市販の風邪薬の選び方 喉や咳に効く薬は?授乳中は?

これからやっかいな風邪の季節がやってきますね。

市販の風邪薬を使って対処する人も多いと思います。
どんな選び方をしていますか?

大切なのは、薬は、治すためのものではなく症状を抑えるもの
という意識をもつことです。

つまり咳がひどいときには、咳の症状を抑えるだけでなく
咳の原因となったものを知ることです。

空調の寒さからきたのか、ハウスダストか、睡眠不足など
思い当たる節はありませんか。原因となるものを除去していくことも大切です。

使用上の注意や、成分表示を読むことはとても大切なことです。
最初は慣れないものですが、自分の身体のために用法や成分は知っておいてください。

Sponsored Links

市販の風邪薬を選ぶ時のポイント

市販の風邪薬を選ぶ際には、以下のことに気を付けます。

□・薬剤師に相談すること。
□・その際、アレルギーはあるかどうかをつたえましょう。
□・38度以上の発熱がある場合、医療機関を受診しましょう。

□・授乳中は注意が必要!


 女性の方で市販の風邪薬で気になるのは、授乳中に服用して大丈夫かどうかです。
 まずは、病院で相談すること、もしくは薬局では薬剤師に相談することが
 一番安心です。単に飲んでいいか悪いかだけではなく、服用から授乳までの
 空ける時間などのアドバイスももらえます。


この動画で、岐阜県の大薮診療所の石黒裕一郎院長が
エスタック総合感冒かぜ薬の成分解説をしてくれます。

「エスタック総合感冒 総合かぜ薬の解説」




症状による薬の選び方・鼻水

鼻水が出る場合、アレルギーか風邪なのか、判断がむずかしいところです。
透明の鼻水だけなら、鼻炎用の薬に効果があります。
まずは薬の外箱部分に「鼻関連の項目」がかいてあるものを選びます。

○・くしゃみ、鼻水など
抗ヒスタミン剤が入っている薬で、鼻の炎症やアレルギーを抑えます。

主な成分
マレイン酸クロルフェニラミン
ジフェンヒドラミン
フマル酸クレマスチンなど

○・鼻 その他の症状
鼻水の分泌を抑えます。

主な成分
ベラドンナ総アルカロイド
ヨウ化イソプロパミド

○・どろどろの鼻水はご用心!
黄色いどろっとした鼻水は副鼻腔炎の可能性が高いです。
子供の場合、中耳炎になっていることもあるので、耳鼻科を受診しましょう。

■注意点
鼻水を抑える薬には、眠たくなる副作用があります。
今は、スイッチOTC薬剤という処方薬から市販薬になったものが増えており
選択肢が広がりましたが、それでも眠くなる成分は多少なりとも入っています。

鼻水を抑える薬を服用した場合は車の運転は控えます。

また、アレルギー性鼻炎の場合は、鼻だけではなく目の対処も必要になることがあります。
アレルギー性結膜炎の目薬の使用も視野に入れましょう。


薬



症状による薬の選び方・咳

咳にもいろいろあり、痰がからんだ咳と
コンコンと乾いた時の咳とでは、対処方法が違います。

代表的な咳止めの薬は、リン酸コデインやリン酸ジヒドロコデインなどの
中枢性鎮咳薬といって中枢神経に働きかけて咳を止める薬です。

この場合喘息などの咳には効果は少ないので意味がないでしょう。
そして咳に痰が絡む場合は、咳を止めてしまうと痰が出せなくなり
かえって逆効果というケースもあります。

痰が絡む咳の場合は、咳止めよりも水分を多く摂るほうが良いでしょう。

○・咳
中枢神経に働きかけて咳を鎮める作用があります。
ぜんそくなどの痰がらみの咳には効果はあまり期待できません。

主な成分
リン酸ジヒドロコデイン
リン酸コデイン
臭化水素デキストロメトルファン
塩酸ノスカピン
クエン酸チペピジン(こちらは去痰成分もあります。)


「市販薬 咳止めお勧めランキング」の動画です。




症状による薬の選び方・痰

痰を絡まりにくくしたり、外に出したりすることで
咳がおさまる場合が多々あります。

主な成分
塩酸ブロムヘキシン
カルボシステイン
など

痰がからまる咳の場合、水分補給が薬よりも大切だと言われています。
またはちみつをなめたり、白湯や、梅干しと番茶を服用したり
することで効果があるのでとにかく水分補給を考えましょう。


症状による薬の選び方・喉の痛み

喉が痛いとつらいですね。喉の痛みと同時に熱が出たり
喉が腫れて声が出なくなる時もあります。

季節の変わり目や、急に冷え込んでくるような季節には
うがいや手洗いが予防になります。

○・のどの炎症を抑える
炎症を抑え、出血を防止し、膿(うみ)を溶かす作用があります。
細菌の感染を予防する効果もあります。

主な成分
塩化リゾチーム 

○・のどや口の中を殺菌消毒する
うがい薬やトローチなどの薬用ドロップに含まれる成分です。

主な成分
ポビドンヨード
塩化ベンザルコニウム など


「市販薬 口腔内消毒殺菌薬お勧めランキング」の動画です。



   
以上、市販薬をいくつか挙げてみましたがいかがでしたでしょうか?
風邪かな?と思ったら、まずうがい手洗いを心がけてください。

市販薬で症状を抑えることも必要なことですが
身体を温めて早めに休むことです。

風邪をひくと3日は調子がうまく出ず、日常生活に影響もありますよね。
普段からうがいや手洗いを励行することで、風邪をひかずに済んだり
軽く済んだりしますよ。


スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ