おせち料理 意味と由来を知ってめでたさ倍増!

普段はなかなか食卓に上らない食材で作られた
お正月の特別なごちそう「おせち料理」

それは本来、季節の節句ごとに作られる料理のことでしたが
次第に一年の始まりで一番重要な節句である正月の料理を指すようになりました。

そのメニューの数々には
新しい一年が幸多きものになるようにと様々な願いが込められています。

今回は、おせち料理の由来と特別なメニューの意味についてご紹介しましょう。

Sponsored Links


おせち料理の変遷

おせち料理の始まりは、中国の「五節供」という行事にあります

これは、日本でいう節句の日に特別な料理を神様に捧げ
後にそれをいただくことで幸福を願うというものでした。

この「五節供」の行事は奈良時代には日本に伝わっており
朝廷内で「節会」として行われ、そこで供される食事を「節供」と呼びました。

ただし、当時の節供は今のように豪華な料理ではなく
膳に高く盛った米のみだった
といいます。

この節会の儀を庶民が真似て、今のおせち料理へと変わっていきました
その始まりは、今のような重箱に詰めたものではなく、膳に盛ったおせち料理でした。

江戸時代の天明年間の頃までは、神様に捧げた後
これを家族みんなでいただくのがしきたりでしたが、その後は飾るだけに変わります。

そして今のような重箱に詰める形ができはじめると
重箱には煮物類を詰め「おせち」と呼び
その他の料理は以前のように膳に盛り「食積」と呼ぶようになりました。

さらに明治以降、膳が廃れて煮物以外も重箱に詰めるようになると
それを総合しておせち料理と呼ぶようになりました。

現在のおせち料理の形が完全に確立したのは
第二次世界大戦後、デパートなどが
見栄えの良い重箱入りのおせちを販売したことによるともいわれています。

しかし一方では、江戸時代の文化・文政年間の料理茶屋で
提供していた料理の影響ともいわれています。


osechi1



おせち料理の意味

おせち料理の構成は、基本的に祝い肴三種
(関東は黒豆、数の子、田作り。
関西は田作りの代わりにたたきごぼうがこれに当たります)

そして煮しめ酢の物焼き物になります。

それぞれの料理には、節句に相応しい意味がこめられていますので
この項ではそれをご紹介しましょう。

■・黒豆=道教において、黒は邪を祓う色です。
 また、黒く日焼けするほどマメ(豆)に働けるよう、健康と長寿を願う意味もありました。

■・数の子=卵の数が多く、親のニシンは「二親」に通じることから
 子孫繁栄と五穀豊穣を願いました。

■・田作り=カタクチイワシを田の肥料にすると五万俵も収穫できたとの言い伝えから
 五穀豊穣を願う意味がありました。


osechi2


■・たたきごぼう=瑞鳥(豊年の象徴)を表したもので、豊作と息災を祈りました。
 黒は邪を祓い、ごぼうは地中深く根を張る力強さから使用されました。

■・紅白かまぼこ=形状が初日の出に似ていることから使われました。
 赤は魔除け、白は清浄を表しています。

■・栗きんとん=黄色を黄金に例え、豊かな一年を願いました。
 また、山の幸の代表格である栗は「勝ち栗」と呼ばれ、縁起が良いものとされてきました。

■・昆布巻き=「喜ぶ」の言葉にかけて、鏡飾りにも用いられている一家発展の縁起物です。
 昔は大事な書物や絵画は巻物の形状が多いことから
 昆布も巻いた形で供されるようになりました。


最近のおせち料理

核家族化と食の洋食化が進むことで
おせち料理の内容や量は平成に入ってから大きく変化してきました。

デパートなどで販売される高級料亭作などのおせち料理が浸透することで
自宅でおせち料理を作ることが減ってきました。

参考に「高級料亭の仕出しおせち」の
CM動画をお借りしてきました。




また味覚の変化から昔ながらのメニューにこだわらず
肉やパスタのような洋風のものを詰めることも増えたようです。

その一方で、子どもに好きなおせち料理を尋ねると
黒豆や伊達巻きなど昔ながらのメニューも人気が高いことがわかります。

せっかくの年に一度のお祝いの日です。

一つ一つにこめられた願いを噛みしめながら
昔ながらの味を楽しむ
のもよいかもしれません。


スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ