富士川ラフティングツアーに参加するには? 東海エリア静岡

長野県と山梨県、静岡県を流れる「富士川」
日本三大急流」の1つとして知られています。

ここでは、激流を専用のボートで下る
「ラフティング」
が盛んに行われています。

ここでは、ラフティングツアーの料金や参加資格などについて
富士川エリアのツアー会社を例にとってご紹介していきたいと思います。

会社によって詳細が異なりますので、好みに合わせて選んでください。

Sponsored Links

「ラフティングツアー」に参加すれば、手軽で安全に楽しめる

「富士川(ふじかわ)」では激流を専用のゴムボートで下る
「ラフティング」が盛んに行われています


初めて何かをやろうとするとき
いろいろなことをクリアしていかなければなりません。
ラフティングも同様です。

ラフティングではヘルメットやウェットスーツ
ライフジャケットなどの装備が必要
となります。
これらを自分で用意するのは大変です。

したがって、ラフティングを体験する際には
「ラフティングツアー」に申し込むのが一般的です。

それでも事前準備はあります。
心配ごともたくさんあります。

・服装や装備はどうするのか?
・どのツアー会社を選んだらいいのか?
・経験者が同乗してくれるのか?
・1人でも参加できるのか?
・参加料金ははどれくらいか?
・参加要件があるのか?
・あまり泳げないが大丈夫か?
・・・・

など。

ツアーでは必要な道具や装備を貸し出してもらえますし
安全管理や案内をするガイドが同行しますので
安心して楽しむことができます。

日本においては戦後にラフティングが一般的になっていきました。
現在では、全国各地にラフティングツアー会社が多数あります。

しかし、危険が伴うスポーツであることから
単に料金の安さだけで選ぶのは禁物
です。

ツアー会社を選ぶ際に重要となるのが、
「ラフティング協会に所属しているかどうか」という点です。

厳しい審査があり、安全研修も行われるため
こちらに加盟している会社を選ぶと安心です。

ラフティング協会公式HP静岡・山梨エリア 富士川
http://river-guide.org/index.php?id=81


このツアー会社では、小学3年生以上が対象

ここからは、静岡県富士市にあるツアー会社
「レインボークラブ」のツアーをご紹介していきます。

こちらはラフティング協会に所属していますので
初心者の方でも安心してラフティングが楽しめます

【開催期間】
4月~11月下旬

【料金】
7000円

【参加資格】
小学校3年生以上

【集合時間】
午前の部:8時30分
午後の部:13時

【持ち物】
水着
タオル
ウォーターシューズ

(かかとがついている物、スニーカー可、ビーチサンダルやハイヒールは不可)

日焼け止め(必要な方のみ)
メガネバンド(メガネ着用の方のみ)

※ヘルメットやライフジャケットなどはツアー会社が用意します。


ツアー中止時以外は、キャンセル料が発生するので注意!

続いては、予約方法や集合場所へのアクセス方法についてご紹介していきます。

【連絡先】
レインボークラブ
静岡県富士市木島185-2
0544-26-5535
レインボークラブHP http://rainbow-club.org/

【予約方法】
公式HPのメールフォームに必要事項を記入し、送信します。
支払いは、当日現金払いか銀行振り込みとなります。

参加者の都合によるキャンセルや日程変更については
規定のキャンセル料が発生します。

また、ラフティングは原則として雨天決行ですが
天候が極端に悪い場合は中止となる場合があります。

この場合は、後日振り替えまたは全額払い戻しとなります。

【アクセス】
自家用車
ETC搭載車:東名高速道路「富士川スマートIC」から約5分
現金払い:東名高速道路「富士IC」から約20分




公共交通機関
JR富士川駅から送迎あり(要予約)

hujikawatsua-クリックで拡大



富士川エリアでラフティングツアーを行っている会社として
レインボークラブ」をご紹介していきました。

このエリアではほかにもツアー会社があり
料金や参加資格などは異なってきます。

・富士川倶楽部
 富士川倶楽部HP http://www.fujikawa-club.jp/



・本流堂
 本流堂HP http://honryudou.jp/
富士川ラフティングツアーを体験するなら?東海エリア山梨


・ナチュラルアクションアウトドアツアーズ
 ナチュラルアクションアウトドアツアーズHP http://www.naturalaction.co.jp/




・フレンズラフト
 フレンズラフトHP http://www.friendsraft.com/




一緒に参加するメンバーに合わせて
最適なツアー会社を選びましょう!


スポンサードリンク



こんな記事もあります


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ