インフルエンザの流行する時期と症状

毎年ニュースに取り上げられるインフルエンザ。
普通の風邪の症状とどう違うのでしょうか。

また、流行する時期は?

1日でも早くあの苦しみから解放されるための方法や
そもそもかからないために行う予防接種のタイミングなどを
ご紹介していきます。

Sponsored Links


インフルエンザの症状

インフルエンザウイルスに感染した場合
約1日から3日の潜伏期間の後にインフルエンザを発症します。

発症後約3日間では
突然の38℃以上の高熱や全身の倦怠感、食欲不振などの全身症状が強く現れ
それから咳や喉の痛み、鼻水などの呼吸器症状が現れます。

場合によっては腹痛や吐き気などの消化器症状が現れることもあります。
通常は10日前後で症状が落ち着き快復します。


infuru
クリックで拡大



普通の風邪との違いって?

普通の風邪(急性上気道炎など)は1年を通してみられますが
インフルエンザは季節性です。

日本では例年12月ごろに流行が始まり、1~3月ごろにピークを迎えます。

風邪の多くは発症後の経過が緩やかです。
喉が痛いな、鼻水が出るな・・・と思っていたらおっと熱が出てきたぞ
といった感じですね。

咳やくしゃみ、喉の痛み、鼻水・鼻づまりが主な症状で
熱もそれほど高くはなりません。
出ても38℃程度でしょう。

一方のインフルエンザは
突然38℃以上の高熱や全身倦怠感、関節の痛みなどを伴って発症します。

また、インフルエンザは肺炎や脳炎などを合併して
重症化することがあるので注意が必要です。


influ1
クリックで拡大



症状改善のために

体内にいるインフルエンザウイルスの増殖を防ぐ
「抗インフルエンザウイルス薬」の服用が有効です。

発症後すぐに服用を開始した場合
服用していない場合と比較して発熱期間が1~2日短縮され
症状が徐々に改善されていきます。

しかし、注意していただきたいのは
熱が下がっても体内のウイルスはまだ残っているということです。

症状が改善したからと、途中で服用をやめると
体内に残っているウイルスが周囲の人に感染する可能性があるどころか
服用した薬に耐性を持ったウイルスが生まれることになりかねません。

熱が下がってからも薬は処方された分量を使い切り
最低2日間は自宅で療養しましょう。

周囲の人だけでなく、自分の弱った体もしっかり休ませて
抵抗力を高めておきましょう。


ワクチン接種(予防接種)のタイミング

ワクチンは、感染後に発病する可能性を低減させる効果と
発症した場合の重症化防止に有効とされています。

このワクチンの効果が出現するまでに2週間程度を要することから
12月中旬までにワクチン接種を終えることが望ましいと考えられます。

予防のための6ポイント
1、流行前のワクチン接種

2、飛沫感染対策
 ・咳やくしゃみを他の人に向けてしない。
 ・咳やくしゃみが出るときはできるだけマスクをする。
 ・手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗う。

3、外出後の手洗いうがい
 流水・石鹸による手洗いは手についたインフルエンザウイルスを
 物理的に除去するために有効な方法です。

 また、アルコールによる消毒でも効果が高いので
 アルコール製剤による消毒も効果的ですね。

4、適度な湿度を保つ
 空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下するだけでなく
 ウイルスの活動も活発になります。

 室内は特に乾燥しやすいので
 加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つようにしましょう。

5、十分な休養とバランスの取れた栄養補給
 体の抵抗力を高めるために
 休養とバランスのとれた栄養摂取を心がけましょう。

6、人混みや繁華街への外出を控える
 やむを得ず人混みに入る可能性がある場合には
 不織布製のマスクを着用するようにしましょう。


スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ