ススキだけでなく魅力がいっぱいの箱根仙石原

箱根は優しい場所だと、訪れるたびに思います。

グルメ、温泉、観光、ハイキング・・
あらゆる目的にこたえてくれる懐の深さからそう思うのです。

身近で四季折々の楽しみがあるのも魅力です。

気がつくと、幼少期から学生時代、友人同士、夫婦になってから
そして生まれてきた子供たちやその祖父母たちと一緒に・・

自分の生活の節目には箱根がときおり登場しています。

その中でも仙石原はひときわ魅力のある場所だと思います。
紹介しますね!

Sponsored Links

なんといっても すすき

仙石原といえば、思い浮かぶのはすすき草原です。
人の背丈ほどもある、黄金色の穂がゆれる様子はとても圧巻です。

時期は9月中旬から10月中ごろまでが見ごろとされています。
太陽の光があたるとすすきがきらきら輝いて
それをみると秋の訪れをわくわくと感じます。

毎年9月初めには、仙石原すすきまつりが開催されています。
26年度は例年と趣向をかえるようなので
ぜひチェックしてみてくださいね。

また3月にはススキ野焼きが毎年行われます。
ここは鑑賞エリア内なら、撮影可能です。
炎、そして天へと伸びていく煙は
さながら大きな日本画を見ているようだということです。


hakone


芸術鑑賞エリアでもある仙石原

仙石原の魅力はすすき草原だけではありません。
美術館めぐりも楽しめます。
星の王子さまミュージアム内のレストランは
とてもおいしいと評判です。

子供だけでなくむしろ大人が楽しめるスポットとして
このミュージアムは人気があります。
また万華鏡作りなどのイベントも随時おこなっているようです。

ポーラ美術館には昨年、「森の遊歩道」ができました。
美術館の周辺の散策路が整備されたもので
メジロやキビタキの鳥のさえずりを楽しみながら
自然を楽しむことができるようになりました。

3,40分くらいのコースなので家族で軽くお散歩するにはぴったりですね。
ここには、ルノワールやモネのコレクションがあり、その絵をみていると
どこかの異空間にいるような感覚になります。絵の持つ力を感じられます。

そのほかにも、ガラスの森美術館、ラリック美術館などがあり
美術館賞を充分に楽しめます。

仙石原の美術館に共通するのは、鑑賞、カフェ、ミュージアムショップ
そして周辺散策の四つが楽しめることです。
訪れるたびに楽しみ方もかわり、あきることがありません。


新しいスポット ガーデンレイルウェイカフェ

昨年7月に、仙石原、森のストリート沿いにプレオープンしたのが
箱根ガーデンレイルウェイ・カフェです。

これは、鉄道模型と自然の共生を目指している施設で
屋外で鉄道模型が走る様子を見ながらお茶を楽しむ施設です。

模型の持ち込みも可能です。(別途料金がかかります。)
プレオープン後、現在も工事は進められています。

仙石原の魅力はまだまだたくさんあります。
ぜひ訪れてあなたなりの仙石原を見つけてくださいね。



スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ