風邪で喉が痛いときの喉の痛みの治し方は?

これからの季節風邪が流行りやすくなります。
喉の痛みは風邪をを引くことで起こりやすくなります

ほっておくと長引くこともあり、なるべく早くケアしたいものですね。
今回は喉の痛みについて調べました。

喉が痛くなるのはなぜなのか?
喉の痛みの治し方は?

予防策や、喉の痛みを少しでも和らげる方法をご紹介します。


Sponsored Links

喉が痛くなるのはなぜ

喉の痛みは、風邪による症状でおこることが多いです。

ウイルスが身体に入る際、鼻、喉、気管支に炎症がおこることで
喉に痛みが発症
します。

ウイルスはインフルエンザウイルス、アデノウイルスなどさまざまです。

扁桃腺は喉の奥にあるリンパ組織で、ここが細菌に感染すると扁桃腺炎となり
喉の痛みもとても強くなります。

喉の粘膜には絨毛があり、細菌やウイルス、外気の汚れを外に出す役割をしており
これが乾燥すると動きが鈍くなりウイルスに感染しやすくなります。

喉の粘膜は湿度40%以下で乾燥が始まります。
つまり秋冬にかけては
喉が乾燥しやすい=喉が痛くなりやすい 季節なのです。

喉の痛みの治し方

喉の痛みを治す方法は様々あります。

■・ねぎを巻いて寝る
ねぎの成分「ネギオール」は、抗菌、殺菌、抗ウイルス作用があり
のどの炎症を抑える役割をします。

またねぎ特有のにおいは硫化アリルという成分です。
これには血行をよくし、身体を温める作用があります。

 □・ねぎの白い部分を10センチほど切って、縦に包丁を入れます。
 □・それが開くまで火であぶり
 □・開いた面が喉に当たるように布でつつんで喉に巻きつけます。



kazenegi



■・大根はちみつ
別名「咳止めみつ」とも言われるほど
喉ががらがらするときに飲むと効果があります。

大根には、アミラーゼ、リパーゼ、プロテアーゼという酵素があり
これらには消化を助け、喉の炎症を鎮める作用があります。

 □・大根をサイコロ状に切り、密封容器にいれます。
 □・そこに水あめか、はちみつを入れます。
 □・冷蔵庫で冷やし、しばらくすると大根から水分が出てきます。
  それを飲みます。お湯に溶かしても効果はあります。

■・マシュマロ
意外ですが、マシュマロはあなどれません。
マシュマロに入っているゼラチンが喉の炎症や痛みをやわらげます。
3,4個試しに食べてみてください。

そのほかに、レモネードを飲む、玉子酒などもありました。
のどの痛みを感じたら、試してみてくださいね。

この動画の 2:15~ 「喉の痛みの治療」について専門家が教えてくれています。





風邪は喉から!予防策と喉の痛みの緩和策

それでは日頃の喉の予防方法を見ていきましょう。

○・お茶でうがいする
 お茶に含まれるカテキンには抗菌作用があるので
 うがいの効果も高まります。

○・塩水うがい
 これも同じです。塩のナトリウムが炎症を緩和させるので
 痛みが生じてからでも間に合います。


仕事中、外出中の喉の痛みを減らす方法

喉の痛みで会社を休むことはなかなか出来ませんよね。
そこで、喉の痛みに即効性のある方法を集めてみました。

◇・首をあたためる
 まずはこれです。
 タートルネックを着る。
 ネックホルダー等でしっかり温める。
 カイロを貼る。

 とにかく首の保温をしてみてください。気持ちがいいはずです。

◇・ツボ
 のどの痛みに効くツボは、天突(てんとつ)です。
 左右の鎖骨を結んだ、中央部のくぼみにあり
 喉仏から指を下げて当たる骨のくぼみ部分をゆっくり押します。

 喉のまわりにはツボがいくつかありますが
 強く押すと苦しくなるので、ゆっくり押してみてください。
 喉仏のまわりを優しくマッサージする感覚です。


nodonoitami



◇・カイロ
 首の後ろと、肩甲骨を結んだ当たりに風門というツボがあります
 「邪気はここから入る」といわれる場所で
 ここを冷やすと風邪をひきやすくなり、温めると治りやすくなります。

◇・そのほか
 喉の痛み予防、早めのケアにはマスク、そしてトローチなどを常備しましょう。
 喉を乾燥させない状態を作ることがたいせつです。

 首周りを冷やすこと、口呼吸、そして刺激物を食べることは
 喉の痛みを誘発し、悪化させることになります。
 気を付けてくださいね。


スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

One Response to “風邪で喉が痛いときの喉の痛みの治し方は?”

  1. […] ウイルスに感染しやすくなります。喉の粘膜は湿度40%以下で乾燥が始まります。つまり秋冬にかけては喉が乾燥しやすい=喉が痛くなりやすい 季節なのです。 引用元-見トク知っトク […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ