イチゴ狩り大阪

大阪府は、全国的にイチゴが多く出荷される場所ではありませんが
南北に長い土地柄、南の方では太平洋側の温暖な気候で
イチゴを栽培、イチゴ狩りの実施をしている農園もあります。

どのような種類が栽培され
またどのようなイチゴ狩り農園があるのか見ていきましょう。

Sponsored Links


大阪府で採れるイチゴの種類

大阪府は人口が多いですが
イチゴ狩りを楽しめる観光農園は非常に少ないですので
予約してから訪れるようにしましょう。

制限時間のない食べ放題のイチゴ農園や
イチゴを使ったケーキやアイスクリームが提供されるイチゴ農園など
それぞれの特徴を打ち出した観光農園が多いです。

さがほのか
「大錦」と「とちのか」を交配してつくられた「さがほのか」は
佐賀県で生まれた品種です。

果肉は硬く、円錐形であることが特徴です。
二つに切ると、鮮やかなほどの白い果肉が見えます。
春になり気温が高くなると甘みも増す品種でもあります。

アスカルビー
「アスカウェイブ」と「女峰」を交配してつくられたのが、「アスカルビー」です。
奈良県でつくられ、宝石のようにツヤがあり美しいので
「アスカルビー」と命名されました。

果肉は大きく、瑞々しく、全国にもファンの多い品種です。



oosakaichigogari



大阪府のイチゴ狩り情報

イチゴ狩りに行かれる時は、イチゴの状況や、休園情報を知るためにも
まず電話で確認してからお出かけ下さい。

和泉市
いずみ小川いちご農園
http://kogawa-ichigo.com/
住所:大阪府和泉市仏並町2043 電話番号:0725-92-3232
実施期間:3月1日から5月31日
料金:食べ放題料金 中学生以上1400円、小学生1200円、3歳以上900円
   (全て30分、指定品種あり)

予約:完全予約制、持ち帰りは不可です。
その他:営業は10時から15時です。
    さがほのか、アスカルビーなど8種類を栽培しています。
    大阪府最大の規模の観光農園です。






岸和田市
岸和田観光農園
http://www.kishiwada-f.jp/index.php?data=./data/cl4/
住所:大阪府岸和田市内畑町5068 電話番号:0724-79-2256
実施期間:1月上旬から6月中旬
料金:持ち帰り料金 1パック300g、時価
   食べ放題料金 中学生以上1600円、小学生1200円
   幼児800円、3歳未満無料(時間無制限)

予約:要予約
その他:土日祝日のみの営業。9時30分から受け付け開始で11時開園です。
    閉園は16時です。
    全国的にあまり出回らない女峰が収穫できます。
    併設のバーベキュー施設もありますので、一日楽しめます。






八尾市
Grand Berry
http://www.grandberry.net/gb/
住所:大阪府八尾市恩智北町1-254 電話番号:090-6732-8072
実施期間:1月から5月
料金:食べ放題料金 小学生以上1600円、4歳~6歳1300円、1歳~3歳400円
   (全て30分)

予約:完全予約制。10人以上の来訪は不可。
その他:営業は10時から14時です。
    高設栽培棟が2棟あるので、車いすの型やお年寄りの方にも楽しんで頂けます。






貝塚市
農業庭園たわわ
http://tawawa3081.sakura.ne.jp/
住所:大阪府貝塚市馬場3081 電話番号:072-446-8000
実施期間:1月中旬から5月中旬
料金:持ち帰り料金 350gで500円
予約:要予約。

その他:営業は10時から12時です。
    基本的には園内での飲食は禁止ですので、持ち帰りのみです。
    摘み取ったイチゴはグラムで計って買い取ります。
    そのほかの季節には
    たけのこやブドウやサツマイモなどの収穫と販売も行っています。






堺市
いちごの堺
http://www.ichigonosakai.com/
住所:大阪府堺市北区北長尾町6-2-7 電話番号:070-5347-4115
実施期間:3月中旬から6月中旬
料金:持ち帰り料金 1パック300g、時価
   食べ放題料金 大人3月1600円、4月1500円、5月6月1300円
          小学生3月1300円、4月から6月1000円
          幼児800円(全て30分)
予約:要予約
その他:水土日のみの営業。10時から16時の営業です。
    イチゴがなくなり次第閉園です。
    「あきひめ」と「さちのか」が中心です。






大阪南部にイチゴ農園が集中していますので
お出かけの際は予約して、渋滞に気をつけて行きましょう。




スポンサードリンク



こんな記事もあります


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ