海外旅行の当日 成田空港で保険に入れる?

ゴールデンウィークに海外旅行を計画している方も
多いのではないでしょうか。

国内旅行でもそうですが、海外旅行では特に
病気やケガ、盗難などに対応する「旅行保険」が重要です。

ここでは、海外旅行に関する旅行保険について
補償の内容などについてご紹介していきたいと思います。

「転ばぬ先の杖」や「備えあれば憂いなし」といった言葉にもあるように
旅先で後悔しないようにしっかりと旅行保険をかけておきましょう。


Sponsored Links

海外でトラブルが起きると大変なことに…

海外旅行保険」とは、損害保険の1つであり
おもに損害保険会社が取り扱っています。

内容としては、海外旅行先での病気やケガ、盗難などの
被害にあったときに補償を行うものです。

海外旅行保険は渡航先や旅行期間
補償の内容などによって保険料が異なるのが特徴です。


tourerinsurerance


なぜ、海外旅行に保険をかける必要があるのでしょうか?

これについて、少し事例を挙げてご紹介したいと思います。

たとえば、日本では救急車の出動要請は無料で行えます。

しかし、海外ではほとんどが有料で
一般的に走行距離に応じて加算されてしまいます。

また、海外の医療費は日本では考えられないほど高額なのが特徴です。

盲腸で2泊3日の手術入院にかかる費用の合計は
欧米では200万円以上、アジア各国でも50万円前後が一般的なのです。

また、海外は治安の悪い国も多いですので
所持品を盗難されるケースも後を絶ちません。

このような理由から、出発前に海外旅行保険をかけておくことを
絶対にオススメします


多くの損害保険会社は世界中にネットワークを持っているので
不測の事態でも日本語で対応してくれます。

また、保険証券を提示するだけで
キャッシュレスで対応してもらえる場合もあります。


旅行保険にはさまざまな補償内容がある

続いては、海外旅行保険の主な補償内容につい
て詳しく見ていきたいと思います。

代表的な補償の種類としては、以下のものがあります。

 ・傷害治療費用

   交通事故や転倒などでケガをしたときに
   かかる治療費を補償します。

 ・疾病治療費用

   病気になったとき、現地の病院で
   かかった治療費を補償します。

 ・傷害死亡・後遺障害

   ケガが理由で死亡したり
   後遺症が残ったりした場合に支払われます。

 ・疾病死亡

   病気が原因で死亡した場合に支払われます。

 ・賠償責任

   誤って物を壊したり、他人にケガをさせてしまったりした場合
   賠償金の支払いを補償します。

 ・携行品損害

   携行品が盗難や火災などにあった場合
   限度額の範囲内で損害を補償します。

 insurerance 

 ・入院一時金

   ケガや病気で規定の日数以上入院した場合に
   入院費用を補償します。

 ・救済者費用

   救援にかかる費用だけでなく、親族らが日本から現地に向かう場合の
   移動交通費や宿泊滞在費などを補償します。

 ・航空機寄託手荷物遅延費用

   航空会社に預けた手荷物が行方不明になった場合などに
   身の回り品などを購入する費用を補償します。

 ・航空機遅延費用

   航空機が遅延や欠航などになった場合
   宿泊費や食事代などを補償します。

 ・留守宅家財盗難

   旅行中に自宅が空き巣などに狙われた場合
   その損害を補償します。

 ・緊急一時帰国費用

   旅行中に、家族の危篤などで
   急きょ帰国が必要な場合の費用を補償します。

このように、海外旅行保険はさまざまな不測の事態に
対応してくれますので、旅行前に必ず入っておきましょう。


naritaairport
成田空港


日本の空港でも契約可能!出発前に旅行保険に入ろう

最後に、海外旅行保険の契約について
お伝えしていきたいと思います。

海外旅行保険には「基本契約」と「特約」があります。

特約だけの申し込みは不可能で、必ず基本契約に付帯する形で
申し込むのが決まりです。

基本契約においてもっとも重要なのは
治療費用と賠償責任、携行品の3つです。

不要なものがあれば補償を外して契約することも可能であり
その分保険料を抑えることができます。

また、海外旅行保険は職業危険が伴う場合や
旅行先で危険なスポーツをする場合
割り増し保険料が必要になってきます。

契約時にそのような申告をしなかった場合
保険金が減額されたり支払われなかったりすることがありますので
契約時にはよく確認することが重要です。

海外旅行保険は日本国内で契約するのが
前提となっています。

自宅を出た後に「保険に加入したい」と思ったら
空港にある海外旅行保険の申し込みカウンターやゲート付近の専用機械
などを使って、渡航前に契約を済ませましょう。

不測の事態に備えて、海外旅行をする際は
必ず保険に入ることをオススメします。




スポンサードリンク



こんな記事もあります


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ