カーネーションに代わる「母の日ギフト」のオススメは?

ゴールデンウィークとともに
忘れてはならない5月のビッグイベントが『母の日』です。

母の日の贈り物と言えばカーネーションが定番ですが
母たちの本音を聞いてみると
もっとほかのものが欲しいとの結果が出ています。

ここでは、母の日の由来やカーネーションを贈る意味
母たちが本当に欲しいものについてまとめていきたいと思います。


Sponsored Links

日本の母の日は、アメリカの習慣を取り入れたもの

日ごろの母の苦労をいたわり
母への感謝を表す『母の日』

日本やアメリカにおいては5月の第2日曜日に祝いますが
スペインでは5月の第1日曜日
スウェーデンでは5月の最後の日曜日など
国によって起源や日付が異なっています。

ここではアメリカと日本の起源について
簡潔にまとめたいと思います。


・アメリカ
南北戦争終結直後の1870年、女性参政権運動家ジュリア・ウォード・ハウが
夫や子供を戦場に送るのを今後絶対に拒否しようと立ち上がり
『母の日宣言』を行いました。

ハウが提唱した母の日は
南北戦争中にウェストバージニア州のアン・ジャービスが提唱した
『母の仕事の日』にヒントを得たものでしたが
結局普及することはありませんでした。

そして、ジャービスの死後2年たった1907年5月12日
娘のアンナが亡き母親を偲び
教会にて記念会を行い白いカーネーションを贈りました。

このことが、アメリカや日本における
母の日の起源とされています。

そして、次第にこの動きは拡大していき
1914年にアメリカの記念日とされ
5月の第2日曜日と定められました。

・日本
日本では、1931年に大日本連合婦人会を結成したのを機に
皇后の誕生日である3月6日を『母の日』と定めました。

しかし、1937年5月8日に第1回『森永母の日大会』が行われ
1949年からはアメリカに倣う形で
5月の第2日曜日に行われるようになりました。


定番のカーネーション、その由来は?

母の日の定番プレゼントとして挙げられるのが
『カーネーション』という花です。

カーネーションは『母と子』や『母性愛』を象徴する花とされ
十字架にかけられたキリストを見送った
聖母マリアが落とした涙から生じた花だと考えられています。

白いカーネーション
十字架にかけられる前のキリストとマリアを
赤いカーネーション
キリストの体から散った血の色や復活したキリストを
象徴しています。

そんなカーネーションを
前述のジャービスが好んだことから
母の日のシンボルとして定着していきました。

ジャービスの追悼式においては
白いカーネーションが用いられました。

その後アンナの提案により
母の存命する者は『赤いカーネーション』を
母を亡くした者は『白いカーネーション』を
胸につけるようになり
やがて母へ花を贈るようになりました。

日本においては、母の日が普及した当初は
もっぱら造花が使われていました。

最初は赤白の区別がされていましたが
子供の感情への配慮などから
1960年からは赤に統一されるようになりました。

現在では生花が中心で
赤だけでなくピンクやオレンジなども
人気
となっています。


mother'sday

本当に母たちが欲しいギフトは何?

さて、最後に母の日ギフトのオススメについて
まとめたいと思います。

ある調査によると
母の日の贈り物としてこれまでもらうことが多かったものは?
との問いの結果は以下のようになりました。

1位:手紙やメッセージカード
2位:カーネーション
3位:お菓子・スイーツ類

そして
母の日に本当にもらいたいものは?
との問いに対してこのような結果が出ました。

1位:一緒に外食
2位:メッセージカード
3位:一緒に旅行やお出かけ
4位:お菓子・スイーツ類
5位:カーネーション以外の花

面白いと思ったのは
母の日の定番である『カーネーション』よりも
カーネーション以外の花』のほうが
上位にランクインしているということ。

母の日の定番として定着したカーネーションですが
母たちの本音としては『他の物が欲しい』ということのようです。

私の場合は、母の日を
ほかのお祝いとドッキングさせています。

実母の場合は結婚記念日が近く
義母の場合は誕生日が近いので
それらのお祝いと母の日を一体化させています。

どちらの母親に対しても一緒に食事に行き
ちょっとしたスイーツや花を贈るようにしています。

また、この調査は大人を対象に行ったものですので
子供が母の日にプレゼントを贈る場合
メッセージカードや似顔絵、お手伝い券などが良いでしょう。

どうしてもプレゼントを買いたい場合は
500円程度のミニブーケやハンカチなどが良いのではないでしょうか。

大人とは異なり、自らが働いて得たお金で買うわけではないので
あまりに高価なものは避けたほうが無難です。

ゴールデンウィークの計画をしっかり立てたら
そのすぐ後にある母の日についても早めに計画していきましょう。


スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ