三ツ石海岸(真鶴) 磯遊び&シュノーケリングはここ! 

神奈川県には「真鶴半島」と呼ばれる小さな半島があります。

ここは漁業や石材の産地として古くから知られていて
半島の先には神奈川県の名勝である「三ツ石」があります。

三ツ石海岸では磯遊び客が多く
夏休みになると多くの人が訪れます。

ここでは三ツ石海岸へのアクセスや
行く際の注意点などをまとめていきたいと思います。

Sponsored Links

真鶴半島の先にある、神奈川県の名勝「三ツ石」

「真鶴(まなづる)半島」とは
神奈川県足柄下郡真鶴町にある小さな半島を指します。

陸上にはマツやクスノキなどの常緑樹の大木
シダ類が生い茂る原生林が残されています。

町の名前は、地図上の形が鶴に似ていることから付けられました。

manaduruhantou

また、アイヌ語で石ころは「マナ」、ゴロゴロは「ヅル」と表現するので
それらが組み合わさったとも言われています。

古くから上質の石材とされる「小松石」」の産地であり
江戸城の石垣や皇族の墓石に使用されていることでも有名です。

また、漁業も盛んに行われてきました。

魚つき保安林のために良質なプランクトンが発生し
木々の陰が魚を休ませるなど、魚にとってストレスが少ない環境が
漁業に適しているとされています。

真鶴半島の先端には神奈川県の名勝地として有名な「三ツ石(笠島)」があり
引き潮の際には歩いて渡ることができます。

半島全体が県立真鶴半島自然公園に指定されています。

三ツ石の海岸を動画で見てみましょう。


いかがでしたでしょうか?
磯遊びをしたくなりませんか。

では次は磯遊びをするときに必要なものについてです。


磯遊びに必要なものとは?

さて、三ツ石海岸では磯遊びを楽しむ方が多く
夏場になると賑わいます。

磯遊びとは、磯場でヤドカリやヒトデといった海の生物を観察する遊びです。
特に必要な道具などはありませんが、履物には注意が必要です。

海に行く際は通常、ビーチサンダルを履く方が多いと思いますが
磯に引っかかって思わぬ怪我をする危険性があります。

そのため、足をしっかりと保護できる履物を用意しましょう。

また、子供の場合は特に、着替えが必需品となります。
何度も水浸しになることがあるので、多めに持っていくのが良いでしょう。

このほかに、バケツや箱めがねなどもあると便利ですので
余裕があれば用意しましょう。

それでは、三ツ石海岸の基本情報についてまとめます。

【問い合わせ先】
真鶴町観光協会:0465-68-1001

【アクセス】
○・公共交通機関
JR真鶴駅→(バス約20分)→ケープ真鶴→(徒歩約15分)→三ツ石海岸

○・自家用車
小田原ICから国道135号線、真鶴道路、県道739号線経由で到着

※三ツ石海岸の近くには「ケープ真鶴」があり、駐車場もあります。
 基本的には無料ですが、夏休み期間は500円となります。






三ツ石海岸に出かける前のチェックポイント

それでは最後は三ツ石海岸の磯遊びのチェックポイント2点です。

三ツ石海岸は森と海の両方を楽しむことができるので
自然を満喫したい方には最適です。

しかし、虫に刺される可能性もあるため
虫除けスプレーなどは持参したほうが良いでしょう。

また、駐車場から歩くため、歩きやすい靴で行くことをお勧めします。


シュノーケリングを楽しむ方たちなど
真鶴半島の三ツ石は一年中遊べます。

三ツ石の海の景色の素晴らしさ!
見上げれば、樹木の大きいこと!

散策だけでも十分楽しめますよ。

JR真鶴駅から三ツ石の海岸に行くまで。
そしてシュノーケリング!の動画です。魚がいっぱい!




スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ