節分 今年の恵方の方角は?

2月3日は「節分」です。

節分とは、文字通り「季節を分ける」ということ
すなわち季節が移り変わる節目を意味し
本来は立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日に1年に4回ありました。

しかし、旧暦では2月4日の立春が1年の始まりに当たることから
日本人は4回あるうちの春の節分を特に大事にし
次第に節分と言えば2月3日をさすようになったのです。

昨今の節分には、恵方巻きを食べる習慣が一般的になってきました。
この恵方巻き、食べるためには作法があり、特に方角が大事、ということです。
今年の節分の恵方の方角を知って、無病息災を祈り春を迎えましょう。

Sponsored Links

 

節分とはどういう日?

立春が旧暦で1年の始まりに当たるということは冒頭でご説明した通りです。
では節分とはどういう日でどんなことをするのでしょうか?

立春が1年の始まりということは、節分は現代でいう大晦日にあたります。

平安時代の宮中では、大晦日である節分に旧年の邪気を祓い清め
新しい年を迎えるため陰陽師らによる「追儺(ついな)」の行事が行われていました。

追儺とは、悪鬼を追い払う儀式のことで
室町時代には豆をまいて悪鬼を追い払う行事へと発展し
庶民にも広まっていったそうです。

豆をまく風習には、無病息災を祈る意味があります。

鬼(魔)の目(まめ)に豆を投げつけて
魔を滅する(魔滅=まめ)に通じるという説があります。

豆まきは一般的に、一家の主人や年男、厄年の人が
「鬼は外、福は内」と言いながら炒った豆を撒きます。

炒った豆を使うのは、芽が出ないようにするためです。
生の豆を使い、拾い忘れた豆から芽が出ると縁起が悪いとされているからです。

また「炒る」は「射る」にも通じ
大豆を炒ることで鬼を封じ込めるという意味もあります。

そして豆をまいた後は、自分の数え年の数だけ豆を食べると
一年間病気にならず、健康でいられると言われています。


setsubunehou




恵方巻きについて

節分には豆まきの他に、その年の恵方(年神様のいる方角)を向いて
無言で太巻き寿司(恵方巻き)をまるかぶりするという風習もあります。

この風習は恵方を向いて、家内安全や商売繁盛などのお願いごとをしながら
無言で丸かぶりすると願いが叶うというものです。

もともとは関西を中心とした行事だったのですが
いつの間にか全国に広まっていきました。

巻き寿司を食べるのは「福を巻き込む」という意味があり
切らないで丸かぶりするのは「縁を切らないために」
だまって食べるのは「口から福が逃げないように」という意味が込められています。


setsubunehou1



 

今年の恵方の方角

2015年の恵方は西南西の方角になります。

恵方とはその年の年神様
歳徳神(としとくじん)のいる方角のことを指します。

また恵方は「吉方」とも言われ
その方角に向かって事を行えば「全て吉」とされています。

歳徳神は年ごとに住み場所を変えるので、恵方の方角も毎年変わるのです。
ではどうやって恵方は決められているのでしょうか?

恵方の方角は毎年変わりますが
実は決めるのにはある一定の法則があったのです。

恵方の方角で重要となってくるのが
中国発祥の時間や空間を表す文字の「十干(じっかん)」です。

十干とは「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10種類からなるものです。

十干は西暦の1の位を
0→乙
1→丙
2→丁
3→戊
4→甲
5→庚
6→辛
7→壬
8→癸
9→己

と当てはめることが出来るのです。

そして恵方の方角が
甲と己の年(西暦の1の位が4と9)なら東北東と東の間、
乙と庚の年(西暦の1の位が0と5)なら西南西と西の間
丁と壬の年(西暦の1の位が2と7)なら北北西と北の間
戌と癸の年(西暦の1の位が3と8)なら南南東と南の間
丙と辛の年(西暦の1の位が1と6)なら南南東と南の間
となるのです。

つまり今年2015年なら1の位が5で庚なので恵方は西南西となるのです。

ということで今年は西南西を向いて恵方巻を食べましょう!
西南西の方角はスマホのアプリや方位磁石などでチェックしましょう。

節分を迎えたら本当の春までもう少し。
豆まきや恵方巻を食べ無病息災を祈って春を迎えましょう。


スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ