バレンタインチョコレートの由来

2月14日といえばバレンタインデーです。

日本の生活に溶け込んだこのバレンタインデーは
女性にとっても男性にとっても、気持ちの踊るイベントです。

そのバレンタインデーの由来と、なぜチョコレートを贈るのか
そしてなぜ女性が告白する日とされているかについて見て行きましょう。

Sponsored Links


バレンタインデーの由来とは

バレンタインデーは、英語では「Saint Valentine’s Day」と表記し
聖人バレンタインの日と言う意味です。

この聖人バレンタインとは、西暦3世紀の
ローマ帝国に実在した人物を指しています。

彼がローマ帝国にいたころは皇帝クラウディウス二世の治世でした。

皇帝は、ローマの若者が兵士として志願しないのは
彼らが自分の家族や愛する者たちと別れることを恐れるからだと確信し
入隊前と兵士期間中の若者の結婚を禁止してしまいました。

現在のテルニの街のキリスト教司祭であるバレンティヌス
(英語読みではバレンタイン)は、
このように愛する者と結婚ができない兵士たちを不憫に思い
内緒で結婚をさせていました。

その行為が皇帝に知れ、皇帝は、バレンティヌスに
罪を認めさせて改宗させようとしましたが、バレンティヌスはそれを拒否し
投獄そして西暦269年2月14日に処刑されてしまいました。

このように聖人バレンタインは、愛の象徴となり
彼の命日である2月14日は愛する者同士が愛を誓う日となったのです。


valentainchocolate4



バレンタインに女性がチョコレートを贈る由来とは

女性が男性にチョコレートを贈るのは、日本だけの習慣です。

欧米では、恋人や友達、家族などが
お互いにカードや花束、お菓子などを贈ります。

なぜ、日本ではチョコレートを贈るようになったのかと言うと
そもそものきっかけは1936年に神戸モロゾフ洋菓子店が
バレンタインチョコレートの広告を出したことです。

このときは、女性が男性に贈るものとしてではなく
男女どちらとは問わずに
バレンタインデーにチョコレートを贈りましょうと言う宣伝であり
その後もバレンタインデーは恋人に贈り物をする日として
デパートなども協力して宣伝をしましたが、あまり定着しませんでした。

そして、1958年にメリーチョコレートが
新宿の伊勢丹デパートでバレンタインのキャンペーンを開催し
今度は男女どちらからでも良いのではなく
女性から男性へチョコレートを贈ることを提案しました。



valentainchocolate1



なぜ、女性から男性へと限定したのかの理由は
催事場がデバートであったので、主な買い物客が女性であることと
1950年代の日本はアメリカのウーマンリブ運動の影響を受け
女性が男性と同等ではなく、男性よりも主導権を握ろう
そして恋愛においても女性が主導権を握ろうというムードがあったからです。

この狙いは成功し、それまで恋愛においては常に受け身であった女性が
自己表現をする手段としてバレンタインデーの活用が広まりました。

そして1970年代に入り、日本チョコレート・ココア協会が
2月14日を「チョコレートの日」と定めました。

そして、チョコレートのブランドや製靴メーカーだけでなく
流通業界全体が、大々的にバレンタインデーのチョコレート商戦に
参戦するようになりました。

同じく70年代の後半には、一般にもバレンタインデーが定着し
子どもから大人に至るまで、また仕事場での新しいマナーとして
バレンタインにチョコレートを贈ることが根付いたのです。

2000年に入り、「友チョコ」など、女性が
同性にもチョコレートを友情の証として贈ることが一般的になりました。

特別な意味を込めた「本命チョコ」だけでなく、色々な意味を込められるのも
チョコレートと言う甘いかわいいお菓子だからかもしれません。


valentainchocolate



チョコレート以外には何を贈ることが一般的ですか。

特にヨーロッパなどでは
男性が女性に花やカードや香水を贈る日となっていますので
各ブランドから香水の広告や宣伝が頻繁になされるのも
この2月14日のイベントに向けたものです。

日本よりも、香りについての意識が高い人が多いので
香水を贈るという行為は
その人のイメージを伝えるとても繊細な行為でもあるのです。

親しい間柄だからこそできる愛のメッセージ
それが香水を贈ることでもあるのです。



valentainchocolate3



チョコレートだけでなく、花や香水を贈る
ちょっと大人のバレンタインデーが日本にも根付くかもしれません。

香りとともにメッセージを添えるのも
ロマンティックで素敵ですね。





スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ