正月はいつまで?正月の挨拶はいつまで?

お正月とはいつまでの事をさしているのでしょうか?
また、お正月のあいさつは、いつまでするのが正しいのでしょうか?

挨拶をしなければ、「礼儀のない人」と思われそうだし
いつまでも挨拶をしていたらしていたで、「常識のない人」と思われそうだし
毎年、新年になる度、迷ってしまいませんか。

お正月の時期について詳しく、見ていきましょう。

Sponsored Links


お正月とは、いつからいつまでのことでしょうか?

お正月は「月」という言葉がつくことからも分かりますように
大きな意味では一月全部が「お正月」です。

一月は別名、「睦月(むつき)」や「正月(しょうつき)」とも言われています。

ですが、「お正月」は、一月の意味で使われることはあまりなく
暦において年の初めの新年を祝う行事の名前として使われることが多いです。

1月1日から3日までを「三が日」と言い、これをお正月だとする人と
「松の内」つまり、門松やしめ飾りを飾っているあいだをお正月だとする人がいます。

関東では門松やしめ飾りは、1月7日まで飾ることが多いですが
関西や東北などでは「どんど焼き」といって、1月15日の小正月に
お正月の飾りを焼く行事を行うことが多いですので
1月15日までを松の内とします。

この「松の内」は、例外はありますが
関東では1月7日まで
関西の一部では1月15日までとしているところが多いです。

また、関西の一部と群馬や石川県の一部で、「二十日正月」といって
1月20日までをお正月としている地域もあります。


お正月の挨拶はいつまでするのが正しいのでしょうか?


syougatsuitsumade
神様にも挨拶します

一般に

一般的には、新年のあいさつは松の内まですることになっています。

つまり地方によって異なりますが
1月7日か15日か20日まで新年のあいさつをします。

引っ越しや転勤などで知らない地域に行ったときは
年賀状は全国的には1月7日までに到着するように書くのが一般的ですので
挨拶はそのころまでするもの、と覚えておくといいでしょう。


仕事先で

仕事先では、新年になって初めての出社の週は
「明けましておめでとうございます」
とお正月のあいさつをするのが常識でしょう。

ですが、他所の部署や取引相手など、すぐには会わない人もいます。
そのような相手には、新年初めて会う時にそれが15日ごろまでなら
新年のあいさつをきちんとする方が丁寧な印象を与えます。

16日以降なら「明けましておめでとうございます」の年賀の言葉ではなく
「今年もよろしくお願いします」と、挨拶することが望ましいでしょう。

2月上旬の節分のころまでは「新春」ですので
そのような「今年もよろしくお願いします」の一言は必要です。

節分を過ぎて初めてその年に会う取引先の人には
特別な挨拶がなくても良いでしょう。

ですが、相手が挨拶をしてきた場合は
きちんと同じように挨拶を返しましょう。

新しい年になっても
継続して関係があることを願う気持ちを表現することは、大切です。


親戚に

親戚に会う時も同じです。
15日ころまでなら、丁寧に年賀の言葉を述べた方が良い印象ですが
16日以降は「今年もどうぞよろしくお願いします」の挨拶のみで良いでしょう。

この場合も、節分ごろまでに会う機会があれば
「今年もよろしくお願いします」と挨拶をします。

それ以降は、相手が挨拶すれば挨拶を返す
相手が特別な挨拶をしないならこちろも特別な挨拶をしなくて構いません。


義理の両親に 

親戚でも、義理の両親に会う時は
さらに丁寧にと心得ておく方が良いでしょう。

地域が違って、松の内が違うこともありますし
もし松の内に会っていないならなおさら
「挨拶にも来ないで非常識な人」と思われている可能性があります。

ですから、基本的には三が日に、遅くとも松の内には顔を見せて
元気にしている様子を見せたり、相手の健康を気遣っているということを
態度に表したりするようにしましょう。

海外に住んでいたり、何らかの事情で松の内までの挨拶ができなかったりする場合は
たとえばそれが夏であってもその年で初めて顔を会わせるときは
挨拶が遅れてしまった非礼を丁寧に詫び
「今年もどうぞよろしくお願いします」と頭を下げましょう。


挨拶の基本は、相手に不快感を抱かせないことです。
相手に合わせ、今年も仲良くしたいという気持ちを込めて挨拶をするようにしましょう。


スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ