わきがの治療法は?その前に自己臭恐怖症ではない?

「わきが」とはアポクリン腺と呼ばれる部分から
分泌される汗によって特有の臭いが発生する疾患を指します。

自分の臭いを過剰に気にしすぎるあまり
うつ病を併発してしまうケースも
あるので
重大な健康問題となっています。

治療には大きく分けて「保存療法」
と「手術療法」の2つがあります。

ここでは、それぞれの治療法について
詳しく見ていきたいと思います。


Sponsored Links

運動時の汗とは異なる、特有の臭いを発する疾患

「ワキガ」は「腋臭症(えきしゅうしょう)」とも呼ばれる疾患であり
皮膚にある「アポクリン腺」と呼ばれる部分から分泌される汗が原因です。

「エクリン腺」と呼ばれる部分から
運動時などに分泌される汗とは異なっています。

エクリン腺由来のものは、「酸っぱい臭い」「汗臭い」
などの表現されることが多いです。

アポクリン腺由来のものは人や環境によって違いはあるものの
「ゴボウの臭い」「納豆の臭い」「古びた洗濯ばさみの臭い」
などにたとえられることが多いです。

その臭いの原因となるアポクリン腺分泌物は
衣服に黄色いシミを作り、汗が大量に出る多汗傾向を伴います。

女性の一部には性器や乳輪からも同様の臭いがする場合があり
その症状は「すそわきが」と呼ばれています。

臭いを嫌うものの多い集団の中にワキガ患者が置かれると
臭いを過度に気にする精神状態に追い込まれ
結果としてうつ病などを併発する恐れがあるとされています。

そのようなことから、ワキガは軽視できない
重要な健康問題となっています。

さて、ワキガ臭のメカニズムについて
もう少し詳しく見ていきたいと思います。

アポクリン腺から分泌される汗が原因ではありますが
分泌物自体は無臭です。

しかし、その汗が皮膚上に分泌されると
皮脂腺から分泌された脂肪分や
エクリン腺から分泌された汗と混ざります。

そして、それが皮膚やわき毛の常在細菌により分解されることで
ワキガ臭を発する物質が生成されます。

また、わき毛が汗などを留めるために
臭いが出やすい環境を作っているとされています。

そして、アポクリン腺が成長し活動するのは
第二次性徴が認められる時期であるため
一般的にはワキガ臭が発生するのは思春期以降です。


ワキガの治療には2パターンある

続いては、ワキガの治療法について
まとめていきたいと思います。

実際にはワキガでないのにも関わらず
自己判断をし「自己臭恐怖症」に陥っている者も多く存在します。

疑わしい場合は自分で安易に判断するのではなく
形成外科や美容外科の専門医の診断を受けることが望ましいです。

場合によっては精神科医の診断を仰ぐことも必要になってきます。

ワキガ治療には大きく分けて「保存療法
と「手術療法」の2つがあります。

手術療法はどの方法でも
健康保険を適用することが可能です。

しかし、診療報酬の割合と手術の手間のバランスが悪いので
民間病院においては自由診療扱いで治療を行うことが多いです。

それではまず、保存療法です。

   ・わき毛の処理
     汗などの分泌物が多量に保持されるのを防ぎ
     また常在細菌の培地が減ることにより汗などの
     分解量が軽減されます。

     そのため、ワキガ臭を軽減できるとされています。
     制汗剤の治療と合わせることにより効果が増します。

   ・アルコール消毒
     市販の消毒用エタノールなどを塗布し
     臭いの元となる常在細菌を殺菌します。

     わき毛の処理と併用することで、効果が高くなります。

   ・制汗剤
     多くの薬局などで販売されていて
     殺菌作用があります。

     常在細菌を殺し
     汗などが分解されるのを軽減することにより
     臭いの発生も軽減させることができます。

   ・ボトックス注射
     ボトックスを注入することにより
     汗の分泌を促進させる物質を抑えるので
     発汗自体を抑制できます。

     1回の注入で4ヶ月から6ヶ月間効果が持続します。


以上が保存療法の詳細ですが、欠点としては
持続的な効果が得られないこと」が挙げられます。

症状が重い場合は、手術療法で
根本的に治療することを目指すことになります。


wakiga1



手術でアポクリン腺を取っても、再発する可能性も…

続いては、手術療法です。


   ・剪除法
     現在、もっとも一般的な手術療法です。

     ワキの皮膚のしわに合わせ、3~4センチほどの
     切開を1本または2本入れ指で皮膚を裏返し
     目で確認しながらハサミでアポクリン腺を切除します。

   ・吸引法
     ワキの上部を1センチほど切開し
     脂肪吸引などに使う器具を挿入して
     アポクリン腺を吸い出します。

     これを改良したものとして
     「超音波吸引法」があります。

   ・皮下組織削除法
     ローラーとカミソリ刃がついた
     ハサミのような器具を用いて行います。

     ワキの上部を1.5センチほど切開し
     その部分からワキの下に器具を挿入して
     アポクリン腺を削除します。

   ・切除法
     わき毛が生えている部分の皮膚を
     切り取る手術療法です。

     大きく切り取るため
     運動障害の後遺症が残る可能性があります。

   ・マイクロウェーブ法
     皮膚を切開せずに
     マイクロウェーブ(電磁波)をワキ表面から照射し
     汗腺を破壊します。


このような手術法があります。

しかし若年の場合や取り残しなどにより
再発する可能性もあります。

ワキガ治療にはさまざまな方法があります。

気になる症状がある方は1人で悩まずに
専門医に相談してみてくださいね!



スポンサードリンク



こんな記事もあります


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ