賢く便利に電子マネー

日常の買い物や乗り物運賃で電子マネーを取扱う店が増え、使う機会も増えてきました。

いまや交通系のSuicaPASMOや流通系のWAONnanaco、そして楽天グループに入ってその利便性が増えたEdyなどさまざまな種類の電子マネーが流通しています。

1人で複数の電子マネーをもっている人もたくさんいるかもしれません。

waon


電子マネーはどのように便利なの?

まず小銭を出さない便利さだけでなく、使うことによって換金や商品交換などができるポイント付加などがあり、ポイント獲得を目的に使う人も多いようです。

そしてレジなどでお財布からお金を出さずアタフタする必要もない利便性がなによりかもしれません。

しかしながら、お財布からお金を出すという実感がないために、つい使い過ぎてしまうというデメリットも持ち合わせていることも理解せねばなりません。

その上、また残高が不足した際にクレジットカードから自動的にチャージするオートチャージ機能をセットしてしまうと、常にお金が不足することの無い状態になり、財布からお金を取り出すことなく一日過ごすこともできたりするのです。

それだけ電子マネーが使えるお店が増えているということなのですね。

ある調査によると、現金で買い物をするより、電子マネーを利用して買い物をする人の方が財布の紐がゆるいという結果がでました。



電子マネーのデメリットと管理の仕方

この様な電子マネーをつかった生活は非常に便利である反面、「財布の中と相談することがない」ために金銭の管理がとても難しくなってしまします。

電子マネーのオートチャージが多すぎて思わぬクレジットカードの請求がきたなんて経験がある人もいるのではないでしょうか。

これはクレジットカードも同じなのですが、クレジットカードの場合は高額な買い物をする時に使用することが多く、サインや暗証番号が必要になるので、その点で購入に慎重になります。

しかし電子マネーは少額の支払いに使われることも多く、つい気軽に使ってしまい、気が付けば、結構な金額になってしまう可能性があるのです。

それを防ぐには、例えば、金額を決めて定期的にチャージをするという方法があります。

「毎週○曜日に○円」と決め、チャージし、週のうちはその残高でやりくりする様に過ごしてみましょう。

自分の財布からチャージすることによって、使ったという実感が湧きますし、どうしても必要でないものを購入する機会も減るでしょう。

使い過ぎを防ぎつつ、電子マネーの便利さや利点を有効活用するのがポイントになるということですね。



スポンサードリンク



こんな記事もあります


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ