ワクチンとは?予防接種とは?

一般的に、ワクチンという言葉と予防接種という言葉が
混同して使われていることが多くあります。

実際にはワクチンと予防接種は何が異なるのか
例を見ながら調べていきましょう。

Sponsored Links


ワクチンとは?

ワクチンはヒトなどの動物に接種して感染症の予防に用いる医薬品のことです

毒性を無くして、あるいは弱められた病原体から作られ
弱い病原体を注入することで体内に抗体を作り
以後、その病原体による感染症にかかりにくくすることを目的に作られた物です。

弱いとはいえ、病原体を直接接種するため、まれに体調が崩れることがあります。

接種方法としては皮下注射、筋肉内注射が多いですが
経口生ポリオワクチンのように直接口から飲むタイプのものや
BCGのようなスタンプ式のもの、変則的接種方法として、皮内注射などもあります。

ワクチンを発見したのはイギリスの医学者、エドワード・ジェンナーです。
牛痘にかかった人間は天然痘にかからないもしくはかかっても症状が軽い事から
先に牛痘にかかってしまえば、天然痘の予防にもなるのではないかと考え
天然痘ワクチンを作りました。

その後、ルイ・パスツールが病原体の培養を通じてこれを弱毒化すれば
その接種によって免疫が作られると理論的な裏付けを与え
さまざまな感染症に対するワクチンが作られるようになりました。


ワクチンの種類

ワクチンは大きく生ワクチンと不活化ワクチンに分かれています

生ワクチンは、毒性を弱めた微生物やウイルスを使用したもので
液性免疫のみならず細胞免疫も獲得できるため
不活化ワクチンに比べて獲得免疫力が強く免疫持続期間も長いことが多いです。

ですが、生きている病原体を使うため
感染による副反応を発現する可能性もあります。

この生ワクチンに分類されるのは
BCG
経口生ポリオワクチン
麻疹ワクチン
風疹ワクチン
麻疹・風疹混合ワクチン
流行性耳下腺炎ワクチン
水痘ワクチン
黄熱ワクチン
ロタウイルスワクチン
点鼻投与型インフルエンザワクチン
帯状疱疹ワクチン
麻疹・風疹・おたふくかぜ混合ワクチン
その他の混合ワクチンがあります。

不活化ワクチンは、化学処理などにより死んだウイルス
細菌、リケッチアを使用していることが多いです。

取り扱いや効果において同様である抗原部分のみを培養したものを含めて
不活化ワクチンと称されることもあります。

不活化ワクチンは生ワクチンより副反応が少ないですが
液性免疫しか獲得できずその分免疫の続く期間が短いことにより
複数回接種が必要なものが多いです。

この不活化ワクチンに分類される
インフルエンザワクチン、1971年以前の全粒子ワクチン使用による
死亡あるいは脳に重篤な障害を残す副反応の危険性が大きかったことや

それとは異なる現行の安全性の高いワクチンでも
100%の発症を抑えることはできないことから
接種を避けるべきとの意見も依然として存在します。

ですが、高齢者や慢性疾患を持つハイリスク群がインフルエンザに罹患した場合に
肺炎等の重篤な合併症の出現や、入院、死亡などの可能性が非常に高くなりますので
ハイリスク群に対してインフルエンザワクチン接種を積極的に薦めている国も多いです。

この不活化ワクチンに分類されるのは
インフルエンザウイルスワクチン
Hibワクチン
狂犬病ワクチン
コレラワクチン
三種混合ワクチン
二種混合ワクチン
不活化ポリオワクチン
日本脳炎ワクチン
百日咳ワクチン
A型肝炎ウイルスワクチン
B型肝炎ウイルスワクチン
炭疽菌ワクチン
髄膜炎菌ワクチン
腸チフスワクチン
ダニ媒介脳炎ワクチンなどの種類があります。


予防接種とは?

予防接種は、各種の病原体に対して
免疫を持たない者を対象に行われるもの
感染予防
発病予防
重症化予防
感染症のまん延予防などを目的としています。

ワクチン接種も予防接種の一つです。

妊娠前の女性に接種することで
妊娠中の妊婦自身の発症予防・重症化予防や
胎児への影響を予防することを目的に行う予防接種もあります。

予防接種には、予防接種法に基づき実施される「定期接種」および「臨時接種」
予防接種法に基づかない「任意接種」があります。

定期接種は地方自治体などから該当年齢の子どもに連絡が行くもしくは
母子手帳を参考にして親が予防接種を実施している医療機関につれていき実施しますが
任意接種は各々の判断に任されています。


15137998885_d67a2fd2ff_z



まとめると、ワクチンと言うのは感染症の予防に用いる医薬品の1つで
それを接種する「ワクチン接種」というのは「予防接種」の1つ
ということが分かりました。

それにしても、ワクチンというものは
インフルエンザワクチンをはじめとしていろいろあるのですね。

子どもに接種するときは
子どもが普段、大ぜいの子どもといる環境にあるのか
もしくは喘息などの疾患を抱えているのか
などを統合的にとらえ
適切に判断して実施しましょう。


スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ