なばなの里イルミネーション期間と時間は?混雑を避けるには?

冬の風物詩といえば、イルミネーション
昔もそうですが、LED電球が普及したここ数年の
イルミネーションの華やかさは目を見張るものがあります。

都内でも有名なイルミネーションスポットは数多くありますが
この冬はせっかくなので少し足をのばして
全国ランキング1位のイルミネーション「なばなの里」
を訪れるのはいかがですか?

なばなの里イルミネーションの
見どころ・期間・時間・アクセス
などを見ていきます。

Sponsored Links


世界一美しいイルミネーション「なばなの里」

以前は、ナガシマスパーランドなど周辺の関連施設の帰りに
立ち寄る客が多かったなばなの里。

2006年、光のトンネル「華回廊」のイルミネーションが
公開されたのをきっかけに注目を集め
これをメインにしたツアーが組まれるなど一気に全国区へと成長しました。

花の形のソケットがかわいらしい暖かい光の回廊に
蓮華と菜の花をイメージした、LEDの回廊を合わせた300mのトンネルは
今年も変わらない美しさで観光客を出迎えます。

また、カップルに特に人気なイルミネーションが
青い光の花壇「光の雲海」です。

柔らかい青い光で包まれた花壇の中、チャペルへと続く細道を
同じく青く輝くアーチを潜り抜けながら進むカップルは幸せになれる
と、まことしやかに噂されています。

そして、今年特に注目のイルミネーションは
開業50周年記念に作られた「ナイアガラの滝」です。

高さ20m、横幅120mの超巨大スケールで繰り広げられる
最新LEDと特殊効果によるイルミネーションは
世界一の美しさと絶賛されています。

大自然が造る脅威と神秘の光景、躍動感あふれる滝などを表現した
光の大パノラマは必見です。

なばなの里2014~2015ウインターイルミネーション
ナイアガラの滝の動画です。





なばなの里へのアクセス・期間・時間

■・なばなの里へのアクセスは、名古屋駅からバス
もしくは近鉄桑名駅から出ている直通バスの利用が便利です。

車で行く際は名古屋から名古屋高速、東名坂経由で約30分かかります。





■・なばなの里は3000台分の無料駐車場が解放されていますが
イルミネーションが見られる繁忙期は15時~19時まで交通規制が敷かれるうえ
駐車場もすぐに埋まってしまうので注意が必要です。

■・イルミネーションが公開される期間はかなり長く
平成26年10月25日~平成27年3月31日までです。

■・開演時間は平日が9時~21時、土曜日と休日
(ただしクリスマス時期と年末、3月含む)は9時~22時までとなっています。

■・イルミネーションの点灯時間は毎日日没後なので
ホームページで逐一チェックすることをオススメします。
なばなの里お知らせページ
http://www.nagashima-onsen.co.jp/page.jsp?id=8851

■・チケット代は、一律で2100円(ただし小学生以下は無料)です。
これには、園内施設で利用できる1000円分のクーポン券がついているので
食事やお土産に便利です。

また、セブンイレブンかサークルKサンクスで前売り券を購入することもできるので
入場前の混雑をさけるためには前売り券の利用がオススメです。


nabananosatosuijou
出典 なばなの里「水上イルミネーション」
http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/illumination/feature.html/



混雑必至!なばなの里攻略法

全国イルミネーションランキング1位の名前に相応しく
公開期間は混雑必至ななばなの里。

せっかくのイルミネーションですから、人ごみにもまれながらではなく
ゆっくりと見て回りたいと思うのが人情でしょう。

けれど、旅行雑誌で特集を組まれるなど有名になったなばなの里は
平日はバス旅行ツアー
休日は家族旅行のマイカー組で
常に混雑
しているような状態です。

なかでもクリスマス時期と土曜日一番の混雑具合なので
少しでもゆっくり見たいという人は避けるべき
でしょう。

そんななかオススメなのは
「平日のイルミネーション点灯時間直後」です。

毎日日没に合わせ、11月は17時過ぎ
12月は18時前に点灯されるので、その30分程前に並んでいれば
ほぼ確実にゆったりとイルミネーションを楽しむことができるでしょう。

更に、列の一番前に並ぶと点灯スイッチを押せるという特典があります。
美しいイルミネーションを自分の手で灯す喜びは
30分並ぶ価値があるというものでしょう。

なばなの里2014年ウインターイルミネーションの動画


スポンサードリンク



こんな記事もあります


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ