千葉水仙 谷沢水仙郷&とみやま水仙遊歩道

千葉県南房総といえば花の里。
菜の花に先駆けて1月中旬には水仙の花が見ごろを迎えます。

鋸南町の江月水仙ロードも有名ですが
他にも水仙を楽しめる穴場的スポットがあります。

谷沢水仙郷ととみやま水仙遊歩道を紹介します。

Sponsored Links


谷沢水仙郷(やつざわすいせんきょう)

同じく千葉県鋸南町の谷沢水仙郷。
こちらは鋸南町の山間にある水仙が楽しめるスポットです。


suisenchiba
きょなんインフォメーション谷沢水仙郷案内サイト
https://kyonan-info.jp/kyonan/shosai/index?languageflg=jp&daibunruiflg=100&chiikijohocd=0000000078


広さは約1万平方キロメートル。
自然の景観をそのままに山の斜面一面に広がる水仙の花は
まるで白い花が流れ落ちてくるようです。

緑豊かな山の中で水仙の花を満喫できる谷沢水仙郷では
水仙の優雅な香りに包まれながら
ゆったりと山道の散策をしつつ水仙を楽しめる穴場的なスポットです。

天気の良い日には山頂まで行くと富士山が望めることもあります。

水仙郷の麓にある売店では
水仙の切り花や摘み菜(菜の花のつぼみ。おひたしなどにして食べられます)
山でとれた梅の実を使った自家製の梅干、野菜などを販売しています。

他にも地元の野菜などの直売所がありますので目で自然を楽しみ
さらに舌でも南房総の自然の味をお楽しみください。

江月水仙ロードから近いので
水仙の時期(1月中旬ごろ)に少し足を延ばして
さらに豊な自然を満喫できます。

花の見ごろは1月中旬ごろ。
多く咲いている水仙の品種は日本水仙になります。

入園料は200円。
なお、気候などにより花の見ごろは多少前後します。

お出かけの際は、事前にお問い合わせしてみてください。
お問い合わせ先:谷沢水仙郷 0470-55-4309
住所:千葉県安房郡鋸南町市井原49

最寄り駅はJR内房線、保田駅から
鋸南町営循環バス(青バス)で「鋸東コミセン」下車5分。

お車の場合は、国道128号線から保田、鴨川線(長狭街道)で4.5Km 
駐車台数10台。
施設内トイレあり。






気軽に歩けるとみやま水仙遊歩道もおススメ

保田からさらに南に行ったところにある
とみやま水仙遊歩道も水仙を見ながら散策できる水仙の名所です。

館山自動車道、鋸南富山ICをおりたら約3分
のところにある道の駅富楽里とみやまの近くにあるのが
「とみやま水仙遊歩道」です。

道の駅、富楽里(ふらり)とみやまには
東京駅、横浜駅、羽田空港、千葉駅から高速バスも出ています。
高速バスでは「ハイウェイオアシス富楽里」で下車になります。

高速バスは
東京駅八重洲南口発着「房総なの花号」で約80分
横浜駅東口から約100分
羽田空港から約65分
千葉駅発着「南総里見号」で約75分になります。

電車の場合は
JR東京駅から内房線特急ビューさざなみ号で約100分
JR岩井駅下車、徒歩20分から30分です。

とみやま水仙郷は
この道の駅「富楽里とみやま」から約1Km離れたところにあります。
徒歩で約20分。





まずは、富楽里とみやまインフォメーションに立ち寄って
水仙遊歩道の地図をもらいましょう。

案内のとおり、ゆっくりと歩いていけば
すぐに水仙が咲き乱れる遊歩道に出ます。

約3.5Kmの遊歩道になりますので
ゆっくり歩けばだいたい1時間から2時間ほどで端から端まで楽しめます。
途中にはベンチや四阿など小休止できる場所もあります。

まわり景色と白と黄色の水仙を楽しみなが
ら暖かい房総の風に吹かれてゆっくりお散歩。
一足早く春の訪れを感じることができそうです。

水仙の見ごろは1月中旬ごろから2月中旬ごろになります。
駐車場は道の駅富楽里とみやまをご利用ください。

とみやま水仙遊歩道の動画です。




 
おみやげも盛りだくさん

とみやま水仙郷近くの道の駅「富楽里とみやま」では
地元農家の直売品が販売されており、新鮮な野菜や産直品を購入できます。

また、南総里見八犬伝の登場人物、伏姫にちなんだ
富楽里オリジナルの伏姫びわワイン
南房総の柚子と檸檬のポン酢醤油
さざえカレー
南房総の地ビールなど
ここでしか買えないオリジナル商品も多くあります。


suisenchiba1
出典 道の駅富楽里とみやま
http://furari.awa.or.jp/gourmet.html

ちょっぴり遠出して真冬に春を見つけるお出かけ。
千葉県の新たな魅力に気づくかも。
あなたもいかがですか?

参考 元気あげます!千葉(水仙ハイキング特集)
http://www.pref.chiba.lg.jp/kouhou/miryoku/shinbun/20130104.html

 


スポンサードリンク



こんな記事もあります


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ