ポインセチア 育て方とプロフィール

♪窓にポインセチアの鉢植え ケーキを切る子どもはキャンドルに 揺れた幻♪

Kinki kidsの名曲「シンデレラクリスマス」の歌詞ですが
赤い花がキレイなポインセチアといえば、クリスマスのイメージが強いですよね。

冬のインテリアのアクセントとして育ててみたいけれど
どういうことに気をつけて育てれば良いの?

ちょっと待って、そもそもポインセチアってどういう植物なの?
という疑問をお持ちの方必見!

知られざるポインセチアの秘密と育て方をわかりやすくお伝えします!


Sponsored Links

ポインセチアに持つイメージは実は間違いだらけ!?

赤い花、クリスマスのシンボル、鉢植えで育てる…。

だいたいの方はこういったイメージをお持ちだと思います。
実はコレ、大間違い!詳しく解説していきましょう。


☆赤い花は葉っぱだった!
赤い花と思われている部分は苞(ほう)と言って
実は葉っぱが変化したものなのです。

じゃあ花はどこなの?
という疑問ですが、花はこの苞の上にちょこんと咲いています。


poinsechia



☆こう見えて木です!
リンドウやシクラメンのような草花ではなく
常緑性低木と呼ばれるものでツツジやツバキと同じ分類なのです。


☆実は寒いのが苦手!
ポインセチアの原産はメキシコや中央アメリカなので
実はとても温暖な気候の地域に生息している植物だったのです。

だから、氷点下まで気温が下がる日本の冬は大の苦手!

ではどうして「ポインセチアといえばクリスマス」
というイメージが定着したのでしょうか?


それにはこういった経緯があります。

時は17世紀メキシコ。
現在のタスコ付近の地域にフランシスコ修道会の僧たちが住みつきました。

彼らはポインセチアの色と咲く時期から「赤はピュアなキリストの血」を表している
として誕生際(クリスマス)の行列に使うようになりました


それから何世紀かの時を経て、品種改良されたポインセチアは
世界中で愛されるクリスマスの代表的な植物となりました。

こうしてイメージが定着したわけですが、やっぱり寒いのは苦手で
0℃を下回るような気温だと葉が落ちてしまいます

しっかりと赤い葉の色をしているのは
短日処理という準備をしているからなのです(後で詳しく書きます)。


☆鉢植えじゃなくても育ちます
宮崎県宮崎市堀切峠の沿道には5万本以上のポインセチアが植えられていて
12月の開花時期にはキレイに色づいています。


poinsechia1



ポインセチアを楽しむために必要な育て方の4つのポイント

選ぶポイントや値段もさることながら、育てる上での注意点も気になるところ。
せっかくのキレイな葉が落ちちゃった!なんて寂しいですものね。


1.色が濃くしっかりしたものを選ぶ
苞が発色し、葉色が濃く、下葉からしっかりした株を選びましょう。

購入時期は秋から冬になります。
価格はおおよそ2000円から3000円程度です。


2.日当たりと気温に注意する
日光が大好きですので、5月から10月頃までは日当たりの良い戸外に置きましょう。

最低気温が15℃を下回るようになってきたら室内に入れ
日当たりの良い場所に置きましょう。

夜間は部屋の中程、暖房の直接当たらない場所に最低温度10℃以上で管理してください。
冬に葉を落とすこともありますが、枝が緑色をしていれば心配いりません。


3.水やりは鉢底の土が乾いてからたっぷりと
花が咲いている時期の乾かしすぎは良くありませんが
水を与えすぎると葉が黄色くなり根腐れを起こしてしまうので、注意が必要です。

ポインセチアの管理方法についての詳しい動画はコチラ。

園芸家の杉井志織さんによるポインセチアの育て方です。
水やりや日照時間、シーズンオ­フの管理方法を解説します。





4.来年も楽しむために
暖かくなった5月上旬に、一回り大きな鉢に
赤玉土(中粒)と腐葉土を等量の用土へ植え替えをし、戸外で管理します。

植え替え後すぐに各枝葉を2枚程度残して剪定を行いましょう。
大きくしたい場合には苞葉のみ剪定します。

生育中の水やりは1日1回行いましょう。
5月から9月の間に化成肥料や油かすなどを2~3回施します。
さらに水やりを兼ねて液肥(1000倍液)も与えましょう。

上手に育てることができればキレイに大きくも!


poinsechia2


スポンサードリンク



こんな記事もあります


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ