栃木でイチゴ狩りするなら

栃木県は「女峰」「とちおとめ」「とちひめ」「スカイベリー」
といった、誰もがよく知る全国的ブランドのイチゴを多く有しています。

今回の記事においては
栃木県でのイチゴ狩りについての情報をご紹介いたします。

Sponsored Links


栃木県のイチゴの歴史

昭和20年代のこと、栃木県の農家の裏作である麦はあまり儲かるものではなく
栃木県におけるイチゴ栽培の創始者の1人である仁井田一郎氏は
静岡県や神奈川県を訪ね、いちご栽培の資料を入手しました。

仁井田一郎氏は、大消費地東京への出荷に加え
新たに飛行機による北海道への出荷および新潟市場の開拓を行うことで
消費の拡大を図り、成功しました。

栃木では「女峰」が1985年に開発されて以降
栃木を代表するイチゴとして君臨していました。

1996年にはより甘みが強く大粒の「とちおとめ」が誕生しました。
「とちおとめ」は現在、国内でブランド別のシェア第1位を誇っています。






栃木ブランドの「女峰」「とちおとめ」「とちひめ」「スカイベリー」

「女峰」の果実はやや小ぶりですが長円錘形で整っており
甘味酸味共にバランスよく含み、色付きもよく、形が整っているので
デザートの食材にはもってこいです。

しかも、果肉がやや硬めでしっかりとしており、日持ちの面でも有利です。
果実の中まで赤く、ピューレやジャムにした時の色も綺麗に出ます。

「女峰」からつくられた
「とちおとめ」の果皮の色は鮮赤で
果形は「女峰」の特徴を受け継いで比較的整った円錘形をしています。
果実の大きさは大
果肉色は淡紅
果心の色は紅赤
果実の光沢は良
果実の溝はかなり少ないです。

比較的甘味酸味のバランスがよく
果肉も締りがある割に果汁は十分にあって美味しいイチゴです。

香りも収穫後間もないものは甘く強い香りが立っています。

「とちひめ」の果実は
大粒で甘みが強い半面、果肉が軟らかく、とてもデリケートです。
このため、イチゴ狩りや直売用の品種として栃木県内のみで栽培されています。

「スカイベリー」
「とちおとめ」に比べて果実が極めて大きく
外観が優れ食味の良い新品種であり
プレミアムイチゴとして話題になっています。

近年において、一般栽培が許可されるようになりました。


ichigogaritochigi



足利市でイチゴ狩り

仁井田一郎氏がイチゴ産地化を目指した足利市でイチゴ狩りができる農園として
アグリランド株式会社いちご農園を紹介します。
アグリランド株式会社いちご農園 http://www.jaashikaga.or.jp/agriland.html

イチゴの種類は「とちおとめ」です。

利用料については
1月7日から2月28日まで
大人(小学生以上)1400円
幼児(3歳以上小学生未満)750円です。

3月1日から3月31日までは
大人(小学生以上)1300円
幼児(3歳以上小学生未満)650円です。

4月1日から5月6日までは
大人(小学生以上)1100円
幼児(3歳以上小学生未満)550円です。

5月7日以降は
大人(小学生以上)900円
幼児(3歳以上小学生未満)450円です。

先着順に受け付けをしており、予約は不要です。
15名以上の団体については100円引きです。

問い合わせについて、電話は0284-91-0005です。





鹿沼市でイチゴ狩り

日光連山の名峰「女峰山」を望む山紫水明の地である鹿沼市にて
「女峰」と「とちひめ」をイチゴ狩りできる農園として
わたなべいちご園を紹介します。
わたなべいちご園 http://www.ichigoen.com/

イチゴの品種は「女峰」と「とちひめ」です。

利用料金については
1月2日から3月31日まで
大人(小学生以上)1300円 
小人(3歳以上就学前まで)700円です。

4月1日から閉園まで
大人(小学生以上)1000円 
小人(3歳以上就学前まで)500円です。

先着順に受け付けをしており、原則として予約は不要ですが
20名以上の団体については連絡を求めています。

問い合わせについて、電話は0289-63-4809です。




スポンサードリンク



こんな記事もあります


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ