七五三お参り 着物のレンタル予約はいつ頃?料金相場は?

7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝って神社などにお参りする「七五三」

最近では多くの家庭で写真撮影お参り食事会の3つを行うようです。

ここでは、七五三に関する色々なトピックスについて
まとめていきたいと思います。

子供はもちろん、両親の服装についても少しお伝えします。

また、着物をレンタルする時期はいつ頃がいいのか
レンタルの相場はどれくらいか、などの注意点などについても
ご紹介していきます。

Sponsored Links

七五三お参りの行事の由来は?

「七五三」とは、7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う
日本の行事のことです。

七五三の由来は1681年に徳川綱吉の長男の健康を祈って始まった
とされる説が有力です。

11月15日に神社などに詣でる行事であり
現代においては日本全国で盛んに行われています。

そして、それぞれの年齢を祝う由来は、以下のようになります。


shichigosanomairi


・3歳「髪置(かみおき)」:男女ともに行う儀式で
            この日を境に髪を伸ばし始めました。

・5歳「袴着(はかまぎ)」:男児が初めて袴を着ける儀式でした。

・7歳「帯解(おびとき)」:女児がそれまで着用していた幼児用の付紐をやめ
            大人用の帯を締める儀式でした。

また、七五三に欠かせないものとして「千歳飴(ちとせあめ)」があります。

これは、長寿の願いを込めて細長くなっていて
縁起が良い紅白それぞれの色で着色されている飴です。

そして、千歳飴が入っている袋には、鶴亀や松竹梅などといった
縁起の良い絵柄が描かれています。






七五三の着物 子供だけ正装でなく両親もフォーマルな装いでバランスを

続いては、最近の七五三の傾向について具体的に
ご紹介してきたいと思います。

まず、兄弟姉妹がいる場合は
年齢にこだわらずに一緒に七五三を済ますことも多いです。

当日の流れとしては、まず家族で記念撮影を行い、神社で参拝します。
その後、祖父母なども一緒に外で食事をするというのが一般的です。

そして、子供の服装としては、着物が一般的となります。
また、洋装の場合はほかの行事(入学式など)に着られるものを
新調するケースが多いです。

そのほかには、別の日にドレスやタキシードなどを着て写真撮影を行い
当日のお参りに着物で行くという場合もあります。

また、子供が着飾っているのに
それに付き添う大人がカジュアルな服装では違和感があります。

そのため両親などは、和装なら無地の着物、洋装ならスーツなどを着用し
フォーマルな装いを心がけましょう。






七五三の着物 レンタル予約はいつ頃?料金相場はどれくらい?

それでは最後に、七五三の「レンタル衣装」について考えていきます。

もちろん、兄弟が多い場合は購入しても良いのですが
保管の手間や予算などを考えて、レンタルを選ぶ方が多いようです。

相場としては7000円程度が多いようで
写真館で借りれば割引を受けられることも多いです。

また、予算を抑えたいならば「時期をずらす」のも得策です。
着物のレンタルは11月の土日がもっとも高くなります。
11月を避ければレンタル衣装がお得です。

したがって、前撮りを早めに行い、お参りも10月にずらせば
選べる着物の選択肢も増えますし、予算を抑えることも可能です。

ところで、多くの方が悩むのが「いつ予約するか」という点です。

成人式の振袖などは、2年も前から予約する方もいるそうですが
子供の場合はすぐにサイズが合わなくなりますので
あまり急いで予約しないほうが良いと思います。

お正月あたりから予約する家庭もありますが
新聞のチラシやDMなどが届いてからでも遅くないと思います。

6月ごろの予約でも十分間に合うと思います。

七五三は11月15日に祝うのが一般的ではありますが
11月はかなりの混雑を覚悟しなくてはなりません。
したがって、時期をずらしてお祝いするのも良いと思います。

また、七五三は昔は子供が生きながらえるのが大変だった時代に
子供が三歳まで生きた
五歳まで成長した
七歳まで大きくなってくれた
という神仏へのお礼と、これからの健やかな成長の祈願
お祝いをするものでした。

ですから、余裕のない時に無理に衣装や写真にお金をかけなくても
普段より少しきちんとした衣服で神社にお参りしたらいいのです。

写真はスナップ写真で大丈夫です。
その時に必要な経費は、ご祈祷してくださる神社への
初穂料5000円ほどあれば十分です。

神社によってきめられているところもあるようです。
予約の連絡をするときにあわせて聞いておくといいでしょう。

ご縁があって授かった子供のお祝いにお金をかけられるご家庭なら
その範囲で十分お祝いしてあげてください。

子供の成長は何物にも代えがたいものですから。
本当におめでとうございます




スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ