ピクニックに用意する物は?敷物は?どんな準備が必要?

春から秋にかけては行楽シーズンです。

外に出かけて食事をしたり軽い運動をしたりする『ピクニック』は
手軽な行楽として人気があります。

また、『ハイキング』は歩くことを重要視した行楽ですが、
ピクニックでは目的地についてから楽しむのを重視しています。

ここでは、ピクニックに欠かせない持ち物について
ご紹介していきたいと思います。

晴れた日はみんなでピクニックに行く、
そんな休日も良いと思います。

Sponsored Links

ハイキングとは異なり、移動の過程は重視しない

屋外に出て野山や海岸などの自然豊かな場所に出かけていき、
食事をする『ピクニック』。

日本では以前、
『野掛け』と呼んでいました。

ピクニックの特徴は、
弁当・サンドウィッチ・果物など
運びやすい食べ物を持参して、
自然に親しみながら遊ぶことです。

これらの遊びはスポーツなどの本格的なものではなく、
フリスビーや散歩など軽く体を動かす程度だというのが特徴です。

似たような行楽として『ハイキング』があります。

こちらは『てくてく歩く』という意味合いがあり、
行楽地まで徒歩で移動することに重点が置かれています。

一方で、ピクニックではその移動の過程は重視されず、
より純粋に屋外で食事や行楽をすることに重点が置かれています。


ピクニックは事前準備がポイント

ピクニックはで屋外で食事や行楽を楽しむことです。

したがって、事前にしっかり準備を行うことが
ピクニック成功の秘訣だと言えるでしょう。ここでは、

ピクニックの際の持ち物について
書き出してみたいと思います。

・敷物
公園や施設などによっては
ベンチやテーブルが用意されていることもあります。
持参した方が良いでしょう。

・飲食物
行楽地によっては現地調達も可能ですが、
店が閉まっていたり売り切れていたりということもあります。

ピクニックと言えばお弁当です。
余裕があれば作って持参しましょう。

大人数でのピクニックの場合
『主食担当』や『サラダ担当』
『スイーツ担当』など役割を決めて
持ち寄って食べても楽しいです。

お弁当を作る余裕がない場合は
途中のスーパーやコンビニなどで調達するのも良いと思います。

・ティッシュ・ウェットティッシュ
公園には手洗い場もありますが、
汚れてしまったときや怪我に備えて
ティッシュは必需品です。

特に、ウェットティッシュは
食事前におしぼりとして使えます。
とても便利です。

アルコール除菌タイプを使えば
衛生面でも安心です。

・ゴミ袋
ゴミは持ち帰るのがマナーですので
ゴミ袋を複数枚用意しておきます。

・遊び道具
最近では100円ショップなどでも
バドミントンセットやフリスビーなど
外遊びの道具をそろえることができます。

・防寒具・着替え
朝は暖かくても、
昼過ぎから急激に温度が下がることがあります。

ピクニックを快適に楽しめるよう、
パーカーなど脱ぎ着が楽な防寒具を用意しましょう。

小さい子供さんを連れてのピクニックでは、
汗をかいた後の着替えもあると便利です。

・雨具
急に天気が崩れる可能性があります。
折りたたみ傘やカッパなどをバッグに入れておきます。

・カメラ
ピクニックは非日常の体験ですので、
せっかくなら写真に収めたいものです。

自然を背景とした写真は、
後で素敵な思い出になると思います。

ピクニックに最低限必要なものは
このようなものでしょう。

メンバーの年齢層や人数によって
必要なものも変わってきますので
臨機応変に対応しましょう。


素材や大きさ、敷物はどうやって選ぶ?

ピクニックには欠かせない敷物。
最近は色や大きさ、素材のバリエーションが多いですね。
どういったものを買っていいのか分からないとの声も聞きます。

まずは、素材ごとの特徴をまとめます。

・シート
薄い化繊製の敷物で
アニメキャラクターなどが
デザインされているものもあります。

picnicsheet


・マット
化繊シートの間にスポンジやゴム、
シリコンを挟んだ厚みのあるタイプです。

熱が伝わりにくいので、
寒い場所や季節にオススメです。

・起毛・耐熱タイプ
毛布のように起毛しているため
暖かいのが特徴です。

燃えにくいため
『防災グッズ』としての一面もあります。



人数によって敷物の大きさを決めることも大切です。
混雑している場合でも、
1人あたり1m×1mは確保したほうが良いでしょう。

ゆったりしていれば、
1人あたり2畳分ぐらいあると良いと思います。
バッグや飲食物の置き場所も計算しておきます。

大きい敷物はその分かさばったり
値段が高くなったりします。

大人数でのピクニックでは
各自が小さいシートを持ち寄り
繋げて使うと良いでしょう。

最近では収納袋が付いているものもあり
コンパクトに持ち運べるので便利です。

暖かくなってきたので
ピクニックにぴったりの季節になりました。

春休みやGWなどに親しい人と一緒に
自然を満喫してみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ