イルミネーションハウステンボス「光の王国」

冬になると全国のあちこちでイルミネーションが見られます。

その中でもハウステンボスのイルミネーション
国内でもトップクラスのスケールと球数を誇ります。

「光の王国」と名付けられたそのイベントは
夜景鑑賞士が選ぶ全国イルミネーションランキング第1位に輝きました。

今年はさらにパワーアップして
世界最大級の1,100万個を超えたLEDで街全体が飾られます。

このイベントの開催期間や入場料と見どころなどを見てみましょう。

Sponsored Links


イルミネーション ハウステンボス「光の王国」の開催期間と入場料

国内でもトップクラスを誇るハウステンボスのイルミネーションを見る為に
毎年多くの人々が全国各地から訪れます。

園内には光の宮殿や光のアートガーデンなど定番のスポットを中心に
人々を魅了する数々のイルミネーションが用意されています。

housetenbos


《開催期間》
2014年10月31日(金)~2015年4月13日(月)

点灯時間は日没から23時までとなっております。
(ハウステンボスの営業時間は9時から22時までで
季節・曜日によって変更があります。また最終入場は21時まで)

《入場料》
1DAY パスポート
大人6100円
中人(中高生)5100円
小人(4歳〜小学生)3800円
シニア(65歳以上)5600円

17時からのお得なパスポート
(17時以降のハウステンボス入場料+対象施設利用+光の宮殿入場料)
大人4200円
中人3500円
小人2500円

《ハウステンボスへのアクセス》
JRハウステンボス駅から徒歩5分
西九州道佐世保大塔ICから15分 

《駐車場》
5000台分あり(有料)
普通車1日800円

《公式サイト》
ハウステンボス光の王国
http://www.huistenbosch.co.jp/event/hikari/


ハウステンボスイルミネーションの見所

長崎県佐世保市にあるハウステンボスは
オランダの美しい街並を再現したテーマパークで知られています。




園内には運河が流れ、季節ごとに色とりどりの花が植えられ
風車やチャペル、宮殿などが美しく配置され
レンガ基調の街並は歩いて景色を眺めるだけでも十分楽しめるでしょう。

また様々なアトラクションもありますが
冬のみどころは何と言ってもイルミネーションです。

ハウステンボスのイルミネーションは2010年の誕生から進化を続け
5年目を迎える今年、ついに1100万個を超えた電球で街全体が彩られます。

それはまるで夢の国のよう。

「光と噴水の運河」では、船が通るたびに光の噴水が上がり
運河全体が虹色に輝き、運河添いの木々は人が近づくとカラフルに色を変えます。
運河沿いの歩道や橋の上、運河を走る船から眺める景色はなんとも幻想的です。

さらに「光の王国パレード」もパワーアップして日本最長級の700mになり登場。

光王国の大パレードの動画です。



華やかなフラッグと輝く衣装をまとったキャストやキャラクターたちのパレードに
巨大な怪獣も登場するバルーンパレードなど様々なテーマのパレードがひとつになります。

さらに「光の自転車」「光のトレイン」などに乗って来客も参加できるそう。
光の自転車、光のトレインはいずれも有料で光の自転車は事前予約も出来るそうです。
参加してもよし、見てもよしで迷ってしまいそうですね。

また忘れちゃいけないのが
毎晩開催されている「4大プロジェクトマッッピング」

世界初の本格ゲームと連動したプロジェクトマッピングをはじめ
日本初のマッピングイルミが世界最大級のホラータウンをド派手に彩ります。

アムステル広場では脅威の映像イリュージョンで伝説のドラゴンがよみがえります。

光の宮殿では美しい庭園を彩る壮大なイルミネーションショーが
昨年よりさらにバージョンアップし、音楽や噴水と共に楽しめます。

また5大イルミネーションの
光のアートガーデンや、レインボーフラワーガーデンなども見所満載。

また光のスケートリンク光の観覧車などアトラクションも充実です。

この冬から新しいアトラクションも登場して
さらに昼間の楽しみも増えたハウステンボス。

この冬一番の思い出作りに訪れてみてはいかがでしょう。

[ハウステンボス公式]光の王国2014の動画です。
見どころがきれいに入っています。


スポンサードリンク



こんな記事もあります


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ