紅白歌合戦はいつから始まった?

年末に向けて、エンタメニュースで注目されるのが『紅白歌合戦』の動向です。ここでは紅白の歴史から今年の紅白までまとめていきます!


最初は大晦日放送ではなかった!?紅白歌合戦の歴史

NHK紅白歌合戦は、日本放送協会(NHK)が1951年から放送している男女対抗形式の音楽番組です。通称『紅白』と呼ばれ、公開生放送されます。現在では大晦日の風物詩とも言える長寿番組です。まずは、紅白の歴史からご紹介します。

今では12月31日の夜に放送されている紅白ですが、1951年の第1回から1953年の第3回まではラジオ放送の正月特別番組でした。そして、第4回以降は現在と同じく12月31日に放送することになりました。ここからラジオだけでなくテレビでも放送を開始しました。


出場歌手や組分けはどうやって決まるの?

紅白では、その年を代表するアーティストが男女別の対抗形式で歌や演奏を披露します。女性は紅組、男性は白組に分けられ、男女混成グループの扱いは1968年以前とそれ以後で異なっています。以前は厳格に男女別がなされていたため、女性ボーカルのみが紅組で単独出場したり、男性ボーカルのみが女性ボーカルのパートを兼ね、男性陣のみで白組に出場したりしていました。

その後は男女の人数にかかわらず、メインボーカルの性別を優先するようになりました。たとえば『DREAMS COME TRUE』なら紅組、『サザンオールスターズ』は白組などです。ただし、まれに枠が空いている組に入れられるケースもあります。

出場者は基本的には前回の放送から1年間にヒット曲を出した歌手を対象にして選考が行われ、11月ごろの選考会議で最終決定されます。紅白出場は歌手のステータスの1つとして数えられていますが、自身のカウントダウンコンサートなどを理由に『出場辞退』をすることも1980年ごろから相次ぎました。


akabarashirobara



2013年の紅白歌合戦

2013年12月31日に放送される、第64回NHK紅白歌合戦。放送まであと2ヶ月を切ったことから、今年の紅白についてもどんどん情報が公開されています。まずは、司会者について。白組は人気グループ『嵐』が、紅組は大河ドラマ『八重の桜』で主演を務めた『綾瀬はるか』が司会者として選ばれました。

嵐は4年連続で司会に起用されていて、『フレンドリーで親しみやすい』ことから選ばれたといいます。

そして、今年の紅白のテーマは『歌がここにある』に決定しました。大晦日の夜に、同じ瞬間に歌を共有することで喜びや感動を分かち合いたいとのメッセージが込められたテーマになっています。

今年は連続テレビ小説『あまちゃん』の大ヒットがあり、紅白の番組内で何らかの関連した演出がなされると予想されます。これから年末に向けて出場者発表などがあり、さらに紅白に向けて盛り上がっていくので、ますます目が離せません!


スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ