紫外線を防ぐためのサングラスの選び方は?

最近では寒さが和らぎ
春の到来を感じることが多くなりました。

春や夏には外でレジャーを楽しみたい
と考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、気になるのは『紫外線』です。

肌については日焼け止めクリームや衣服でケアしていても
眼のケアまで万全という方は少数です。

ここでは、紫外線を防ぐのに役立つ『サングラス』について
目的別にオススメの種類を調べて見ました。


Sponsored Links

主に紫外線をカットするために用いる保護眼鏡

『サングラス』とは、その名の通り
日差しや強い照明によって眼を焼かれるのを防ぐために
着用する保護眼鏡のことです。

まぶしさや紫外線などを低減するために着用し
特に白人は日光から健康被害を受けやすいため
健康上の理由でよく使っています。

また、紫外線が強い国においては
児童がサングラスをかける事も珍しくありません。


americasunglasses


ただし、色が濃いほど紫外線を低減する能力が高い
とは限りません


たとえ透明であっても
UVカット加工を施したサングラスが多数存在します。

また、色が濃いサングラスをかけると視界が暗いために瞳孔が開き
サングラスと顔の隙間から入った紫外線が眼球内に届きやすくなります。

さて、サングラスはいつ、どこで誕生したのでしょうか?

サングラスの起源について詳しいことはわかっていませんが
古代ローマの皇帝がすでにエメラルドのレンズを入れた
眼鏡を使っていたとされています。

12世紀の中国においては
裁判官がサングラスのようなものをかけていました。

その後、1929年にアメリカ人事業家のサム・フォスターが
安価な大量生産品をもたらしました。

日本では『黒眼鏡』、『色眼鏡』、『グラサン』
といった呼び方も一般的であり
家庭用品品質表示法の適用対象とされています。

そのため、その基準を満たさないもの
ファッション用グラス』と区別して扱われます。


度つきや偏光など、目的に合わせて最適なサングラスを選ぶ

続いては、特殊なサングラスについて
ご紹介していきたいと思います。

それぞれの特徴を簡単にご説明しますので
目的に合ったサングラス選びの手助けができればと思います。


  ・度つきサングラス
    視力矯正用に、レンズに屈折度があるサングラスです。

  ・ミラーグラス
    マジックミラーを使うことで
    透過光以外を反射させるサングラスです。

   Nottingham Pride MMB A4
   By mattbuck (category) (投稿者自身による作品 by mattbuck.)
   [CC-BY-SA-2.0 or CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons


  ・調光サングラス
    光によって濃度が変わるレンズを使ったものです。
    明るい場合はレンズの濃度が増してまぶしさを抑え
    暗くなれば色が薄くなります。

    多くの調光レンズは紫外線に反応して濃度が変わりますが
    自動車の運転時には不向きであるとされているため
    最近ではこれ以外のタイプの調光レンズも出てきています。

    また、調光レンズの機能は経年劣化していき
    2年ほどでほとんどその機能が失われます。

  ・オーバーグラス
    眼鏡をすでに着用している人が
    眼鏡の上からかけるためのサングラスです。

  ・偏光グラス
    偏光フィルターを用いたサングラスで
    スポーツや釣りに適しています。

    日本の基準では、偏光度が90%以上
    偏光軸のずれが15度以下であるものをこのように定義しています。


サングラスには多数の種類がありますので
好みや用途に応じて選んでみましょう。


世界中のセレブが愛用!サングラスの代名詞『レイバン』

サングラスの代名詞とも言えるメーカーとして
『レイバン』が挙げられます。

この会社は1937年にアメリカ空軍の委託で
アメリカのボシュロム社が創立しました。

1999年にファッションブランドの眼鏡を扱うイタリアのルックスオティカに売却され
現在ではグループの主力ブランドです。

世界的にもっとも有名なサングラスブランドであり
世界中のセレブに愛用者が多いことでも知られています。

レイバンの偏光グラスは『レイバン グラスポラライズド
というシリーズで展開しています。


rayban


偏光グラスは水面や路面のぎらつきや
自動車やビルのガラスなどの反射光を除去できるので
常にクリアな視界を確保します。

ほかのメーカーと比べてレイバンの偏光グラスが
特に優れている点は以下の4つです。

  ・自然のままの鮮やかな色を再現

  ・レンズ裏面にも反射防止コーティングが施され
   後方からの反射光もカット

  ・レンズはゆがみのない完全な球面のため
   長時間使用しても疲れない

  ・紫外線を100%カットし、白内障や雪目を防ぐ

レイバンの偏光グラスはこのような特徴があり
アウトドア好きの方には特に親しまれています

デザインが豊富にあることも魅力で
大体は2~3万円で購入可能です。

目の健康が気になる方は
1本持っておくと安心なのではないでしょうか。



スポンサードリンク



こんな記事もあります


2 Responses to “紫外線を防ぐためのサングラスの選び方は?”

  1. zhuge より:

    画像で見たとおりのデザイン、レンズの色でイメージ通り。大変気に入りました。 http://latbel.lv/inc/jpsunglasses.html

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ