日焼け止めクリームの使い方は?おすすめは?

薄着の季節になると気になってくるのが「紫外線」です。

紫外線を肌に浴びると日焼けを起こし
皮膚がんの原因にもなると言われています。

ですから紫外線が強い季節は対策をしなくてはなりません。

日傘や帽子も効果的ではありますが
すべての紫外線を防げるわけではないので
基本的には日焼け止めクリームを使用するのが良いでしょう。

日焼け止めクリームの使い方や
人気の商品についてご紹介します。


Sponsored Links

紫外線や日焼けにも種類がある

「紫外線(UV)」は地球に到達する太陽光線の中で
波長が短くエネルギーの高い光のことです。

紫外線にはUVA、UVB、UVCの3種類がありますが
もっとも危険なUVCは地球の大気を通過することができないので
ほとんど地表には届きません。

また、紫外線を肌に浴びると日焼けを起こしますが
日焼けには次の2種類があります。

 ■・サンバーン
  紫外線を浴びた直後に現れる「赤い日焼け(紅斑)」のことです。

  ひどくなるとヒリヒリしたり、水ぶくれができたりします。
  また、サンバーンの原因はUVBです。

 ■・サンタン
  サンバーンが消失した数日後に現れ
  数週間から数ヶ月続く「黒い日焼け」のことです。

  こちらはUVAによって起こる日焼けです。

人によって赤くなりやすかったり黒くなりやすかったり
日焼けにはさまざまなタイプがあります。


日焼け止めクリームの使い方とは?

南北に長い日本では、南にいくほど紫外線量が多くなり
札幌と那覇では実に約1.5倍の差があります。

紫外線は暑い夏に多くなると思われがちですが
5月ごろから増加していき、9月までは特に多い状態が続きます。

したがって、ゴールデンウィークなどで外のレジャーに出かける場合は
夏場と同じくらいの紫外線対策をする必要があります。

shigaisenhiyake

日焼けを防ぐには、さまざまな方法があります。

紫外線が強い時間は外出を控えたり、帽子や日傘を使ったり
抗酸化作用が強い食品を摂取したりなどが上げられますが

もっとも日焼け対策として一般的なのは
「日焼け止めクリーム」です。

日傘や帽子の場合は、直射日光による紫外線を防ぐことはできますが
空気中で散乱したり反射したりする紫外線の影響は受けてしまいます。

したがって、日傘や帽子での対策と併せて
日焼け止めクリームを上手に使う必要があると言えます。

日焼け止めクリームのパッケージには
SPF」や「PA」といった数値が書かれています。

これらが何を表すのかについて
まとめたいと思います。

 ○・SPF
  UVBを防止する効果の強さを数字で表したもので
  数が大きいほど強力になります。

  ちなみに、日本における最大値は「50+」です。

 ○・PA
  UVAを防止する効果の強さを「+」の数で示したもので
  4個がもっとも強力です。


これらの数値が高いほうが
日焼け止めの効果は高いと言えます。

しかし、効果が高いものは肌への負担が強いので
普段の生活では中程度の効果のものを使用するのが良いでしょう。

また、日焼け止めクリームは汗などで落ちることが多いので
2~3時間ごとにこまめに塗りなおすようにします。

また、正しい量を使わないと効果が不十分になります。

顔の場合、クリームタイプは『真珠2つ分』
     液状タイプは『1円玉2枚分』の量は使うようにします。

スポーツや海水浴のときは水に強い
ウォータープルーフ』のタイプを選びます。


最近の日焼け止めはいやな臭いやベタツキが少ない

最後に、化粧品と美容の口コミサイト「アットコスメ」で評価が高い
オススメの日焼け止めクリームについてご紹介していきたいと思います。

■・ALLIE エクストラUVジェル(ミネラルモイスト)N
  SPF50+、PA++++で
  効果が最高クラスの日焼け止めです。

  高いUVカット効果があるものの
  ジェルがみずみずしいので肌に潤いを与えます。

  また、1本で美容液・下地・UVカットの役割を果たすので便利です。

  ウォータープルーフタイプなのに専用クレンジングが不要で
  通常の洗顔料やボディーソープで落とせるのもうれしいポイントです。

  私も夏に外を長時間歩くときは、この製品を使っています。

■・ビオレ さらさらUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス
  高い日焼け止め効果を持つのに
  首や腕にもさらっと塗れる日焼け止めクリームです。

  専用クレンジングが不要で
  水のように軽い使用感が特徴です。

  日焼け止めクリームにありがちな「ベタツキ感」がないので
  私はこちらをずっとリピート買いしています。

  買い物など、日常生活で外出する際に愛用しています。

  biore

以前は、日焼け止めクリームというと「白残りする」とか
「ベタベタする」などのマイナスイメージがありました。

最近ではそういった点が改善されています。

日焼け止めクリームを上手に使って
夏の紫外線対策を万全にしましょう!






スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ