干支とは?干支ですぐ年齢が分かる早見表付き

十二支は、私達の日常生活において馴染みがあるものです。

しかし、十干まで組みあわせた十干十二支、六十干支
とも言われる干支となりますと、少しばかり縁が遠いように感じます。

2015年の干支は羊です。
しかし、そもそも干支とはなんでしょうか?

由来をみてみましょう。
干支ですぐ年齢が分かる早見表も用意しました。

Sponsored Links


干支の由来

干支(かんし・えと)とはなんだろう?

干支は、十干と十二支を組み合わせた60を周期とする数詞で
暦を始めとして、時間、方位などに用いられます。十干十二支とも言います。

干支はすでに商(殷)代に現れており
殷墟出土の亀甲獣骨にたくさんの干支が日付を表すために用いられていました。

もともと干支は、60を周期とする紀日・番号・数字だったのです。
殷代ではこれを「十日十二辰」と呼称していました。

春秋戦国時代に、自然や世界の成り立ちを木・火・土・金・水から説明する
五行思想が起こり、上を母、下を子に見立てて「十母十二子」と呼ぶようになりました。

更に、それを幹と枝に喩えて「十干十二支」と呼び
それを縮めて「干支」という表記が定まった時期は、後漢代からです。


干支のそれぞれの意味

十干の意味
甲は「草木の芽生え、鱗芽のかいわれの象意」
乙は「陽気のまだ伸びない、かがまっているところ」
丙は「陽気の発揚」
丁は「陽気の充溢」
戊は「“茂”に通じ、陽気による分化繁栄」
己は「紀に通じ、分散を防ぐ統制作用」
庚は「結実、形成、陰化の段階」
辛は「陰による統制の強化」
壬は「“妊”に通じ、陽気を下に姙むこと」
癸は「“揆”に同じく生命のない残物を清算して地ならしを行い
   新たな生長を行う待機の状態」

十二支の意味
子は「“孳”で、陽気が色々に発現しようとする動き」
丑は「“紐”で、生命エネルギーの様々な結合」
寅は「“演”で、形をとっての発生」
卯は「同音“冒”に通じ、開発の意」
辰は「“震”、同音“申”に同じ、生の活動」
巳は「“已”に通じ、陽盛の極、漸く陰に移ろうとする所」
午は「忤(さからう)”に通じ、上昇する陰と下退する陽との抵触」
未は「“昧”で、陰気の支配」
申は「陰気の支配」
酉は「酒熟して気の漏れる象で陰気の熟する所」
戌は「同音“恤”であり、“滅”であり、統一退蔵」
亥は「“核”で、生命の完全な収蔵含蓄」


eto



干支ですぐ年齢が分かる早見表

2015年を基準にして
0歳・60歳(乙未)  1歳・61歳(甲午)  2歳・62歳(癸巳)  3歳・63歳(壬辰)
4歳・64歳(辛卯)  5歳・65歳(庚寅)  6歳・66歳(己丑)  7歳・67歳(戊子)
8歳・68歳(丁亥)  9歳・69歳(丙戌) 10歳・70歳(乙酉) 11歳・71歳(甲申)
12歳・72歳(癸未) 13歳・73歳(壬午) 14歳・74歳(辛巳) 15歳・75歳(庚辰)
16歳・76歳(己卯) 17歳・77歳(戊寅) 18歳・78歳(丁丑) 19歳・79歳(丙子)
20歳・80歳(乙亥) 21歳・81歳(甲戌) 22歳・82歳(癸酉) 23歳・83歳(壬申)
24歳・84歳(辛未) 25歳・85歳(庚午) 26歳・86歳(己巳) 27歳・87歳(戊辰)
28歳・88歳(丁卯) 29歳・89歳(丙寅) 30歳・90歳(乙丑) 31歳・92歳(甲子)
32歳・92歳(癸亥) 33歳・93歳(壬戌) 34歳・94歳(辛酉) 35歳・95歳(庚申)
36歳・97歳(己未) 37歳・97歳(戊午) 38歳・98歳(丁巳) 39歳・99歳(丙辰)
40歳   (乙卯) 41歳   (甲寅) 42歳   (癸丑) 43歳   (壬子)
44歳   (辛亥) 45歳   (庚戌) 46歳   (己酉) 47歳   (戊申)
48歳   (丁未) 49歳   (丙午) 50歳   (乙巳) 51歳   (甲辰)
52歳   (癸卯) 53歳   (壬寅) 54歳   (辛丑) 55歳   (庚子)
56歳   (己亥) 57歳   (戊戌) 58歳   (丁酉) 59歳   (丙申)


2015年は乙未

2015年は乙未(きのとひつじ、いつび)です。

陰陽五行では、十干の乙と十二支の未は
それぞれ陰の木と土なので相剋の関係にあります。

上の木が下の土から養分を見えないかたちで吸い上げる形になるので
目に見えない搾取に気をつけるべき年と言われています。



スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ