NISA(ニーサ)とは?少額投資非課税制度・株はじめ

2014年1月にNISAが始まり、半年が過ぎました
言葉はよく目にするけれど
どんな制度かわからない人も多いと思います。

資産は貯める時代から運用する時代とも言われています。
NISAの制度を知り、うまく利用していきましょう。

Sponsored Links

非課税の制度である!

NISAとは、投資で得た収益が非課税になる「少額投資非課税制度」のことです。
これには毎年100万円まで、そして最長5年間有効という条件があります。

この制度は2014年から2023年までと今のところ、期間限定の制度です。

投資で100万円の投資をして、10万円の利益が出たとします。
課税は20%なので、そのうち2万円は税金、手元には8万円残ります。
つまり結果としては10万円ではなく8万円のもうけとも言えます。

NISAを活用して投資をすると100万円まで非課税なので
10万円がそのまま、もうけ分となります。

個人投資家ならぜひ活用してみたい制度だということがわかります。

NISAはどうやってはじめる?

NISAは、銀行や証券会社(一部の生命保険会社や資産運用会社なども可能)
など金融機関で口座を開くことから始まります

対象は日本に住む20歳以上ならだれでも可能です。

どこで口座の開設をしたらよいのかは悩むところですが
株式売買手数料が安いネット証券を利用する人が昨今増えてきました。

NISAの対象となる金融商品とは?

NISAの対象は、上場株式、株式投資信託、REIT、ETF、などです。

最初の二つはイメージしやすく
もうすでに運用している人も多いと思います。

REITは不動産投資信託のことで、マンションやビルに投資し
その賃料や不動産売買益が還元されるものです。

ETFは東証株価指数など、指標に連動する投資信託のことです。

NISAの条件を知る

◇・NISA口座で投資できるのは、年間で100万円まで!

 株式投資信託なら、1万円前後から買えます
 それ以下でも積み立て投資信託という商品もあります。

 上場株式は大金がないと買えないイメージがありますが
 ミニ株といって、一株単位で買うことができ
 思いのほか少額から投資は出来ますので、この枠を活用したいものです。


◇・投資枠は1年間だけ有効、翌年への持越しは出来ない!

 NISA口座で購入した商品を売却すると
 その分の投資枠は使えません


 100万円のうち、20万円で購入した商品を売却しても
 その年は残りの80万円が投資枠となります。

 また使わなかった投資枠は翌年に繰り越しもできません。
 その年20万円しか利用しなかったとして
 翌年に180万円の投資枠にするということも出来ません。


◇・持てる口座は一人1口座まで

 金融機関の変更も年単位でしかできない。
 (これについては、政府が変更を検討中のようです。)


◇・取扱商品は金融機関ごとに違う。
 
 投資信託は銀行で購入できますが、上場株式や前述のREIT
 ETFは証券会社でしか購入できません。

 金融機関の変更は自在には出来ないので口座開設の際は
 利用する金融機関をきちんと選ぶ必要があります。


◇・期間が終了しても翌年に持ち続けることが出来る。

 NISA口座で購入した商品は非課税期間の5年間で
 必ず売却しなくてはいけないということはありません。

 その翌年の投資枠に移すことで非課税期間がさらに5年間延長されます。
 ただし引き継ぐ金額は100万円まで

 つまり100万円の投資が130万円になったとします。
 売却せずに翌年も繰り越せるのは100万円まで。
 残りの30万円は通常の課税口座に移すか売却します。


結局NISAとはなんだろう

投資枠や、金融機関選びに注意点はあるものの、NISAとは
少額の投資に適用される、投資をより身近にするための制度なのです。

若い人や投資が初めてという人のための制度なので
これを利用しない手はありません。

投資で利益を出すには、まずは、投資に慣れること
そのための支援がNISAなのです。




スポンサードリンク



こんな記事もあります


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ