぶと良いと思います。


keirounohihana



・お菓子
 和洋問わず、いくつになっても女性はスイーツが好きなようです。
 ある程度、日持ちがするものの方がオススメです。


オススメの贈り物をいくつかピックアップしましたが
いかがだったでしょうか?

今年の敬老の日は9月15日となりますので
家族みんなでお祝いをしてみてはどうでしょうか。


スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ