中学生の勉強法

小学生の時に比べ
格段に難しくなるのが中学校の勉強です。

内容だけでなく、教科も今までに比べ増えますので
油断をしているとあっと言う間に
高校受験の時期に
なってしまいます。

中学生はどのような事に気をつけて勉強すればよいのか
普段の勉強と受験対策についてお話しします。

Sponsored Links


一年生の学習

中学のできるだけ早いうちに身につけなければならないのが
学習する習慣です。

学習する習慣を身につけることで
勉強に慣れ、必要な事柄を覚えることができます


これは特に数学の計算問題や英語や国語の勉強にあてはまります。

それは、やり方を憶えるより練習量を多くすることで
計算力や読解力が上がるからです。

なぜなら、単純な暗記に限ると
人間は記憶したものを1日で約70%忘れてしまいます。

ところが記憶した内容を繰り返し学習することで
忘れる率が大幅に低くなるのです。

ですから英単語や漢字は毎日練習することで忘れにくくなっていきます。
計算練習や暗記などは単純でつまらないと感じやすい作業ですが
習慣になってしまえば意識せずに続けられるものです。

そしてその次に身につけなくてはならないのが
理解するということです。

繰り返して練習するよりも、さらに知識を忘れにくくするのが
この理解するということだからです。

そのためにただ暗記するのではなく
常になぜそうなるのかを考えるようにしましょう。

理由がわかれば納得ができ、納得して憶えたものは単純な暗記とは異なり
忘れる率が大幅に低くなります。

特に中学生から高校生にかけて脳の発達段階が
単純な記憶から理解し納得する記憶へ 移行して行く時期なので
理解し納得する学習は非常に合理的で効果のある勉強法なのです。

さらに、丸暗記は単純でつまらない作業ですが
理解し納得する学習が身につくと達成感があって勉強の面白さがわかってきます。


cyugakuseibenkyou1



二年生の学習

基本は、一年生の時と同じく、繰り返し学習に慣れ
理解に基づく暗記に特化すること
です。

そろそろ受験を見据えた学習も必要になってきます。
志望校を具体的に考え
その志望校に推薦で行くのか受験で行くのか

また受験する場合
内申点の割合がどのくらいあるのか
を知っておくのが非常に重要になります。

内申点が重要視される高校もしくは、推薦で高校入学を目指す場合
国語や数学と言った学習教科だけでなく、音楽や体育の評価も重要になってきます。
そちらも力を抜かずに頑張る必要があります。

そして、入試に必要なまとめノートを書き始めると良いでしょう。
一年生の時に習ったことも、教科書とノート
そして参考書などの資料も参考にして
受験対策まとめノートを作っていきましょう。

そして、理解できていないところが見つかったら
早めに先生に聞いておきましょう。

まとめノートがじょうずに作れない人は
初めは一年生と二年生の時に書いたノートを映していくだけで構いません。

そのうちに、ノートを少しまとめてみたり
読んでみて分かりにくいところを補足したりすることで
だんだんまとめノートができてきます。

じょうずにできない、と試行錯誤して時間を浪費するよりも
とにかく手を動かして書いていきましょう。


cyugakuseibenkyou



三年生の学習

中高一貫校である場合は、高校受験がありませんので、一年生二年生と同じく
反復学習と単元のまとめノートの作成を継続することが重要です。

ですが、中高一貫校ではない場合は、高校受験が必要になりますので
二年生が終わるまでに仕上げたまとめノートを使いながら
受験勉強の総仕上げをしていきます


英語
文法を整理して、教科書の例文を暗記します。

数学
基本的な公式はまとめ、問題練習をします。

理科も同じく
教科書をまとめ、基本問題練習を仕上げます。

国語
文法をまとめ、詩の表現技法や古典の言葉を暗記しましょう。

社会
理科と同じく教科書をまとめ、基本問題練習をします。

とにかく徹底的に自分の不得意な分野を見つけ出します。 
夏休みには、理解できている部分の練習を徹底的にやります
そして完全に自分のものにしたら、不得意なところの克服に移ります。

一番簡単な文章題からはじめて、少しずつレベルを上げていくように
問題練習をやっていけばたいていが解けるようになります。

このとき大切なのは不得意なところの直前
土台の部分をしっかり固めておくことです。

分からない問題が出てきたら、自分が分かっている個所までもどって
もう一度徹底的に練習することが重要です。

そして、二学期以降は、とにかく問題に当たります
試験本番の時に見たことがない問題が出ないよう
とにかく色々な問題を網羅するようにします。

高校受験に向けた計画的な勉強をするために
中学一年生の時点から心がけましょう。

上記で説明したように、苦手克服よりも
分かっていることを固めることから着手すれば
効率よくレベルをあげることができます。


スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ