師走の風習 お歳暮・すす払い・門松・年越しそばのルーツは!?

 12月は別名『師走』とも言います。ここでは、この言葉の由来や日本の伝統的な師走の行事についてお伝えしていきたいと思います。『お歳暮』や『門松』、『年越しそば』や『除夜の鐘』などについて、そのルーツに迫っていきます。


もともとは旧暦12月を指す言葉だが、現在では新暦12月にも使う

『師走』とは本来、旧暦の12月のことを指しますが、現在では新暦12月の別名としても用いられています。この言葉の由来には諸説あり、一般には『12月は年末で皆忙しく、普段は走らない師匠さえも趨走(すうそう)する』ことから『師趨(しすう)』と呼び、これが『師走(しはす)』になったとされています。

この場合の師とは『法師(お坊さん)』を指していて、法師が各家で経を読むために馳せ走る『師馳月(しはせつき)』が由来であるという説も一般的です。

また、『年果つる月(としはつるつき)』や『為果つ月(しはつつき)』から『しはす』となり、『師走』は当て字とする説もあります。

また、12月の別名として『師走』以外にもたくさんの言葉が存在します。『黄冬(おうとう)』や『弟月(おとづき)』、『極月(ごくげつ)』、『氷月(ひょうけつ)』などが挙げられます。また、ほかの月の呼び方は以下のようになります。

・1月:睦月(むつき)
・2月:如月(きさらぎ)
・3月:弥生(やよい)
・4月:卯月(うづき)
・5月:皐月(さつき)
・6月:水無月(みなづき)
・7月:文月(ふみづき)
・8月:葉月(はづき)
・9月:長月(ながつき)
・10月:神無月(かんなづき)
・11月:霜月(しもつき)

最近ではこれらの名前が載っていないカレンダーも多数ありますが、日本人として覚えておいて損はないと思います。


1年の感謝を込めた『お歳暮』の由来と、現代の贈り物事情

続いては、師走に行われる主な日本の伝統行事についてご紹介していきます。
まずは『お歳暮』です。

お世話になった人や仕事上の付き合いのある人に対して、年の暮れに感謝の意を表して贈ります。これは、『1年間の貸し借りをすっきりさせてから年を締めくくろう』という伝統的な考え方にもとづく風習です。

かつて、年の暮れには年神様や先祖の霊を迎えるための供物を家族で持ち寄っていました。しかし、帰省できない人たちは本家に供物を贈ることになっていました。それが時代とともに変化していき、お世話になった人への感謝の気持ちを込めて贈り物をするという風習に変わっていきました。

お歳暮は12月の初旬から20日ごろまでに贈るのが一般的です。昔はお歳暮の品といえば、塩鮭や塩ぶりが主流でした。これらは祭壇の供物に最適であるだけではなく、保存が利くので正月の食卓のおかずに使えることから好まれていました。

現在では、お歳暮シーズンになるとデパートなどが人でごった返す様子がテレビで報道されています。『もらってうれしいお歳暮』のランキングを発表しているサイトもあり、カタログギフトやスイーツ、ブランド肉やビールなどが好まれているようです。目上の方に対しては現金や商品券を贈ることは原則的にNGなので、注意しましょう。

贈る上で最も大切なのは『相手への思いやり』ですので、贈る相手に合わせて品選びをしましょう。少人数のお宅なら『量より質』を重視し、子供のいる家庭には『家族そろって楽しめるもの』を選ぶのが良いと思います。

また、魚介類や肉などの産地直送ギフトは多くの家庭で喜ばれますが、単身赴任中や料理をしない人には迷惑になることもあるので、その場合は別のものを贈ったほうが無難です。

本来ならばお歳暮を先方に持参し、直接お礼を伝えるのが好ましいですが、最近では店舗やインターネットからの配送が主流です。ただし、配送の場合はメッセージカードを同封したり、別便で挨拶状を送ったりしましょう。


今年もあと少し!年の瀬に行われる数々の行事

続いては、新しい年を迎えるための行事についてお伝えしていきたいと思います。正月を迎えるために神棚や仏壇をはじめとして家の内外を大掃除することを『すす払い』といいます。


susuharai
鶴岡八幡宮すす払い



かつては12月13日がすす払いの日として決められていましたが、最近では年末に行う家が多いです。すす払いが終わったら、28日頃に『門松』を立てます。3本の青竹は『天・地・人』を表していて、その周りには松や梅を配置します。

門松は年神様が迷わず降りてこられるための目印として考えられています。門松は28日頃に立てる家が多いですが、29日と31日は避けましょう。29日に立てるのは『九松』と言い『苦待つ』に通じるので嫌われていて、31日だと正月まで残り1日しかないため、年神様に対して誠意に欠けると考えられているからです。

また、同様に28日頃に行う行事として『注連縄(しめなわ)』があります。神社の鳥居や拝殿の入り口などに張られていて、神様の世界と下界とを隔てるための祭祀具とされています。注連縄が張られた結界の中には悪霊や邪鬼が近づけないと言われています。また、注連縄を張ることで、そこに神を招く力が生じるとも考えられているため、正月飾りには注連縄が用いられています。

そして31日の大晦日には『年越しそば』を食べ『除夜の鐘』を鳴らすという風習があります。年越しそばを食べる習慣は江戸時代に定着したと言われていますが、由来については諸説あるため、定かではありません。

一般的には、『そばは長く伸びるので、そばを食べて寿命を伸ばす』縁起担ぎであると言われています。ほかには『悪運や災厄を断ち切る』、『そばには金を集める力がある』という言い伝えを信じる人も多いです。

また、大晦日の夜には除夜の鐘が108回鳴らされます。
これは人間の煩悩が108個あると考えられているため、鐘を同じ数だけ鳴らすことで煩悩を消そうという風習です。

では、どうして煩悩は108個なのでしょうか。その内訳は、以下のようになっています。

・人間の感覚器官(眼・耳・鼻・舌・身・意)
・感覚器官で感じるもの(好・平・悪)
・受け取り方の段階(染・浄)
・時間帯(過去・現在・未来)
これらを掛け合わせると、6×3×2×3=108となります。

このように、師走には古くから続いてきた風習がたくさん存在しています。今年の12月は、日本の伝統を感じながら過ごしてみてはいかがでしょうか。



スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ