何がオススメ?新生活パソコンの選び方

進学先や就職先が決まり春からの新生活が
待ち遠しい方も多いのではないでしょうか。

大学生や社会人になると自分専用のパソコンを
購入したいという方もいるでしょう。

いつも家族のパソコンを使っていたなど、パソコン購入に関して
初めての方は不安を覚えることもあると思います。

そんな方のために、ここではパソコンの基本から
カタログなどでよく見る用語、パソコン購入の注意点などについて
ご紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

パソコンの種類と、メリット・デメリットは?

以前まではパソコンの種類といえば、
机などに常設しておく『デスクトップパソコン』と
持ち運び可能な『ノートパソコン』の2つでした。

しかし最近では、これに加えて
タッチ操作ができる『タブレットパソコン』が台頭してきています。

tablet

ここでは、それぞれのパソコンの
メリット・デメリットをお伝えします。

【デスクトップパソコン】

・メリット
画面が大きいので作業がしやすい。
映画や動画などを大きな画面で楽しめる。
ノートパソコンよりも安いので、
同じ予算なら高性能のものが買える。

必要な機能を追加しやすい。
それぞれのパーツが独立しているので、
自分の好みに合わせて周辺機器を選べる。

・デメリット
持ち運びができない。
バッテリーがないので停電のときに困る。

【ノートパソコン】

・メリット
置き場所に困らない。
好きな場所で使うことができる。
バッテリーを搭載しているので
突然の停電でも困らない。

・デメリット
狭い空間にパーツを詰め込んでいるので、熱がこもりやすい。
画面が小さく作業がしにくい。
一体化しているため、修理のときにはパソコンが使えなくなる。

【タブレットパソコン】※『iPad』や『surface』などです。

・メリット
使いたいときにすぐに使える。
持ち運びに便利。
感覚的に操作できるので、パソコンに比べて操作を覚えやすい。

・デメリット
キーボードがないので、
本格的な仕事には不向き。
※一部の機種ではオプションなどで付けられます。

高機能なソフトウェアが利用できない。
限られた周辺機器しか接続できない。


それぞれにメリットとデメリットがあるため、
一概に『このパソコンが絶対オススメ!』
と言えるようなものはありません。

そのパソコンをどのように使いたいかによって、
最適な1台は変わってきます。


カタログや店頭で困らないために!パソコン用語を知っておこう

続いては、パソコンのカタログや店頭表示などに書いてある、
主なパソコン用語について簡単にご説明します。

【OS(オペレーティングシステム)】
コンピューターシステム全体を管理するソフトウェアのことです
多くの方が利用する『Windows』のほかに、『Mac』や『Linux』などがあります。

【CPU】
各装置の制御やデータの計算・加工を行います。

【メモリ】
CPUが直接読み書きできる半導体記憶装置のことで、
コンピューターの性能を大きく左右する重要な装置です。

【入出力装置】
画面の部分が『ディスプレイ』、
文字を入力するのが『キーボード』、
画面上の任意の位置を選択するのに用いるのが『マウス』です。

最近のデスクトップパソコンでは、
これらを有線ではなく無線で接続できる機種が多いです。

【ドライブ】
外部記憶装置を構成する装置の1つで、
記録媒体を読み書きします。

CD-ROMやDVDなど、
自分が使いたい記録媒体に対応しているかを確認しましょう。

【USB】
キーボードやマウス(有線の場合)、
USBメモリ(記録媒体の1つ)などの
周辺機器とパソコンを繋ぐ方式の1つです。

タブレットパソコンでは一部の機種を除いて
USB接続ができません。

【Microsoft Office】
マイクロソフト社のビジネス用ソフトを1つにまとめた製品で、
文書作成の『Word』や表計算の『Excel』などがあります。


大学生は指定のものを、社会人は職種や用途で選択

それでは、最後に新生活用のパソコンを購入する際の
注意点についてご紹介したいと思います。

【大学生】
多くの大学では授業でパソコンを使っているため、
パソコン購入が必須となります。

そして、たいていの場合は
大学側が指定したパソコンを買うことになります。

デザインや色が好みでない、
価格が高いといった理由で、
大学指定のパソコンを買わずに
自分で用意することも可能です。

私の周りにも数人いましたが、
パソコンの設定や操作に慣れていない場合は、
この方法はオススメしません!

大学指定のパソコンの場合、
授業で設定や操作を教えてもらえますが、
違うパソコンだと自力で何とかしなくてはなりません。

また、家電量販店などで売っているパソコンには
『Microsoft Office』のプレゼンテーションソフト
『Powerpoint』が入っていない場合があります。

また、授業で使うソフトが動作しなかったり、
周辺機器が接続できなかったり
などというリスクがあるので注意が必要です。

【社会人】
春から社会人になるという場合は、
職種や用途に応じてパソコンを選びましょう

会社に持って行ったり移動中に利用したりする場合は
必然的にノートパソコンやタブレットを購入することになります。

仕事に使わないのであれば、
用途に応じたパソコンを選ぶと良いと思います。

テレビを視聴したい場合は『テレビチューナー』が搭載され、
画面が大きく綺麗な機種がオススメです。

また、座ってパソコンを操作したいか、
ソファなどで操作したいかなど、
使うシーンをしっかり考えて選びましょう。

春からの新生活、新しいパソコンで
気持ちよくスタートを切りたいものです。

そのためには『パソコン選び』が重要なので、
この記事を参考にしていただけたら幸いです。


スポンサードリンク



こんな記事もあります


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ