花粉症対策グッズ おしゃれなメガネの効果は?

春はウキウキする季節ではありますが、
花粉症の方にとっては辛い時期ですね。

花粉症患者の大半はスギ花粉に悩まされていますが、
ヒノキブタクサなどの花粉が原因の場合もあります。

花粉症の薬はドラッグストアで買えます。
でも、病院や薬に頼らずに花粉症の症状を抑えたい
という方もたくさんいます。

そういった方のために自分でできる花粉対策について
まとめていきたいと思います。

最近では花粉用メガネやマスク
おしゃれなものが出てきています。

こういったものも上手に利用することで、
憂鬱な季節が少しでも楽しくなればと思います。

Sponsored Links

花粉が鼻や目の粘膜に付着することによって始まる

花粉症の原因はスギ花粉であることが多く、
花粉症患者の約7割であると言われています。

このほかにも、ヒノキやシラカバなどの樹木、
ブタクサ、ヨモギなどの草花の花粉も
原因物質として挙げられます。

なぜスギ花粉症の方が多いのでしょうか?

日本には広大なスギ林があるため、
生み出す花粉の量も比例して多いからです。
スギ花粉の飛散量が少ない北海道
スギの木がない沖縄県などでは花粉症患者が少ない
です。

さて、花粉症の症状は
どのようにして発生するのでしょうか。

ここでは、そのメカニズムについて
簡単にご紹介したいと思います。

花粉症の発生メカニズム
●1・花粉が人の鼻や目の粘膜に付着。

●2・粘膜にある免疫関連細胞(リンパ球)が
  花粉を異物(抗原)として認識し
  抗体が作られる。

●3・再び花粉が粘膜に付着する。
  花粉を認識した抗体が細胞を刺激して
  ヒスタミンなどの化学物質を出し
  抗原である花粉を追い出そうとする。

●4・その結果ヒスタミンは鼻粘膜の神経を刺激。
  くしゃみを起こさせ鼻水で花粉を洗い流そうとする。


花粉症はくしゃみ、鼻水、鼻づまりが
3大症状として挙げられますが、
目にかゆみや涙目、充血などが起こることも多いです。


日常生活に気をつけて花粉の予防をしよう!

日常生活に少し気をつけることで、
花粉症の症状を和らげることができます。

外出時や在宅時には、
次のようなことに気をつけましょう。

【外出時】
■・花粉情報をチェックし、
  予定がずらせるなら雨の日や花粉が少ない日を選ぶ。

■・マスクやメガネを着用し、
  花粉の侵入を防ぐ。

■・花粉が付着しやすい素材や、
  洗えない素材の服は避ける。

■・帰宅したらすぐ
  衣類や髪に付着した花粉をはたき落とす。

■・電車やバスに乗るときは、
  花粉が舞いやすいドアの近くや送風口を避ける。

【在宅時】
■・部屋干しを行い、
  洗濯物に花粉がつかないようにする。

■・外に布団を干さず、
  布団クリーナーや掃除機を使うようにする。

■・加湿器を使って湿度を上げ、
  花粉の浮遊を防ぐ。

■・アルコールや刺激物を避ける。

■・空気清浄機を使用し、
  室内の空気を清潔に保つ。


外出時と在宅時にそれぞれ少し気を配りましょう
それだけで花粉症を少し緩和することができます。

『花粉症は気になるけど、
薬を飲んだり病院に行ったりするのはチョット…』
と感じる方は、
こういった点に注意して
日々の生活を送ってみてくださいね。


最近では、おしゃれな花粉対策グッズが増えている

花粉症の対策とし
てマスクの着用は一般的になっています。
メガネを着用する方も多数います。

普通のメガネでも目に入る花粉量を
3分の1くらいにまで減少
できます。

花粉症用のメガネは
さらに花粉をカットできると言われています。

最近では、おしゃれなものや機能的なものが
多数出ています。

ここでは、テレビCMでも有名な
『JINS』を中心にご紹介します。

JINSでは、花粉対策用のメガネが
JINS 花粉Cut』という商品名で発売されています。

花粉を98%カットするという特徴があります。

昨年のモデルよりも
より『普通のメガネ』に見えるようなデザインに改良。
カラーバリエーションも豊富。

キッズモデルは
ラバー素材のフードカバーを付けることで
安全性がさらに強化されました。

春になると花粉と同様に気になる『紫外線』も
99%以上カットしてくれます。
サングラスタイプや度つきタイプもあります。


最近では書店などで
様々なグッズが付いたムック本を見かけることがあります。

花粉症用メガネがセットされた本
も発売されています。

マスクと一緒に使う都合上、
曇らない機能が付いているものも多いです。

そして、度つきを買わなくても良いよう、
普通のメガネの上からかけるタイプもあります。

最近では多くのメガネショップで、
色やデザイン、柄がおしゃれな製品を見かけるようになりました。

マスクに関しても
おしゃれな製品がたくさん出ています。

私は普段あまりお化粧をしないのですが
この季節、外出時は出来るだけ顔を塗りたくります。
意外に顔の痛さ(?)が和らぎます。

クリームだけでも違いますよ。
これ私だけでしょうか・・?

何はともあれ
花粉症用メガネとマスクを上手にコーディネートして、
憂鬱な季節をおしゃれに楽しく乗り切りましょう!



スポンサードリンク



こんな記事もあります


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ