『魔女の宅急便』のモデル北欧の都市ストックホルム

多くの半島や島から構成されるスウェーデンの首都ストックホルム。

ここでは、歴史や観光名所はもちろん、この都市の名を冠した
「ストックホルム症候群」についてもご紹介します。

Sponsored Links

どんな都市なの?ストックホルムの歴史と現在

ストックホルムは北欧スウェーデンの首都であり、最大の都市でもあります。2012年の世界都市ランキングにおいて世界27位の都市と評価されました。

人口は約75万人で、『水の都』や『北欧のヴェネツィア』とも呼ばれています。また、1912年に第5回夏季オリンピックが開催されました。

この都市の始まりは13世紀の半ばであると言われています。スウェーデン東部のメーラレン湖にある小島スタツホルメン島に砦として築かれたのが最初でした。そして、砦としてだけでなく、次第に都市としての機能も形成されていきました。

戦闘に備えて島を囲むように丸太の柵が張り巡らされていた為に、スウェーデン語で『丸太の小島』を指す、ストックホルムと呼ばれるようになりました。

そして時は流れて18世紀以降、ストックホルムは直接戦火に巻き込まれることがなかったために、20世紀以降に現代的な多民族都市へと成長していきました。人口は現在も増加し続けていますが、自然増ではなく移民によるものです。

最近では移民が独自のコミュニティーを形成し始めています。


見どころ満載!ストックホルムの観光

ストックホルムには観光名所が多数存在します。スタジオジブリの代表作である『魔女の宅急便』のモデルの1つとなった都市でもあり、素敵な町並みが観光客を楽しませています。

ここでは、ストックホルムの観光名所について少し触れたいと思います。


stockhorm


ますは市庁舎が有名です。こちらでは毎年ノーベル賞受賞晩餐会が催されます。

また、世界遺産にも指定されているドロットニングホルム宮殿やビルカなども欠かせません。他にもオペラやバレエを鑑賞できる劇場や、たくさんの博物館や美術館があるので、芸術に興味がある方は目いっぱい観光を楽しめるのではないかと思います。


ストックホルム症候群とは?

今まで、ストックホルムの歴史や観光についてご紹介してきました。
続いては、この都市の名を冠した『ストックホルム症候群』についてご説明します。

ニュースや小説で見かけることがありますが、この言葉は精神医学用語の1つに数えられています。犯罪の被害者が犯人と一時的に時間や場所を共有することにより、過度の同情や好意などの感情を抱くことを指します。

この言葉は1973年ストックホルムで起きた銀行強盗に由来していて、犯人が寝ている間に人質が警察に銃を向けたり、解放後に非協力的な証言を行ったりしたことから名づけられました。

日本においては『よど号ハイジャック事件』や『三菱銀行人質事件』が挙げられています。また、これを題材にした映画やゲームも多数あります。


スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ