静岡県久能の石垣イチゴ狩り

まだまだ寒さ厳しいこの頃。
でも、こんな季節だからこそ楽しめるフルーツがあります。
それはイチゴです。

赤くて、緑のヘタもかわいいイチゴは
甘酸っぱくて香りも良く、まさに春を呼ぶ果物ですね。

静岡県静岡市の久能では12月から5月ごろまで
珍しい石垣いちごのいちご狩りが楽しめます!

Sponsored Links


石垣いちごって何?

石垣イチゴとは、静岡県静岡市久能ではじまった独特のいちごの栽培方法と
その栽培方法で採れたいちごのことです。

その名前のとおり、玉石を積み上げ、石垣を築き、その玉石の間に苺の苗を植え
石にあたる太陽の輻射熱で温度を保ち、苺を栽培する方法です。

まだ温室がなかった明治時代、明治29年に
久能山東照宮の宮司から託された苺苗から始まりました。

どの角度なら崩れにくく、日が当たり、温度を保てる? 

どれくらいの密度で石垣を積めば苺の育成に最適な環境になるか
試行錯誤を繰り返し、この地域での苺の栽培が軌道に乗るまで
明治35年ごろから大正時代の初めまで約20年の歳月がかかりました。

今でも、この石垣いちごをいかに美味しく、大量に収穫できるか
コンクリート板の利用など様々な研究が今に至るまで続けられています。


石垣イチゴの品種

石垣イチゴで有名な品種といえば、章姫(あきひめ)です。
大粒で糖度が高く酸味が少ないのが特徴です。

今では石垣だけに限らず、ビニールハウスでも
数多くつくられる静岡市の代表的な苺の品種です。



shizuokaishigakiichigo




久能いちご狩りへのアクセス

久能で石垣イチゴを食べてみたい!
いちご狩りを楽しみたい!
あなた。

場所は、静岡市のR150沿いになります。

車の場合は、東名静岡インターで降りて大浜海道方面へ。
駿河湾沿いの国道150線沿いに約50軒ほどのイチゴ農家が集まっています。

バスの場合は、静岡駅北口バスターミナル4番乗り場より
しずてつジャストラインバス 久能山下行き 約45分。

駐車場は、各いちご農家でも確保していますが、台数が少ないなど様々なので
直接いちご狩を行っているところへ予約時に問い合わせた方が無難です。
なお、久能山東照宮参拝客用の駐車場も無料で利用できます。






いちご狩りを行っているお店の一覧

いちご狩りを行っているお店の一覧は
こちら→久能いちご狩りお店紹介 
http://www.kunou-ichigo.com/shop.html


料金
2015年1月1日~7日 
大人(小学生以上)2,000円
幼児(2歳~幼稚園)1,000円。

1月8日~2月末 大人 1,800円、幼児 900円。
3月1日~3月末 大人 1,600円、幼児 800円。
4月1日~5月末 大人 1,200円、幼児 600円。

久能での石垣いちご狩りは、予約が必要です。
先ほどのお店の一覧表から直接お店に予約を入れましょう。

また、料金についてもお店によっては「練乳つき」など
オプションを設けていることもありますので
お店に確認してみてください。

なお、2月は特に混雑しますので
早めの予約がおススメです。


周辺情報

静岡市久能では、いちご狩りのほか
徳川家康ゆかりの国宝久能山東照宮もおススメスポットです。

元和3年(1616年)創建の見事な建物が
修復や塗り直しなどを行いながら現存している貴重なスポットです。
参拝客用の駐車場あり。

三保の松原も有名な観光スポットです。
苺狩りのついでに足を延ばしてみてはいかがでしょうか?

真冬でもいちごのビニールハウスの中は暖かく
寒い思いをせずに春の味覚を先取りできるイチゴ狩り。
珍しい石垣イチゴを楽しんでみませんか?


shizuokaishigakiichigo1



スポンサードリンク



こんな記事もあります


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ