大濠花火大会2014 日程や有料席と穴場スポット情報

福岡県福岡市で開催される「西日本大濠花火大会」は
毎年45万人前後の観客が訪れるビッグイベントです。

会場となる大濠公園の隣には有料観覧席が用意され
ゆったりと花火を楽しむことができます。

ここでは、この花火大会の日程、場所、有料席、アクセスなどの
概要をお伝えします。

また、会場外には穴場スポットも多数ありますので
あわせてご紹介していきます。

Sponsored Links

会場へは公共交通機関を利用しよう!

「西日本大濠(おおほり)花火大会」とは福岡県福岡市で開催される
市内最大級の花火大会です。

例年、6000発の花火が夜空を彩り、45万人前後の観客が会場を訪れます。
それでは、今年の開催情報についてお伝えします。

【第52回西日本大濠花火大会】
○・開催日時
  2014年8月1日(金)
  20時~21時30分
  ※荒天時は2日(土)に延期

○・会場
  大濠公園
   oohorimap
   周辺地図クリックで拡大

○・アクセス
  地下鉄「大濠公園駅」から徒歩3分、
       「赤坂駅」から徒歩7分、
      「唐人町駅」から徒歩5分

  ※駐車場や駐輪場はありませんので公共交通機関を利用しましょう。





○・有料席
  あり


仕掛け花火は諦めてゆったり過ごすなら「有料席」がオススメ

続いては、この花火大会の有料席情報についてご紹介したいと思います。

メイン会場の大濠公園の隣にある「平和台陸上競技場
舞鶴公園西広場」に有料観覧席が設置されます。

しかし、この有料席は「花火を間近で見ること」よりも
「混雑を緩和すること」に重きが置かれているらしく
有料席からだと「仕掛け花火が見られない」という点に注意が必要です。

【平和台陸上競技場】
  会場にてイベントの招待券などが当たる
  「わくわく抽選会!!」が実施されます。
     ・エリア入場券(自由席)
      大人1000円、小人500円 
      ※小学生未満無料





【舞鶴公園西広場】
  多彩なステージが開催され、花火開始前に音楽を楽しめます。
     ・グループシート(4人1区画) 8400円
     ・ペアシート(2人1区画) 4200円
      ※席が不要の場合、小学生未満無料

【購入方法】
  7月1日(火)からファミリーマート、イープラスにて一般発売開始
  ※残っていれば、当日券あり


帰りの混雑も避けたいならメインの駅は避けよう!

それでは最後に、西日本大濠花火大会の穴場情報について
ご紹介していきます。

■・護国神社の芝生広場
 展望が良いため、打ち上げ花火なら観賞可能となります。
 「薬院駅」「西福岡駅」から徒歩25分ほどです。





■・福岡城跡の天守台
 福岡市内の夜景と花火を同時に楽しめるのでオススメです。
 穴場といってもそれなりに人出はありますが
 メイン会場の大濠公園と比べたら混雑は緩和されています。

 最寄り駅が「大濠公園駅」ですので帰りは混雑してしまいます。





■・西公園
 丘の上にあるので、見晴らしが良いのが特徴です。
 中でも、階段を上ったあたりがベストな観賞スポットとなります。

 こちらも最寄り駅が「大濠公園駅」となります。





■・福岡タワー
 海抜123mの展望室から眺める花火は格別です。
 展望室に入るのに料金はかかりますが
 かなり快適に花火が楽しめます。
 「西新駅」から徒歩20分ほどとなります。





花火大会の穴場についてご紹介してきましたが
いかがだったでしょうか?

花火観賞中だけでなく、帰りの混雑も避けたいのならば
メイン会場とは駅をずらすのがオススメです。



スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ