厄年に結婚や出産って縁起が良くない?

なんとなく縁起が悪そうな「厄年」。
あんまり身近に感じていない人も多いと思います。

ですが、出産の時期や結婚の時期に重なると
縁起が良くないのではないかと気になってしまいます。

実際は、避けた方が良いのでしょうか。
厄年と出産、結婚の関係について見てみましょう。

Sponsored Links


厄年の意味や由来は?

厄年とは、
男性は数え年、つまりその年になる年齢に1を足した年齢で
4歳、13歳、25歳、42歳、61歳に当たる年です。

女性も同じく数え年で
4歳、13歳、19歳、33歳、37歳、61歳に当たる年の事です。

特に男性の42歳と女性の33歳は大厄と言い
神社などで祈祷をしてもらう人も多いです。

お正月に初もうでに行き、神社に大きく今年の厄年について書かれた
立て札を見たことがある人も多いと思います。

この厄年とは、人生において病気にかかりやすい時期
もしくは体調や環境が変わりやすい時期を表しているとも言います。

病気にかかりやすい時期を前もって示しておくことで
自分で体調管理などを普段以上に気をつけるように戒めたものだともいわれています。

4歳と13歳と、子どもの時期に二つも厄年があるのは
昔は現在より医学が未熟で衛生状態や栄養状態もよくなかったので
子どもの時に死んでしまうことも珍しくはなかったからです。

それを厄のせいと考え、幼い時に二回も厄年があるようになりました。

4歳前後と13歳には、七五三や十三参りなどで神社にお参りに行くのも
この厄を払う意味合いがあります。

そして、男性の25歳は、今も昔も自立し始める時期とも言えます。

大人になったと言う気持ちから
悪いことへも手を出してしまいがちな年齢と昔から考えられていました。

軽率な行動により命だけでなく信頼も落としてしまうことを戒めるために
25歳に厄年を設け、頭を冷やして考えるように諭す意味もあるそうです。

42歳は今も昔もいわゆる男盛りの時期です。
社会的な地位もあり、ストレスも責任も多く肩に掛かってくる年齢です。

この年に大厄があるのも、男性として最も忙しい年齢なので
神社にお参りする時間を持つことで、自分を見つめ直すという意味があります。

最後の61歳は還暦にも当たり、社会的な役を降りる年齢でもあります。
生活が一変するこの時期に厄年であることで
今一度、自分に注意を払うようにという意味です。

女性については、19歳は妊娠や出産に向けて体が整う時期でもあります。
厄を払って子育てなどの準備に向けます。

33歳や37歳は、女性が一番忙しい時期です。
子どもを産んだり育てたりで、自分を全く振り返る時間のない時期でもあります。

この時期に神社にお参りをする時間を持つことで
自分自身にも気を配るようにすることができます。


yakudoshi



厄年に結婚するのは良いですか?

厄年というのは、元々、病気や体調不良になりやすい
もしくは忙しさやストレスなどで自分を構う時間がないから
自分を振り返って見ると良い年齢という意味です。

ですから、厄年は縁起が悪い年という意味ではないので
結婚などの慶事があることも問題がありません。

むしろ、結婚によって人生が大きな変化を迎えることで
厄が落ちるつまりリセットされるので却って良い時期だと言うこともできるのです。

結婚に向けて、今までの良くない習慣を改め、神社にお参りするなどして
厄落としの時間を設けることは、さらに良い結果になると言えるでしょう。

人生において、人と人との出会いやつながりは、非常に重要なものです。

その素晴らしい縁を、「厄年だから」という理由で断ち切ってしまうのは
全く意味のない行動ともいえるのです。


yakudoshi1



厄年に出産するのは良いですか?

結婚と同じく、厄年というのは縁起が悪い年という意味ではありませんので
出産ももちろん何の問題もありません。

新しい生命を生み出すことで、自分自身も新しく生まれ変わりますので
出産することで厄払いになると考える人もいます。

江戸時代には、厄年に男の子を産むと縁起が良いと言われていたほどです。


yakudoshi3




厄年は縁起が悪い年齢という意味ではなく
自分自身の体調などの変化に気をつける年ということを理解すると

厄年だから、何かをしてはいけないのではなく
厄年こそ多くの事にチャレンジすることができることに気付くと思います。

出産や結婚などの、人生の嬉しい節目を、心身ともに健康な状態で迎えたいものです。



スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ