関東地区奥多摩ラフティング・キャニオニングのお勧めは?

東京都青梅市は都内でも有数の行楽地として知られていて
ハイキング目的などで訪れる方が多いです。

また、市の中央を多摩川が流れていて
リバースポーツも盛んに行われています。

関東地区では東京近郊の奥多摩で「ラフティング」と「キャニオニング」
を体験してみたいという方に向けて、服装や持ち物と、概要をお伝えします。

そして関東地区青梅エリアにあるおススメのツアーをご紹介します。

Sponsored Links

関東地区奥多摩でラフティング・キャニオニングを体験する!

「青梅(おうめ)市」は東京都の多摩地域北西部にある市であり
市の形が横を向いたイノシシに見えることが特徴です。

市域のほぼ中央を多摩川が流れ
東京都内でも有数の行楽地となっています。

ハイキングやバーベキューなどを楽しむ方も多いですし
リバースポーツを求めてやって来る方も大勢います。

ここでは、「ラフティング」と「キャニオニング」の2つについて
ご紹介していきたいと思います。

まずは、この2つのスポーツについて概要をご紹介したいと思います。

「ラフティング」とは専用の8人乗りゴムボートに乗り
激流を下るスポーツです。

動画をご覧ください。楽しそうですね。
ラフティングはこんな具合です。





危険が伴いますが、ヘルメットやライフジャケットを装備しますので
初心者や泳げない方でも挑戦することができます。

一方で「キャニオニング」とは、壮大な渓谷(キャニオン)の中で
さまざまな自然体験をすることす。

滝つぼに飛び込んだり、天然のウォータースライダーで
滑り降りたりすることができます。

一般の方がこういったスポーツをするなら
「ツアー」に申し込むのが割安であり安全です。

ここからは、青梅市のツアー会社
「ビッグウェーブ青梅店」のツアーについてご紹介していきます。


ラフティング・キャニオニングツアーの持ち物や服装は?

それではまず、ツアーの案内をします。

期間によって料金などが違いますが
ここでは夏休み期間の料金のみの掲載です。

【ラフティング】 
 7月12日~9月28日
○・ 1~5人:平日7000円、お盆・土日祝8000円、小学生5000円
○・ 6~11人:平日6500円、お盆・土日祝7500円、小学生5000円
○・12~28人:平日6000円、お盆・土日祝7000円、小学生5000円

※午前の部・午後の部で同料金

着替えなども含め、所要時間は約4時間です。

また、当日は水着(下着での代用も可)
短パン、タオル、着替え、濡れてもよい靴を持参しましょう。


【キャニオニング】
「タートルコース」 
 6月下旬~10月下旬
○・平日8000円、土日祝・お盆9000円
  リピーターは1000円引き


動画でタートル・キャニオニングコースの様子を見てみましょう。





※ほかに、「もののけの森コース」もあります。

参加資格は13歳以上となりますので
キャニオニングには小学生の方は参加できません。

また、所要時間は約3時間程度
水着やタオル、着替えが必要となります。

もちろん、ほかのツアー会社ではコースや参加資格
料金などが異なることもあります。

いろいろな会社を見比べて、ニーズに合う会社を見つけましょう。


奥多摩ラフティング・キャニオニングのおすすめツアー!

それでは最後に、予約方法や集合場所への
アクセスについてご紹介します。

【予約方法】
公式HPの専用フォームにて予約を行います。
ビッグウェーブHP http://www.bigwave-okutama.com/

メール到着後に連絡が来ますので
その後料金を振り込んで予約完了となります。

なお、ツアーは雨天決行ですので
キャンセルする場合は規定のキャンセル料がかかります。

【アクセス】
住所:青梅市富岡3丁目1161

自家用車
圏央道「青梅・羽村IC」から約12分






公共交通機関
飯能駅南口から送迎があります。
集合時間の30分前に、ロータリーのサンクス前に
到着するようにしてください。






東京の都心からもアクセス良好ですので
夏休みにリバースポーツを楽しむのもよいのではないでしょうか?


スポンサードリンク



こんな記事もあります


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ