アームカバーの効用とは?購入のポイントと手作りのススメ

桜の季節が始まると、多くの方が薄着になっていきます。
そんな中、気になってしまうのが「日焼け」の問題です。

日焼けの原因となる紫外線
夏だけではなく1年中降り注いでいます。

中でも5月~9月に特に量が増えるので
しっかりとケアをする必要があります。

ここでは紫外線と、運転や犬の散歩の際に便利な「アームカバー
についてご紹介していきたいと思います。

最近のアームカバーは、デザインのおしゃれなものから
実用的なものまで用途に応じて種々あります。

さらに自分だけのオリジナルな「リメイクアームカバー」の
作り方も紹介します。


Sponsored Links

顔の対策は万全でも、「脚や腕が真っ黒」という方も…

紫外線とは地球に到達する太陽光線のうちで
エネルギーが高い光を指します。

紫外線にはUVA、UVB、UVCがありますが
もっとも危険なUVCはほとんど地表に届くことはありません。

UVAとUVBそれぞれが皮膚がんの原因となります。
日本では、南にいくほど紫外線量が多くなります。

紫外線は1年中降り注ぎ、5月~9月は特に多いです。

本格的な夏が到来する前に
紫外線対策を始めなければなりません。

午前10時から午後2時の間に紫外線が多く降り注ぎますので
この時間帯を避けて外出するだけでも紫外線対策になります。

紫外線による影響を防ぐには、さまざまな方法があります。
日傘や帽子は一般的です。

これらは直射日光による紫外線は防げますが
空気中で反射したり散乱したりするものまでは防ぐことができません。

日焼け止めクリームなどと併用するのがオススメです。

顔に関しては紫外線対策が万全でも
腕や脚は無防備という方もよく見かけます。

料理をする方などは特に、腕に日焼け止めクリームを
塗りたくないと考えているのはないかと思います。

こういった場合に役に立つのが「アームカバー」です。


運転中などに便利な、腕を保護するアームカバー

アームカバーとはその名の通り、腕を保護するためのもので
紫外線対策アイテムとして人気があります。

夏に半そでを着て車の運転をしていると
どうしても窓側の腕に日差しを浴びてしまいます。

こういった場合にアームカバーがあると便利です。
買い物ガーデニング犬の散歩の際にも使えます。

最近では柄や素材が豊富ですので、好みに応じて選ぶことができます。

ファストファッションの店や100円・300円均一ショップなどでも
購入することができるので、お財布にも優しいです。

アームカバーを購入する際のポイントについてご紹介したいと思います。

まず大切なのは、「UVカット率が高い」ということです。

アームカバーを着用する目的は紫外線対策なので
この点を一番重視しましょう。

次に着用中に涼しい」ということ。

アームカバーを使用するのは主に暑い夏です。

内側がメッシュになっているものや
サラッとした素材のものを選ぶと良いでしょう。

アームカバーは紫外線対策だけでなく
夏場のオフィスの冷房対策に着用しても便利です。

あとは長さや形状」も重要です。

親指が出るタイプのものや、手袋状になっているものがあり
長さも短いものからロング丈まで幅広いバリエーションがあります。


armcover


いらなくなったカットソーで簡単に作れる

紫外線対策として、1つは持っておきたいアームカバー。

今では種類がとても豊富になりましたが
手芸が得意な方は自分で作ってみるのも良いのではないでしょうか。

インターネットや雑誌などでは型紙が多く公開されていますが
ここでは更にお手軽な「リメイクアームカバー」についてご紹介します。

 【材料】

  ・着なくなったカットソー 1着
  ・細いゴム

 【作り方】

  ● (1) カットソーの両袖を切ります。

  ● (2) 裏返して、ひじから手首に当たる部分を
     自分の腕の太さに合わせて縫います。

     ぴったりとしたカットソーの場合は
     この工程を省略してもかまいません。

  ● (3) 肩のほうを1cmくらい折り返して縫い
     ゴムを通して出来上がりです。

 【ポイント】

  ■・UVカット加工のカットソーを使って作れば
    市販のものと遜色がない機能を発揮します。

  ■・白などの薄い色よりも、黒や紺などの濃い色のほうが
    紫外線対策には効果的です。

  ■・布にスプレーすることでUVカット効果を
    付けることのできる製品も出ています。

    そういったものを用いると更に効果が高まります。

  ■・好みに応じて、親指を通す穴を作るのもオススメです。

  ■・レースやリボン、刺繍などを施して
    「世界に1つのアームカバー」を作ってみましょう。

着なくなったカットソーを使って
アームカバーを作る方法についてお伝えしましたが
いかがだったでしょうか?

袖を切ってゴムを通すだけですので
ハンドメイドが苦手な方も挑戦しやすいと思います。

得意な方は手芸店などでUVカット加工の生地を購入して
1から作ってみるのも楽しいと思います。





スポンサードリンク



こんな記事もあります


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ