卒業式の服装にお悩みの保護者の方に

冬が終われば、出会いと別れの季節「春」がやってきます。
お子様をお持ちの方の中には、卒業式の予定がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

卒業式にはたくさんの人が参加しますから、服装気を使う方も多いことだと思います。

そんな方のために、卒業式にはどんな服装をしていけばいいのかをお教えします。


sotsugyoushiki3


保護者はスーツが王道中の王道

 あくまで主役は子供たち 大手アパレルメーカーでは卒業式用の保護者向けスーツが販売されているのですが、わざわざ新しいスーツを買うのは気が引けますよね。

既に持っているもので済ませたいというのが本音なのではと思います。

卒業式は華やかな儀式ではありませんので、余り色の目立つスーツは憚られます。
黒系のスーツが王道ですね。

ワンピースにジャケットを合わせたり、パンツスーツなど、合わせ方は人それぞれといった感じです。

また、卒業式はたいてい体育館で行われますが、春の体育館は寒いです。
あまり薄着だと体調を崩してしまうかもしれません。

下着を長袖にしたり、ひざ掛けを持ち込んだりして寒さ対策を忘れないようにしてください。

寒さ対策としてコーヒーやお茶を飲むのは避けましょう。
カフェインの利尿効果が寒さと相まって大きな効果を発揮します。

トイレが近いとはいえ、立つと目立ちますからね。


子供の服装は基本制服

制服のある学校の卒業式は基本的に制服で行われるようです。
この場合は服装に気を使うことはなさそうですね。

しかし、小学校や私服の学校ではこうはいきません。
ただ、どの学校でも服装は似たようなもので、長ズボン・Yシャツ・ネクタイ・ブレザーもしくはベストが一般的。

これらはわざわざ買い足さなくても家にあるようなものばかりですので、出費にはつながらなさそうです。

長年しまい込んでいたブレザーなどはクリーニングに出してから着用するのが無難でしょうね。

また、靴は革靴などを用意する必要はなく、学校指定の上履きでかまいません。


以上、卒業式の服装について紹介しました。少しでも参考になれば幸いです。

また、服を買い足す必用がある場合はヤフーオークションなどのオークションサイトを利用すると安く済みますのでおすすめです。

Sponsored Links

スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ