イチゴ狩り福岡

福岡県は、栃木県に次いで全国2位のイチゴの出荷量を誇ります。

福岡のイチゴと言えば、全国的に人気の「あまおう」など
名前も有名なものが多いです。

福岡県を代表するイチゴの種類と
イチゴ狩りができる農園について見ていきましょう。

Sponsored Links


福岡県で採れるイチゴの種類

福岡県で採れるイチゴの種類について、有名なものをいくつかご
紹介いたします。

福岡県では、全国に出荷しているものは「あまおう」だけですが
イチゴ狩りを楽しめる観光農園などでは、「あまおう」以外の
「とよのか」や、「さちのか」も栽培しています。

イチゴ狩りができる観光農園では、食べるだけでなく
イチゴ自体の販売や、シフォンケーキやジャムなどを
手作りして販売しているところも少なくありません。

あまおう
あまくて、まるくて、おおきくて、うまいの4つの言葉の頭文字をとった「あまおう」は
その名の通り、甘みの強い丸くて大きいイチゴです。

中身もうっすらとピンクになっていて
お菓子などで断面を見せるときもキレイな色なので、よくつかわれます。

この「あまおう」は、福岡県で開発された品種で、
現在、日本の中でもイチゴの品種別の作付面積が
「とちおとめ」、「さがほのか」の次の全国第三位とシェアを伸ばしています。

とよのか
「あまおう」が開発されるまでは、九州を含む西日本で最も栽培されていたのが
この「とよのか」です。

果汁が多く、香りも強いので、イチゴ狩りでも人気の種類です。
うどんこ病など、病気に弱いので、農家の人たちにとって
育てるのが難しい品種として知られてもいます。

さちのか
酸味と甘みの両方が高いのが、この「さちのか」の特徴です。
果肉の日持ちが良いのも特徴の一つです。

赤の色が鮮やかですので、ケーキなどのトッピングにもよく用いられます。
「とよのか」と「アイベリー」の交配によってつくられた品種です。
育てにくいので、農家の人泣かせの品種でもあります。


fukuokaichigo1



福岡県のイチゴ狩り情報

イチゴ狩りに行かれる時は、イチゴの状況や
休園情報を知るためにも、まず電話で確認してからお出かけ下さい。

八女市
プーさんのいちご園
http://gennousya.com/
住所:福岡県八女市馬場600-3 
電話番号:0943-30-1169
実施期間:1月3日から5月下旬

料金:入園料金 中学生以上は200円、4歳以上は100円
   持ち帰り料金 1月~2月 100g 200円~250円
          3月~5月 100g 150円~200円

   食べ放題料金 1月~2月 中学生以上1600円 4歳以上1200円
   (全て60分) 3月~4月 中学生以上1500円 4歳以上1100円
          5月    中学生以上1300円 4歳以上800円

予約:基本的には予約不要。10人以上で訪れるときは要予約
その他:営業は10時から16時ですが、最終入園は15時です。
    紅ほっぺ、さちのか、さがほのか、あまおうが1月から5月まで収穫できます。






宗像市
玄海いちご狩り農園
http://www.fbfarm.com/
住所:福岡県宗像市田野54-1 
電話番号:0940-62-8580
実施期間:12月下旬から5月中旬

料金:入園料金 一人200円
   持ち帰り料金 12月~3月 100g 200円
           4月~5月 100g 180円

   食べ放題料金 12月~3月 小学生以上1800円、2歳以上800円
   (全て30分)  4月~5月 小学生以上1300円、2歳以上800円
          
予約:要予約
その他:営業は9時30分から16時30分です。
    さちのかが収穫できます。
    高設栽培ですので、予約すれば車いすの方もご利用できます。







福岡は、イチゴ農園が非常に多いです。
予約の際に、今採れるイチゴの品種なども聞いて見て
好みの品種のイチゴを味わうこともお勧めです。



スポンサードリンク



こんな記事もあります


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ