痛みを伴う皮膚病「帯状疱疹」とは?

みなさんは帯状疱疹を御存知でしょうか?

ウイスル感染症の一つ
非常に強い痛みを伴うことで知られる恐ろしい皮膚病です。

患部は赤い湿疹と小さな水疱が出現し
とても痛々しいです。

帯状疱疹にかからないためにできることはないのでしょうか?

詳しい症状とともに紹介したいと思います。


Sponsored Links

帯状疱疹と水疱瘡との関係

水疱瘡は子供に多く見られる症状で
だいたい1週間ほどで治ってしまいます。

しかし、そのウイルスが体内から消滅した
というわけではないようなのです。

なんとウイルスは体の神経節に隠れ
復活の時を待っているのです!

何十年も潜伏し、免疫力が低下した時を狙って
ウイルスは復活
します。

これによって帯状疱疹が発症するということのようです。

免疫力が低下する原因は
ストレスやケガ、過労、高齢化など。

身心が疲れている瞬間をウイルスは狙っています。

よって、これらを防ぐことが帯状疱疹を防ぐことになるのですが
現代社会に暮らす我々にとって避けられないものばかり。

とくにストレスは大きな原因になるようで
50歳以上に多いとされていた発症者は
最近では20〜30代の若者にも見られるようになっています。

予防するには規則正しい生活を送ることが大事です。

これぐらいしか予防の手段がありません。

小さい頃に水疱瘡に罹った経験がある方は気をつけてください。



帯状疱疹の症状とは


taijouhoushin


症状は静かに進行していきます。

1週間ほど皮膚にチクチクした痛みが起こり
次第に赤い湿疹ができてくるのです。

それが水疱となって帯状に広がっていくのです。

症状は胸部や背中、腹部によく見られますが
顔や手足に湿疹が出来る人もいるそうです。

帯状疱疹の特徴は、体の左右のどちらかにしか症状が現れないこと
1度に2箇所以上の場所に現れることがないことです。

なんだか不思議ですね。

症状は3週間から1ヶ月ほど続き
水疱がかさぶたになることで治まります


衣類に触れるだけで痛みを感じるほどの激痛を
1ヶ月も耐えなければいけないなんて大変です。

水疱瘡の経験がある方には
本当に気をつけていただきたいと思います。

しかし、ちゃんと薬はあります。

アシクロビルなどの抗ウイルス剤が特効薬となり
短期間での回復が期待できます。

早い人なら1週間ほどで水疱がかさぶたになってくれるようですので
帯状疱疹の症状が出てきてきた人はすぐに皮フ科に相談してください。

以上、帯状疱疹について紹介しました。

水疱瘡の経験がある人は要注意!
予防するには規則正しい生活を送ることがなによりも大事です!



スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ