室内で育てる人気の観葉植物の種類と育て方

室内にグリーンがあると
それだけで気分もすがすがしく豊かな気持ちになれます。

一人暮らしの方など、あまり手入れをする時間がない方にも
簡単に育てられるのも魅力です。

室内で育てられる観葉植物について、見ていきましょう。

Sponsored Links

観葉植物として流通している人気の植物と種類

人気のものを記してみます。
 アイビー
   下に垂れさがる星形の葉っぱが特徴です。
   ナチュラル系の家具に合います。

 菩提樹
   丸い葉っぱと、優美な幹の曲線が魅力です。
   和風なインテリアにも合います。

 オーガスタ
   上に伸びるシュッとした葉の形が特徴的です。
   かなり大きくなりますので
   玄関やリビングのインテリアになります。

 トックリラン
   とっくりのような幹の形が南国らしい植物です。
   こちらもかなり大きくなります。

シュガーパイン 




 シュガーパイン
   葉が小さくてかわいらしいです。
   テーブルや出窓にぴったりの大きさです。

 パキラ
   葉が木陰を作るほど大きくなります。
   幹を編みこんだものもあります。

 ベンジャミン
   葉が生い茂るように育ちますので
   好みの形に整えることができます。 

 ドラセナ
   幸福の木ともいわれます。
   南国らしい雰囲気の植物です。

フィカス ウンベラータ

 ウンベラータ
   葉っぱの形がかわいらしく
   よくカフェとかにおいてあります。
   運気が上昇するとも言われています。

  ガジュマル
   幹がどっしりとして存在感があります。
   こちらも南国らしい雰囲気を作ります。




室内で育てやすい観葉植物

 ポトス
   つる性の植物でとにかく丈夫です。
   ある程度耐陰性もありますが、色を鮮やかに間延びさせないためには
   しっかり日光に当たるところに置いた方が良いです。

   斑入り、ライムなど葉の色が豊富なのも魅力です。

 モンステラ・ミニマ
   モンステラ属の中でも小型の品種です。
   切れ込みの深い葉をつけ、茎はよく伸びます。
   吊り下げたり等、色々な仕立て方ができて楽しいです。

   丈夫で育てやすいが、同属のモンステラ・デリシオサに比べると
   やや寒さに弱いです。
   定期的に葉水を与えるときれいに育ちます。

 スパティフィラム
   株で増えるタイプの観葉植物です。
   水を好み、水切れを起こすと葉が垂れてきます。
   じょうずに育てると、葉も花も増えます。

ガジュマル

 ガジュマル
   入り組んだ幹と気根が魅力の植物です。
   観葉植物としては小さな鉢から
   100cmくらいで育ちますが
   同種の最大個体は樹高が20mを超します。
   日光を好みますので
   しっかりと日に当てましょう。






室内で観葉植物を育てるときの注意点は?

 「水やり」と「日光」と「養分」が基本です。

 水やり
   水切れを起こしたまま放置すると当然枯れてしまいますが
   あげすぎても根腐れを起こして枯れてしまいます。
   表土が乾いたら鉢の底から水が出るほど水をやるというのが基本です。

 日光
   観葉植物の多くは温かい地域の植物です。
   耐陰性のある物でも、しっかりと日光に当てた方が丈夫になり
   樹態も充実します。

   いきなり直射日光を当てると葉やけを起こす場合があるので
   レースカーテン越しやガラス越し程度の日光をしっかりと当てます。

 養分
   養分には速効性、緩効性、遅効性のものがあります。

   基本的には緩効性を陽度に混ぜ込み
   適時液体肥料などの速効性肥料を与えましょう。
   肥料をあげすぎると根が焼けてしまいますので肥料に記載の量を守りましょう。

観葉植物の育て方の動画です。分かりやすくやって見せてくれます。





実例 オリヅルランの育て方


  基本通りに
  土の表面が乾いたときに水をあげます。
  乾いていないうちにあげると
  根腐れを起こすので注意
しましょう。

  観葉植物の中でも日陰に強い植物ですが
  日光に当てた方が丈夫に色濃く育ちますので
  真夏は明るい日陰に置くようにしましょう。
 
  真夏の直射日光に当てると、葉が黄色くなるので注意しましょう。

根腐れしたオリヅルランの再生の仕方の動画


スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ