富士川ラフティングツアーを体験するなら?東海エリア山梨

専用のゴムボートで激流を下る「ラフティング」
19世紀から20世紀前半にアメリカで始まったとされています。

戦後になると日本でも盛んに行われるようになり
現在では全国各地にラフティングツアーを提供する会社が存在します。

ここでは、東海エリア山梨県の早川町にあるラフティングツアー会社
についてご紹介していきたいと思います。

キャンプ場や温泉なども周辺にありますので
ぜひ泊りがけでラフティングツアーに参加してみてくださいね!

Sponsored Links

ラフティングとは?ラフティングツアーの選び方は?

「ラフティング」とは、「ラフト」と呼ばれる専用のボートで
激流を下るスポーツ
を指します。

現在では世界的にも有名なスポーツとなっていますが
ラフティングはいつ始まったのでしょうか?

実は、ラフティングは歴史が浅く、19世紀から20世紀前半に
アメリカのコロラド川で発祥したとされています。

当時は木製のボートを使っていましたが、第二次世界大戦後には
現在のようなゴムボートが使用されるようになりました。

さて、一般の方がラフティングをする場合は
ラフティングツアー」に申し込むのが一般的です。

もちろん、自分で道具を揃えて始めることも可能ですが
安全面や手軽さからすれば、ツアーに申し込んだほうが得策だと言えます。

また、全国各地にはさまざまなツアー会社がありますが
日本唯一の全国組織ラフティング協会に所属しているかどうか
1つのチェックポイントとなります。

加入には厳しい審査が必要であり、安全研修などをたくさん行っていますので
協会所属のツアー会社を選べば安心です。


hujikawaraft



山梨県早川にベースを持つラフティングツアー本流堂

ここでは、ラフティング協会に所属しているツアー会社の中から
山梨県の早川町にある本流堂」をご紹介します。

本流堂のラフティングツアーの動画です。
参加者のみなさんはとても楽しそうですね。





本流堂のラフティングツアーの詳細は以下のようになります。

【開催時期】
4月~11月

【参加条件】
小学生以上(身長110cm以上)の健康な方
※妊婦や飲酒した方は参加できません。

【料金】
6700円(装備一式、保険料など含む)

【持ち物】
水着、タオル、濡れてもよい靴(かかとが固定できるサンダル)

【集合場所】
本流堂ベース

【集合時間】
午前の部:9時 午後の部:13時30分

持ち物については最低限のものをご紹介させていただきました。

基本的には水着の上にウェットスーツを着用しますが
夏場は水着の上に直接ライフジャケットを羽織る形になります。

そのため、日焼けや露出が心配な方は
濡れてもよいTシャツと短パンを用意すると便利です。

【開催場所】
ツアーは天候や川の状況によって
山梨県早川、または富士川です。

富士川と早川の空から映像です。川の地形をご覧ください。





富士川ラフティングに申し込む!集合場所は山梨県早川町

それでは最後に、予約方法や集合場所へのアクセスについてご紹介します。

【予約方法】
原則的に、希望日の2日前までに予約をしてください。
ただし、当日の予約でも参加可能の場合もあります。

電話:0556-45-2225(9時~20時受付)
メール:info@honryudou.jp
WEB:公式サイトの予約フォーム
本流堂HP http://honryudou.jp/tour/rafting.html

天候不順で中止となった場合以外は
1週間前から規定のキャンセル料がかかります。

【アクセス】
本流堂ベース:山梨県南巨摩郡早川町薬袋(みない)378

自家用車
新東名高速「新清水IC」から国道52号経由で早川町まで約1時間





※本流堂ベースは早川町役場からすぐ
「薬袋」という集落にありますが道が分かりづらいです。

そのため、役場についたところで一度電話をすると
詳しく道案内をしてもらえます。

公共交通機関
JR身延線「波高島駅」からタクシーで約20分
JR身延線身延駅→早川町乗合バス「奈良田行き」→「早川町役場前」下車






【周辺情報】
◆・早川オートキャンプ場
早川キャンプ場ご利用案内HP
http://www.hayakawa-camp.com/price.html





◆・早川町観光案内HP
http://www.town.hayakawa.yamanashi.jp/_kanko/view.php?t=0&q=inn
 ・周辺情報&関連リンクHP http://honryudou.jp/link.html

道がわかりにくいので、時間に余裕をもってお出かけくださいね。

周辺には温泉やキャンプ場などもありますので
泊りがけで楽しんでみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク



こんな記事もあります


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ